清原和博 暴露本で沈黙を破ったワケ 元売人の手記にメッセージ「太陽の下で堂々と会えるように」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 元売人の手記にメッセージ「太陽の下で堂々と会えるように」と清原和博は語ったとされるが……。

 覚醒剤から清原は更生をできるのか? 清原の肩から腹にかけての巨大な“昇り竜”の刺青を清原はどう処理するのか? 今後、第二第三の清原が出ない様にする為の対策と共に、清原の様な麻薬中毒者達の更生方策を進める方法がある。


【週刊文春】清原和博の肩から腹にかけての巨大な“昇り竜”の刺青写真を入手





【落ちた偶像】【覚せい剤取締法で逮捕された清原和博】
清原和博 暴露本で沈黙を破ったワケ 元売人の手記にメッセージ「太陽の下で堂々と会えるように」
2016.11.25 11:00

更生を目指している清原氏


 『密売』というきわどい題名の本が話題となっている。覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、執行猶予中の元プロ野球選手、清原和博氏(49)に覚醒剤を渡していた元売人の手記だ。事件の舞台裏が記されているが、驚かされたのは、帯文に清原氏「本人」の言葉が掲載されていることだ。どのような経緯で、清原氏は沈黙を破ったのか。(夕刊フジ)

 清原氏が逮捕された今年2月以降、「清原劇場」にはさまざまな人物が登場したが、覚醒剤を譲り渡していた「群馬に住む密売人の男」の存在も大きく報じられた。1日に発売された『密売』(ミリオン出版刊)の著者、小林和之氏(45)がまさしくその人で、自身も同法違反(譲渡)容疑で逮捕され、懲役3年執行猶予5年の有罪判決が確定した。

 清原氏がPL学園で快音を響かせていたころからの大ファンだったという小林氏。本の中では、かつての球界のスーパースターと群馬の地方都市に住む一ファンが、ある男の引き合わせによって、覚醒剤事件の「共犯者」と化していく過程が生々しく描かれている。

 そんな緊迫した内容もさることながら、清原氏の名前が小林氏の著書の帯文に登場していることも同じぐらいに衝撃的だ。その内容は次のようなもの。



 《俺も更生に向けて頑張っています。小林さんも一人じゃないですから、頑張って下さい。またいつか何年か先、太陽の下で堂々と会えるように。》

 清原氏は保釈された3月17日に警視庁を通じてコメントを出して以降、沈黙を守っている。清原氏にとっては、覚醒剤との結びつきを強くさせた小林氏とはもう関わりたくないと思ってもおかしくないが、どんな心境で、どのように言葉を届けたのだろうか。

 版元であるミリオン出版の担当編集者に聞いてみると、「本の中にも出てくる著者の元妻が、何らかの方法で清原さんの連絡先を入手し、直接ご本人から話を聞いたようです」と明かし、こう続ける。

 「著者は『清原さんとは友達のような関係だった』と話しています。作中でも2人の関係が描かれていますが、きっと清原さんも同じ思いでいたはずです。事件が公になってもなお、著者にメッセージを寄せたのは、友人を励まそうという清原さんの男らしさ、優しさなのでしょう」

 男気を見せたという清原氏。小林氏と「太陽の下で堂々と会えるように」なるまで、長い道のりは続く。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ


清原和博の背中の刺青_02e88870
清原和博の奇行画像_清原が下着のパンツ一枚で町を徘徊
清原が下着のパンツ一枚で町を徘徊
清原の刺青画像_脹脛02
382fa963.jpg









左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001