【2018平昌五輪】韓国で頻発する「手抜き工事」でカーリング会場の床に亀裂 「五輪不適合」で全面再施工のお粗末

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国で頻発する「手抜き工事」でカーリング会場の床に亀裂 「五輪不適合」で全面再施工のお粗末

「手抜き建設」が世界的にも有名な韓国企業が韓国の面子と誇りを掛けた平昌冬季五輪会場建設でも本領を発揮して世界の失笑を買っている。最早、韓国の「手抜き工事」は国技と言えるレベルだろう。

 日本は「無法国家」韓国の「手抜き工事」等の違法・無法・汚職等の失態を反面教師として、「無法国家」韓国とは真逆の道を歩まなければならない。そういう意味では、「無法国家」韓国は本当に素晴らしい「悪いお手本」である。

 最後に、間違っても「無法国家」韓国の平昌冬季五輪への無償援助等を行わない事を祈っておこう! 「反日無罪」国家・韓国に関わって良いことなど何もない。
 
 


【2018平昌五輪】
韓国で頻発する「手抜き工事」でカーリング会場の床に亀裂 「五輪不適合」で全面再施工のお粗末
2017.4.6 07:00

平昌五輪のマスコット、スホランが五輪機運の醸成に躍起だが、肝心の競技場に問題が発生しては苦労が報われない?(ロイター)


 2018年平昌五輪のカーリング会場で3月22日、コンクリート床面の全面に亀の甲羅のような亀裂が複数生じているのが確認された。朝鮮日報(電子版)が報じた。手抜き工事が原因とみられており、地元自治体・江原道が床面を全面撤去して施工し直す計画。既存施設を134億ウォン(約13億4000万円)かけて整備したが、再施工にさらに3億~4億ウォン(約3000万~4000万円)の費用が必要で、五輪支出で苦心する江原道は施工業者に負担させる考えだ。韓国では以前から手抜き工事に伴う死亡事故などが頻発し、その度に問題視されるが、教訓が全く生かされていない格好に国民も呆れるばかりだ。

 朝鮮日報が報じた写真を見ると、江陵カーリングセンターの縦60メートル、横30メートルのコンクリート床面はパテが埋め込まれているような亀裂が不規則に走っている。専門家はコンクリートが氷の荷重に耐えられなかったと指摘し、「当初から不良施工をした疑いがある」と原因を推測していた。

 2月に平昌五輪のテスト大会として実施された世界ジュニア選手権で、世界トップレベルにあるカナダの製氷技術者(アイスメーカー)が、この会場が五輪に適していないという意見を平昌五輪組織委員会に伝えていたと報じられる。世界カーリング連盟(WCF)も口頭で組織委に伝えており、朝鮮日報は「事実上『五輪不適合』の判定がなされた状況」と伝えた。



 韓国news1によると、同競技場は1998年に総合体育館として建設。平昌五輪に向けて床面を整備し、老朽化に伴って生じた漏水に対する防水処理を行ったという。五輪後は江陵市が事後管理を担当。総合スポーツ施設などとして利用される方針が決まっている。

 複雑な戦略的思考を必要として「氷上のチェス」にたとえられるカーリングでは氷の摩擦力が非常に重要な要素を占める。水をまいて凍らせてから削るという作業を繰り返し、水平な表面を作り出す。五輪などの国際大会で製氷を担当するアイスメーカーはWCFの認定資格を持つ技術者のうち最高位を持つ数人だけとか。それだけ繊細な作業といえる。

 高い氷質を決定するには床面の質も密接に関連する。今回のように、床面に亀裂が生じた場合は冷却装置を通して送られる冷気がひびに入って温度が不均衡となり、氷も「亀の甲羅」状のようにひびが入る現象が生じる可能性があるという。

 五輪を11カ月後に控えた異常事態に江原道は頭を抱え、原因究明する時間よりも、まずは五輪実施に向けた改修が先決と判断。4月から工事に着手。床面を全面撤去するとともに、設計もし直して8月には工事を終える計画を立てる。



 この間、五輪本番会場が使えないことで、スポーツ関係者の間では平昌五輪で金メダル7個を獲得し総合4位を目標とする強化計画にも狂いが生じると懸念が広がっている。他国に比べて本番会場への適応力を磨く時間が取れるはずの「開催国の利点が消えてしまった」と関係者から不満が出ているという。

 男子カーリングチームは2016年1月にドイツで開催された欧州ツアーに初出場して金メダルを獲得。男子チームの監督が狙う「国内で開催される五輪で世界を驚かせたい」という思惑が崩れかねない。

 韓国では手抜き工事を原因として、1994年10月にソウル市の聖水大橋が突然崩落し49人の死傷者を出した。翌年には三豊百貨店が崩壊し死者502人、負傷者937人という世界的に例のない大惨事を起こした。最近でも16年12月、韓国南部の昌原市で1日約3万台の車が往来する長さ1700メートルの橋で亀裂が見つかり、社会問題となっていた。事故のたびに教訓として安全管理の強化が声高に叫ばれるが、手抜き工事がなくなることはない。

 江陵カーリングセンターは人命と関わりが薄いが、五輪という国際大会の会場。円滑な運営が行われなければ、韓国民が恐れる「国際的な恥」をかくのは間違いないところ。韓国MBCテレビは「再施工をしても、手抜き工事の原因が設計、施工のうちの何だったのかを明確にすることが重要だ」と徹底した原因究明を求めた。








続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001