尾根を昇る“赤い龍” 奈良県上北山村「ナメゴ谷」【view 写】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 “赤い龍”が尾根を昇る! 奈良県上北山村「ナメゴ谷」で見れる秋だけの絶景! 

 「赤い龍」が昇る姿は、縁起が良いだろう。龍だけでも縁起が良いが。「昇竜」となればもっと縁起が良い。「赤」中国では「紅」の文字を使用するようだが、縁起が良い色で、中国人が好む色だ。だから、「赤い昇竜」若しくは「紅い昇竜」となれば、最高に縁起が良いかも知れない。

 風水的(若しくは縁起物的)にパワースポットとして噂を広めれば、日本人だけでなく、中国人も沢山訪れに来るかも知れない。




【“赤い龍”が尾根を昇る】【日本の絶景】【秋の紅葉】【view 写】
奈良県上北山村「ナメゴ谷」 尾根を昇る“赤い龍”
2016.11.20 09:37

龍が尾根を昇る_朝日を浴び、色づいた木々の葉が鮮やかに輝き出す。龍が尾根筋を昇っていくようだ=13日朝、奈良県上北山村_lif1611200028-p1
朝日を浴び、色づいた木々の葉が鮮やかに輝き出す。龍が尾根筋を昇っていくようだ=13日朝、奈良県上北山村


 朝日を浴び、紅葉した木々が鮮やかに輝き出す。まるで龍が尾根を昇っていくような光景が浮かび上がった。

 奈良県東南部に位置する上北山村。547人(11月1日現在)が暮らし、総面積の約97%を山地が占める。東に大台ケ原山地、西に大峰山脈など、雄大な山々と原生林に囲まれた自然豊かな村だ。

 隣接する天川村へ抜ける国道309号から望む「ナメゴ谷」の絶景は今年、県広報誌の表紙やテレビ、雑誌などに多く取り上げられ、知名度が急上昇した。

 山肌の緑の多くは昭和30年代に植林された針葉樹の杉。紅葉している尾根筋は桜、ブナ、ミズナラ、ヒメシャラなどの広葉樹だ。山火事の延焼防止などのため、針葉樹と比べて燃えにくい広葉樹をそのまま残したという。秋は黄、赤、オレンジと鮮やかに紅葉、春には尾根の所々が淡い桜色に染まる。

 紅葉の見頃を迎えた12日の土曜日には、早朝から多くのアマチュアカメラマンらが集まった。その数およそ80人。



愛知県岡崎市から車で4時間以上かけて訪れた加藤毅彦さん(49)は「午前1時に着きましたが、すでに場所取りの人でいっぱい。紅葉は色づきのタイミングを計るのが難しい。みんな必死ですよ」と“龍の目覚め”を待った。

 午前7時過ぎ、稜線(りょうせん)から顔を出した太陽がナメゴ谷を照らすと、山間に歓声とシャッター音が響き渡った。(写真報道局 川口良介)

                   


 動画は「産経フォト」sankei.com/photo/、または「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

                   


 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経ビジュアル(電)03・3275・8775(平日の午前11時~午後7時)。ホームページはhttp://chizai-visual.sankei.co.jp/











続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 紅葉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001