デフレに強い銘柄活況は何を意味しているのか? 吉野家、ドンキ、ニトリ、100円ショップ…日銀疲弊のいま【高論卓説】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日本経済は一応合格! 要するにアベノミックスは一応合格点という事だ。何故なら、民主党(現民進党)時の終わりの見えない不況からは脱出しつつあるからだ。

 確かに、アベノミックスで景気が良くなったという実感を持てない人も多いだろう。給料は上がらないし、ボーナスさえ増えない。その上、日常生活品等の物価は少し上がっているのが現状だ。

 しかし、統計の数字を見れば、雇用統計は非常に良いし、求人募集も多い。あちこちで建設ラッシュと言っても良い程に建設業界は多忙で資材関連は不足気味の為に値段が上昇している。

 民進党(旧民主党)を筆頭に殆どの野党は、アベノミックスの成果が感じられないので、失敗だと騒ぎ立てる。先ずは、アベノミックスによって暗黒の時代を終わらせたことだけでも大きい成果だと認めるべきだ。
 更に、野党は大好景気を期待しているのかも知れないが、そんなに簡単に後継機が作れる様であれば、民主党(現民進党)でもできたのではないか?(矢張り、それは無理か)
 どちらにしても、これからジワリジワリと景気は良くなっていくだろう。只、日本経済も世界経済の影響を受けるので、1+1=2の様に単純にはいかないことも理解すべきである。一つ、残念なのは、安倍政権で一度消費税を上げてしまったことだ。あそこで消費税を上げていなければ、今頃は今よりも好景気だったことは間違いないだろう。それが残念で堪らない。

 どちらにしても、安倍首相だけでなく、黒だ日銀総裁も優秀である。デフレ+円高放置してしまっていた過去のボンクラ日銀総裁達と比較すれば、現在の黒田総裁は「黒田バズーカ」を打ちまくって、デフレを止めたのだ。

 今後も安倍+黒田のコンビで真摯に立ち向かえば、景気は徐々に上向くだろう。




【高論卓説】【日本経済】【アベノミックス】
吉野家、ドンキ、ニトリ、100円ショップ…日銀疲弊のいま、デフレに強い銘柄活況は何を意味しているのか 
2016.11.14 09:00

記者会見する日銀の黒田東彦総裁=1日午後、東京・中央区の日銀本店(酒巻俊介撮影)


 日本銀行は1日、「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表し、物価上昇目標「2%」の達成時期を従来の「2017年度中」から、「18年度ごろ」へと先延ばしすることを決めた。物価目標の達成時期の先延ばしは13年4月に異次元の金融緩和いわゆる「黒田バズーカ砲」が口火を切ってから5度目となる。無理もない。直近9月の消費者物価指数は7カ月連続で下落した。これに伴い、16年度の平均物価上昇率見通しも従来のプラス0.1%から、マイナス0.1%に引き下げた。年度ベースで4年ぶりのマイナスとなる。

 株式市場は日銀の2%物価目標の先延ばしを予見するかのように動いた。日経平均株価が1万7000円台を安定的に回復したのは10月下旬になってから。相場全般の回復より早く、デフレに強い一連の銘柄群が9月初めから戻りのピッチを一斉に速めていたからだ。例えば、100円ショップ銘柄だ。キャンドゥ株は10月25日に年初来高値を更新した。セリア株とワッツ株も年初来高値に肉薄している(1日現在)。キャンドゥは今期の利益見通しを増額修正し、セリア、ワッツの両社も今期の増益を見込む。



 牛丼大手3社の株価も同様だった。「すき家」を展開するゼンショーホールディングス株は1日に年初来高値を更新。吉野家ホールディングス、松屋フーズの両銘柄も10月末に年初来高値を更新した。ほかにニトリホールディングス、回転すしのくらコーポレーション、しまむら、ドンキホーテホールディングスなどデフレに強い業態の銘柄群の株価が堅調だった。

 今春、マスコミで「値上げの春」の見出しを付けた記事を多く見掛けた。4月から塩やアイス「ガリガリ君」がほぼ4半世紀ぶりに値上げされ、調味料、加工食品の多くが上がったからだ。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園料、劇団四季の公演チケット代も上がった。値上げの春を額面通り受け取ってデフレ脱却が順調に進むかのように判断したのは早計だった。銘柄物色の流れを見る限り、株式市場はデフレマインドの転換が大きく遅れると見切った。結果は消費者物価指数の7カ月連続下落だった。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長は10月の記者会見の席上、「(今は)値上げの時期ではない」と語っている。




 東京私大教連が今春に調査、発表した数字が忘れられない。首都圏周辺の私立大学に通う下宿生、寮生の仕送り、生活費である。15年度の親元からの仕送りは出費が落ち着く6月以降の平均で月額8万6700円。15年連続で減り、ピークだった1994年度に比べ約3割少なくなった。家賃を除いた1日当たりの生活費は850円で、比較可能な86年度以降では過去最低を更新したという。アルバイト時給が1000円を超えたくらいでは追いつかない。

 デフレマインドの転換、デフレ脱却の即効薬は所得の増加だろう。マイナス金利策の奇手まで打った日銀の異次元金融緩和は疲労、疲弊した。日銀に代わって出番を迎えているのは成長戦略を具体化に移す政府である。(加藤隆一)

                  ◇

かとう・りゅういち 経済ジャーナリスト。早大卒。日本経済新聞記者、日経QUICKニュース編集委員などを経て2010年からフリー。67歳。東京都出身。










続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001