謝罪しない韓国人(クネ女王、ナッツ姫、ユン・ソナ…) 「水に落ちた犬」は容赦なく追撃の愚 室谷克実【嫌韓流】【「反日無罪」国家・韓国に「温情政策」は禁止!】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「水に落ちた犬」は容赦なく追撃の愚 クネ女王、ナッツ姫、ユン・ソナ…謝罪しない韓国人 室谷克実
 
 「そんな社会に生まれなくて良かった、と私も思う。」と室谷克実氏は言うが、韓国人達自らが韓国を「ヘル朝鮮」と呼ぶのだから、韓国人達も室谷克実氏に同意するのではないか?

 しかし、「反日無罪」国家・韓国が日本に対して執拗に暴言や「無法」行為を続けるのは、日本が「超」反日国家・韓国に対して優し過ぎるために韓国人達が「水に落ちた犬」と韓違いして「水に落ちた犬は打て」とばかりに日本に「ユスリ・タカリ」続けるのではないか?
 
 どうせ「無法国家」韓国を助けても「恩を仇で返される」のだから、「反日無罪」国家・韓国に対しては「温情政策」は禁止すべきである。




【嫌韓流】【「反日無罪」国家・韓国に「温情政策」は禁止!】
クネ女王、ナッツ姫、ユン・ソナ…謝罪しない韓国人 「水に落ちた犬」は容赦なく追撃の愚 室谷克実
2017.7.7 10:30

ユン・ソナは、ネット上で袋だたきにあっているという


 韓国人は謝罪しない。謝罪したら、「水に落ちた犬は打て」式の国民精神の生贄(いけにえ)になり、奈落の底に落ちるからだ。ナッツ姫、クネ女王が奈落に落ち、そして今は、日本で売り出した女優のユン・ソナが、同じ構図にはまりつつあるようだ。(夕刊フジ)

 ユン・ソナは何をしたのか。小学生の息子が、凄惨(せいさん)なイジメの加害者になった。ところが、学校がマスコミに渡した加害者の名簿から、ユン・ソナの息子と、アシアナ航空のオーナーの孫が消えていた。

 韓国のSBSテレビは、バットで殴り、布団蒸しにして踏みつけ、ボディーソープを飲ませるなどのイジメがあったことを伝えた。すぐにネットが反応した。「加害者の1人はユン・ソナの息子だ」と。

 ネットが大炎上すると、ユン・ソナは所属事務所を通じて「報道は事実と相当部分が異なり、悪意をもって編集され放送された点は遺憾」とするコメントを発表した。

 息子が加害者の名簿から抜けた理由については、「私の職業がこの問題に影響を及ぼすように行動したり意図したことはない」と、意味不明のコメントをした。要は、私の人気にかかわるから名前を出さないでと頼んだことはないと言いたいのだろう。

 これで逃げ切れると思ったのだろうか。

 ネットでの「ユン・ソナ非難」は、ますます燃え上がった。すると2回目のコメントを出した。

 「けがをした児童とその家族、そして学校や皆さんに頭を下げておわび申し上げる」

 「今回のことを処理するにあたってわが家族の立場を先に考えたことについても謝罪する。初期対処で弁解で一貫してしまった自分の姿についても深く反省している」と、謝罪のコメントだ。同時にアルバム発売が取りやめになった。

 「水に落ちた犬は打て」とは、実は中華民国の小説家、魯迅の言葉だが、追撃が大好きな韓国人を示すのにピッタリの表現だ。

 韓国人の認識からすれば「謝罪=悪であることを認めた=水に落ちた犬」だから、たたいて当然なのだろう。

 ナッツ姫こと趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏も、最初は弁解に努めたが、機内での動画が公開されると、謝罪せざるを得なくなり、「水に落ちた犬」になった。

 朴槿恵(パク・クネ)前大統領も「崔順実(チェ・スンシル)氏とは特別な関係はない」と述べていたが、大統領府から発表前の文書がメールで届けられていた物証が出ると、謝罪を重ねて、やはり「水に落ちた犬」に。

 それまでのナッツ姫は「米国の大学を出て、副社長として大韓航空を取り仕切る女性」として、いわば羨望の的だった。クネ女王も「維新の天女」と言われ、「空前の人気の女性大統領」だった。芸能界の成功者は、まさに「憧れの的」だ。

 しかし、「憧れの的」も「人気最高の政治家」も、水に落ちそうになった途端に「嫉妬の対象」「恨の対象」に一転する。水に落ちれば、容赦ない追撃が続き、人々は爽快感を味わうのだ。

 そんな社会に生まれなくて良かった、と私も思う。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。








続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001