牛肉偽装のハンナン浅田元会長を収監 大阪高検「病状改善」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ハンナン浅田元会長を収監 牛肉偽装の罪は重い!

 確定判決によると、浅田元会長は平成13~14年、国のBSE(牛海綿状脳症)対策事業で対象外の肉を混入し、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)による買い上げや国の補助金を申請。計約15億4千万円を詐取したり不正受給したりした。

 日本の食の安全を追求する為にも狂牛病(BSE)問題に絡めての事件は、悪質なので処罰を下すべきだ。




【食の安全】
牛肉偽装のハンナン浅田元会長を収監 大阪高検「病状改善」
2016.11.28 06:00


 食肉卸大手「ハンナン」グループによる牛肉偽装事件で詐欺罪などに問われ、懲役6年8月の実刑判決が確定していた同社の浅田満元会長(77)が収監されたことが27日、検察関係者への取材で分かった。昨年4月に最高裁が上告を退け、判決が確定して以降、病気を理由に刑が執行されていなかったが、大阪高検が収容状を執行した。

 検察関係者によると、収監は23日付。刑事施設が浅田元会長の病状が改善して収容に耐えうると判断したことを受け、大阪高検が今月、任意で出頭を命じた。しかし、元会長側は治療の必要性を理由に出頭を拒否したため、大阪高検が裁判所に収容状を請求して執行したという。

 確定判決によると、浅田元会長は平成13~14年、国のBSE(牛海綿状脳症)対策事業で対象外の肉を混入し、全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)による買い上げや国の補助金を申請。計約15億4千万円を詐取したり不正受給したりした。



 1、2審判決は「組織ぐるみで公的事業を食い物にした」などとして懲役7年を言い渡した。グループの元幹部2人についても、浅田元会長の指示で経理資料を捨てたとする証拠隠滅罪で有罪とされたが、その後、破棄したとされる資料が浅田元会長宅で見つかり、元幹部2人は大阪地裁の再審で無罪や一部無罪が確定した。

 これを受け、最高裁は24年、浅田元会長の証拠隠滅教唆罪についても「重大な事実誤認の疑いが顕著だ」と指摘し、1、2審判決を破棄して審理を大阪高裁に差し戻した。

 差し戻し控訴審で大阪高裁は25年、証拠隠滅教唆罪は無罪とし、詐欺と補助金適正化法違反の罪で懲役6年8月の実刑を言い渡した。弁護側は上告したが、最高裁は昨年4月、上告を棄却する決定をしていた。









続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ




●浅田満 03:53 山本周五郎 (ハンナン事件 BSE問題 被差別部落 同和問題)

Published on Nov 16, 2016
ハンナン事件 BSE問題 被差別部落 同和問題












左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001