【単刀直言】萩生田光一官房副長官 「安倍1強」何が悪いんですか 「菅義偉官房長官の野心は…」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「安倍1強」でも良いことです! 一つでも「強者」がいることは良いことである。萩生田光一官房副長官のコメントは期待以上に良かった。また「菅義偉官房長官に野心が無い」ことが分かった。

「ゆとり世代」は合理的だが気合や根性が足りないと言われる。特に、日本社会のエンジンともいえる会社組織の社員の意識変化で、日本の伝統上司と部下の「飲み会」が激減している。そして「熱い男」がいない。
これは、日本に於ける会社組織の「伝統的な飲み会」で継承されて来た「心」の伝統が引き継がれなくなって来たのか? 現在の日本社会に足りないのは「親父の小言と冷や酒…」なのかも知れない。

 それにしても、野党第一党であるにも関わらず民進党は情なさ過ぎる。まあ蓮舫は民進党のカラーにピッタリなので、民進党代表には蓮舫が良かったのかも知れない。兎に角、蓮舫は民進党の代表を降りるまでに、我々の期待以上に民進党を壊滅させて貰いたい!蓮舫に期待するのはそこしかない!




【単刀直言】
萩生田光一官房副長官 「安倍1強」何が悪いんですか 「菅義偉官房長官の野心は…」
2017.4.24 06:21

萩生田光一官房副長官 (荻窪佳撮影)



 安倍晋三首相の「1強」がさも悪いことのように批判されてるけど何が悪いんですか。官邸の一員として「1強」と言われたら「ありがとうございます」と答えますよ。みんなが命懸けで日々仕事してるんだから。

 官房副長官になって500日を超えたけど、とにかく今の官邸は危機管理がしっかりしてるんですよ。「首相の乗った新幹線が何時に東京駅に着く」「菅義偉官房長官が何時に東京を離れる」など時間の継ぎ目まできっちり把握して、その隙間をわれわれが埋める。何があっても必ず対応できる態勢なんです。北朝鮮情勢などで緊迫しているときは、政務のスタッフが危機管理住宅に泊まり込む。こういう内閣は過去にないんじゃないかな。

 それに内閣の要である菅さんの存在が大きい。まさに「いぶし銀の政治家」。マスコミは「次の首相を狙っているのではないか」と勘ぐるけど、そんな野心は全くないですね。強いて言えば安倍政権をいかに長く続けさせるかという野心があるかな。とにかく不祥事でも何でも対応が速い。そして冷酷なんです。首相よりもずっとね(笑い)。



 ◆びっくりするほど毅然

 思い返せば、第1次安倍政権は、理想を追求した若き政治家が首相になり、理想実現に向けロケットスタートで物事を進めた。経験不足の上に準備不足…。官僚の理解もなかなか得られなかった。

 そういう苦い経験があるので今の内閣は極めて緻密なんですよ。物事に優先順位をつけて一つ一つ結論を出していく。どんなに時間がかかろうとも結果を出すよう努力するのが、今の首相のすごさかな。

 そういえば第1次政権では、誰も首相に厳しい意見を言わなかった。でも第2次政権は、みんなが首相にがんがんにモノを言うんです。気心は知れているけどイエスマンではない。この違いも大きいんじゃないですかね。

 政治家・安倍晋三のプリンシプル(原則)にかかわる部分については、オブラートに包んでいるけど、きちんと人を配置して戦略的に事を進めています。途中経過を国民の皆さんになかなかお伝えできないのがジレンマなんだけど。

 首相の外交もベテランの域に達してきましたね。G20(主要20カ国・地域)などの国際会議では「アベに挨拶したい」といつも各国首脳の行列ができる。首相は非常に緻密な外交をしていて、相手国の国情やニーズを踏まえてきっちりアプローチしていく。

 相手がトランプ米大統領でも、へつらったり、言いなりになったりするようなことは一切ありません。国益に関わる案件は実に毅然(きぜん)と対応しています。僕らがびっくりするほどね。



 ◆親父の小言と冷や酒…

 官邸が「1強」と言われるのは、自民党の発信力が落ちていることもあるんじゃないかな。特に若手が元気ないよね。官邸や内閣に遠慮なくやってもらっていた方がよいのにね。例えば「朝鮮半島有事でどうすべきか」と党でどんどん議論してくれればいい。政策だって政権と同じになる必要はないんですよ。

 政府の方針について、若手が「こういう心配はないのか」と言えば、こっちもハッと気付くことがあるでしょ。そういう意味では小泉進次郎衆院議員は「こども保険」を提案するなど、よくやってるよね。

 そうなったのは、ベテラン議員がずいぶん引退しちゃったからかな。今の自民党は縦の力が減っちゃって横に展開してるでしょ。上下関係が希薄で気の合う仲間としか飲み食いしない。意見の違う人とやりとりすることもあまりないんじゃないかな。僕は森喜朗元首相にずいぶん説教されたけど今になってありがたく思えるんだよ。「親父(おやじ)の小言と冷や酒は後から効く」とはよく言ったもんだね。



 自民党は60年超の歴史があるだけに実に優れた人材育成システムを有しているんだけど、今ひとつ機能しない。野球に例えるとオールラウンダーはいても「足は遅いけどキャッチャーはうまい」「外野をやらせればピカイチ」みたいな特色のある議員が少ない。だから人事も「議員要覧」を見ながら決めることになっちゃう。

 不祥事も多いしね。やっぱり苦労しないで当選しちゃったからかな。当選1、2回は「追い風」で当選できたから地元との関係も希薄でしょ。だから候補者差し替えが取り沙汰されちゃうんでしょうね。

 ◆政権批判ばっかりでは

 国会もね…。健全な野党は必要ですよ。政権批判も構わないけど、そればっかりではね。これだけ国際情勢が不安定化し、日本も変化を求められている中、タイムリーに政府をただして日本の現状を国民に知らしめることは、国民の代表たる国会議員の役割でしょ。それが忘れられちゃってるような気がしますね。(田北真樹子)












続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ









左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 民進党
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001