8年半ぶりにボスザル交代「優しい性格」のマートン 淡路島モンキーセンター

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ボスザル交代 淡路島モンキーセンター8年半ぶりに「優しい性格」のマートン  







【動物シリーズ】【猿王】
8年半ぶりにボスザル交代「優しい性格」のマートン 淡路島モンキーセンター
2017.2.17 14:41更新

10代目のボスとなった「マートン」=兵庫県洲本市_wst1702170056-p1
10代目のボスとなった「マートン」=兵庫県洲本市


 野生のサルを見学できる兵庫県洲本市畑田組の「淡路島モンキーセンター」で今月初め、ボスザルが約8年半ぶりに交代し、18歳のオス「マートン」が約250匹の群れの新しいリーダーになった。“長期政権”だったこれまでのボスと同じく優しい性格といい、同センターは「優しさと寛容さで群れを率いてほしい」と期待している。

 マートンは平成10年生まれで人間に換算すると50代後半ぐらい。1月31日に老衰で死んだ9代目の「アサツユ」の後継として今月1日、序列2位からボスとなった。同センターによると優しくて思いやりのある性格で、24年ごろには頭に大けがをした1歳と左目を失明した2歳の小ザルの世話にあたり、群れから信頼を得ていた。

 淡路島のサルはほかの地域に比べて性格が穏やかとされており、同センターでは優しい性格のボスザルが長期政権を築く傾向がある。平成5年から15年間ボスを務めた7代目の「マッキー」は体の弱いサルの面倒をみるなど優しさで群れをまとめ、信頼も厚かったという。一方、20年にボスザルになった8代目の「イッチャン」は乱暴さが目立ち、3カ月で政権を追われた歴史がある。

 今回の交代では群れの中で大きな争いもなくスムーズに権力体制が移行したという。センター長の延原利和さんは「まだボスになったばかりだが、徐々に風格も出てくるはず。周囲に配慮できるタイプなのでこれからに期待したい」と話した。










続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001