【テキサス親父】【米国嫌韓流】ミズーリ大学で日本叩きをする朝鮮人と支那人の学生

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ミズーリ大学で日本叩きをする朝鮮人と支那人の学生

 ミズーリ大学の学生センターが「サンシャイン寿司」という食堂をキャンパスに受け入れた。この食堂のロゴに学生達は、恐怖で身震いしている。この恐怖のロゴは、太陽が昇り、その光が外側に広がっているもので、これが日本の旭日旗に似ているようなのだ。

 過去に固執して過去に生きる韓国人は、どうして未来を見て生きれないのだろうか?

 韓国(朝鮮)人は、いつになったら異常な「反日」を止めるのだろうか? どうせならば、韓国に日本との国交断絶を宣言させてくれれば良いのに……。韓国側もその方が、韓国国内の政治に集中できるのではないだろうか?




【テキサス親父】【米国嫌韓流】
ミズーリ大学で日本叩きをする朝鮮人と支那人の学生


●字幕【テキサス親父】ミズーリ大学で日本叩きをする朝鮮人と支那人の学生 04:18 OUTSIDESOUND

Published on Nov 11, 2016
【動画解説】

ミズーリ大学の学生センターが「サンシャイン寿司」という食堂をキャンパスに受け入れた。この食堂のロゴに学生達は、恐怖で身震いしている。この恐怖のロゴは、太陽が昇り、その光が外側に広がっているもので、これが日本の旭日旗に似ているようなのだ。
旭日旗は、日本海軍(海上自衛隊)の旗で、1870年頃に考案されたものだ。学生達は、彼らの安全な場所がこの旗によって汚されたと大学当局に申し入れた。
抗議した学生は中国と韓国出身で、旭日旗に似たデザインはナチスのハーケンクロイツと同様に、恐怖を感じさせるものだと主張した。
彼らの論法の欠如は、第二次大戦中に南北朝鮮と中国が日本と関わっていたことに起因する。「サンシャイン寿司」のオーナーは、ウー・ミン・アウングという男性だ。
アウング氏は、ビルマ(ミャンマー)から数年前に祖国が共産党政権に支配されていた頃の移民で、彼は自由の地で食堂を開業することができ、彼にとっては朝日の昇るロゴは、米国で自由を謳歌する象徴であった。
アウング氏は、「店のロゴが日本帝国との共通性があるというが、それは太陽の光線ではないか」と言う。
抗議した学生達は、朝日が昇る時と夕日が沈む時、1日に2回は恐れおののきながら暮らさなければならない。本当は、恐怖を感じたというのではなく、単に旧来の日本叩きをしているだけだ。
もし「サンシャイン寿司」のロゴが日本の旭日旗を表しているのであれば、何故アウング氏はそれを選んだのだろうか?彼は、ビルマ出身で、ビルマは第二次大戦中に日本に占領されていた。にもかかわらず、彼は旭日旗に恐怖心を持っていないし、日本人に対する敵愾心もない。戦争中に日本が占領した多くの国の中で、何故中国と韓国だけが日本叩きを続けるのだろうか?








続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
韓国必殺爆弾の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001