「Calexit」 推進団体代表はロシア在住 カリフォルニア州独立運動を断念【ロシアの陰謀?】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ロシアの陰謀?カリフォルニア州独立運動「Calexit」推進団体代表はロシア在住 









【ロシアの陰謀?】
「Calexit」推進団体代表はロシア在住 カリフォルニア州独立運動を断念
2017.4.19 07:00



 【ロサンゼルス=中村将】トランプ米大統領が大統領選で勝利して以降、反トランプ色が目立つカリフォルニア州の米国からの独立を訴え、住民投票を目指してきた「イエス! カリフォルニア独立運動」(本部・同州サンディエゴ)が計画を断念したことが分かった。英国の欧州連合(EU)からの離脱で流行した「Brexit(ブレグジット)」ならぬ、「Calexit(カレグジット)」と大きな話題を呼んだが、同団体の代表とロシアとのつながりが運動の盛り上がりを失速させたとの指摘があがっている。

 同団体は2018年11月に住民投票実施の可否を問う事前投票を行い、それをクリアして、19年3月に独立を問う住民投票を実施する計画だった。事前投票にこぎつける前提として、7月25日までに約58万5千人分の賛成署名を集める必要があった。

 州当局は署名が有権者本人のものか確認する時間を考慮し、今月下旬の提出を促していたが、同団体の代表、ルイス・マリネリ氏は17日、賛同者らに「独立実現には不十分だ」などとするメールを送り、計画断念を表明した。実際に集まっている署名の数は不明だが、同団体によれば、約9万7千人が支持者として登録されているという。



 団体を実質的に取り仕切ってきた副代表のマーカス・ルイス・エバンズ氏は運動の盛り上がりが失速した理由について、州都サクラメントの地元紙サクラメント・ビーの取材に「マリネリ氏とロシアの関係が弊害になった。賛同していた人が離れていった」と述べ、今後は別の団体で独立運動を仕切り直すという。

 米メディアによると、マリネリ氏は大統領選前からロシアに渡り、現在も英語教師をしている。妻はロシア人。マリネリ氏はロシアとの特別な関係を否定しているが、米紙ニューヨーク・タイムズは2月、ロシアの反グローバリズム活動で知られる団体からモスクワに「カリフォルニア大使館」を開設するためのスペース提供の申し出があり、これを受けたと報じた。

 大統領選でロシアの干渉があったとされる疑惑が米メディアで報じられる中、マリネリ氏の印象もそれと重なり、支持者は急速に離れていった。











続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001