「尋常でない」 朴氏の下野に備える在韓外国公館 米紙は「勝者は北と中国」と嘆き…【激震・朴政権】【韓国崩壊の危機】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 米紙は「勝者は北と中国」と嘆き…「尋常でない」 朴氏の下野に備える在韓外国公館 

 韓国はこのまま壊れていくのか?




【激震・朴政権】【韓国崩壊の危機】
「尋常でない」 朴氏の下野に備える在韓外国公館 米紙は「勝者は北と中国」と嘆き…
2016.11.22 19:01

 1日、韓国中部鶏竜で開かれた「国軍の日」の記念行事で演説する朴槿恵大統領(代表撮影・共同)


 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人の国政介入事件をめぐって、在ソウルの外国公館が朴大統領の去就にやきもきしている。民意の動向を平時より細かく観察したり、本国に報告するため、大統領が下野した場合の韓国内の法的手続きがどうなるかの調査をすでに始めたりしているという。韓国外務省からも来年上半期の大統領の外国訪問日程の調整が進められないことをぼやく声もあがっている。

「朴氏が下野した場合の法的手続きを整理し始めた」

 韓国紙、東亜日報(電子版)によると、ある国の大使館関係者は、ろうそくデモ全体を見下ろすことができるソウル市内のホテルを予約し、デモの様子を見守ったという。同紙は「(大使館関係者が)状況が尋常でないと判断したようだ」と記述した。

 別のとある国の大使館関係者は「朴氏が下野した場合の法的手続きを整理する作業を始めた」という。

 1987年に制定された現行憲法には大統領辞任の規定はなく、大統領は、任期を満了するか、国会の弾劾で罷免される場合にのみ退任となると解釈されているからだ。

 このため、大統領府は「憲法に違反する決定や手続きはありえない」と、自発的な辞任を拒否するが、野党は現行憲法下でも、憲法の他の条項の解釈から辞任は可能と主張している。



 先の大使館関係者は「大統領が自主的に辞任する場合、権限委譲などについての規定があいまいでどのような問題があるか報告するよう指示がくだされた」(東亜日報)と明かす。同紙は、職務遂行の強い意志を見せる朴氏に対し、「韓国を眺めている国は大統領の欠位事態に備えて準備に入ったわけだ」とさめた見方を披露した。

「勝者は北と中国」米紙が嘆くワケ

 韓国政界の混迷を米紙ワシントン・ポスト(電子版)も苦々しく報じている。「韓国大統領の奇怪なスキャンダル 米国に痛手」と題した記事で、今回の問題は「米国にとって、とりわけ悪いタイミングで噴出した」と指摘。

 任期を間もなく終えるオバマ大統領がレームダック化する中、中国は地域での優位を追求してフィリピンを含む同盟国に言い寄り、北朝鮮は大陸間弾道ミサイルと核の小型化の開発を進める。

 同紙は、「オバマ政権が無視してきたこうした脅威へ対処することが、新大統領の最優先課題のひとつになるだろう」と指摘し、「もし朴氏が辞任に追い込まれれば、次の大統領選挙まで韓国は混迷するだろう。つまり、今回のスキャンダルの大勝利者は北朝鮮と中国かもしれない」と報じている。











続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001