米都市に広がる路面電車 活性化や渋滞緩和に一役【鉄道】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 路面電車が活性化や渋滞緩和に一役、米都市に広がる。この様な斬新なデザインの電車って良いと思う。そして、日本でもこれに負けないデザインの電車を走らせて欲しいと思う。

 日本ではタクシーの運賃費も激安にはならないので、マイカーを使えない高齢者や未成年の移動も考慮して、建設費が安い路面電車を復活させることを考慮した方が良いのでは? 
 しかし、、地下鉄でとは異なり路面電車は地上で車道・道路と交差する為に交通事故が増加する危険性がある。

 郊外に大型店舗が進出して地元の商店街が消滅していく形態が日本全国で見られる。この傾向が止められないのであれば、住民を効率的にできるだけ低価格で近郊の商業施設へ移動させる手段を提供する公共交通機関が必要である。
 
 公共交通機関を移動手段として提供するとなると、バスか電車となる。バスの方が電車よりも低価格であり、路線の自由度も高い。しかし、電車にはバスよりも大量移動に向いている。更に既定路線を走る為に交通事故もバスよりも少ない。移動時間のスケジュールもバスよりも正確な時間が期待できる。

 北欧では自転車移動を国民に奨励し、道路も大幅に変更して、国民全体が健康になり、医療費負担を下げる成果を上げている。当然、自転車で電車に乗り込める様に電車の車両も改善している。
 但し、日本では自動車産業は基幹産業の一つでもあるので、余り極端にやり過ぎると自動車産業への打撃になりかねない。

 上記のように現代及び近未来への移り変わりに備えて色々な提案があるが、都会では地下鉄に押されて減少傾向にある地下鉄よりも路面電車の活用法がこれからの未来社会には見直されるかも知れない。
 そして、何よりも、窓の大きい斬新なデザインの路面電車で鉄道好きの外国人旅行者を魅了して貰いたい!




【鉄道】
米都市に広がる路面電車 活性化や渋滞緩和に一役
2017.4.24 16:51

sty1704240016-f1_米首都ワシントンを走る路面電車=2016年10月(共同)
米首都ワシントンを走る路面電車=2016年10月(共同)

sty1704240016-f2_米西部ロサンゼルス都市圏を走る近畿車両製のLRT=2016年10月(共同)
米西部ロサンゼルス都市圏を走る近畿車両製のLRT=2016年10月(共同)


 「自動車大国」の印象と裏腹に、米国の大都市で路面電車が相次いで開業している。中心部の活性化や、マイカー通勤からの移行による道路渋滞の緩和に一役買っており、利用は好調。トランプ政権が掲げるインフラ投資も、普及を後押しする可能性がありそうだ。

 床を低くしてお年寄りらも乗降しやすい次世代型路面電車(LRT)を中心とする路面電車は走行音が静かで地下鉄より建設費が安いのが利点だ。米国で2016年の累計利用者数が約5億4613万人と、前年より3・4%伸びた。日本では富山市がLRTを活用した街づくりを進め、宇都宮市も導入を目指す。(共同)





続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ









左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001