「単に島を奪うだけではない」ベトナム高官、激化する中国の横暴 「日本が地域内のバランスを」【緊迫・南シナ海】【国際嫌韓流】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ベトナム高官が激化する中国の横暴を厳しく批判! 

 「われわれは1000年にわたって、中国の横暴に苦しめられてきた」とベトナム高官が主張するが、どちらかというとこちらの認識は、中国は有史以来ベトナム(南蛮)や北方の騎馬民族(匈奴)に苦しめられて来たである。

 しかし、ここ30年で中国は異常なスピードで国が豊かになり、軍事力も強大になっただけでなく海洋進出も始めた。
 そして、ベトナムと中国の国力が大きく開いただけでなく、ベトナムは海洋でも中国に圧倒されてしまっている。
 その結果、パラセル(中国名・西沙)諸島とスプラトリー(同・南沙)諸島のジョンソン南(同・赤瓜)礁を中国に侵略・占領されてしまっている。日本に例えれば、韓国が竹島を過去に侵略して現在も占領し続けているのと同じである。

 ベトナムは、島だけでなく、陸地からも中国に侵略されることを恐れ始めているのではないだろうか?
 ベトナムはロシアとは旧ソ連時代からの関係もあり、最近ではベトナム戦争を戦ったアメリカとも結び付きを強くしている。
 願わくば、ベトナムこそがアメリカとロシアの両国に海軍基地を提供し、そこに日本も加わりロシア・日本・アメリカの三国で中国からベトナムを海洋で守る形に導いて貰えると有り難いところである。




【緊迫・南シナ海】【国際嫌韓流】
「単に島を奪うだけではない」ベトナム高官、激化する中国の横暴 「日本が地域内のバランスを」
2016.11.13 13:50

ティン・ホァン・タン氏


 中国の暴力的覇権拡大で、東アジアに緊張が走っている。南シナ海などで領土・領海を奪われてきたベトナムの政府高官らが「今そこにある危機」を訴えるためにこのほど来日した。事態の深刻化・緊迫化を憂い、日本が東南アジアの国々と協力して、地域の安定化に動くことを期待した。(夕刊フジ)

 「われわれは1000年にわたって、中国の横暴に苦しめられてきた」

 ベトナム外務省顧問局長のティン・ホァン・タン氏は、こう語った。

 越中両国は近年だけでも、1974年にパラセル(中国名・西沙)諸島の領有権をめぐって武力衝突し、88年にはスプラトリー(同・南沙)諸島のジョンソン南(同・赤瓜)礁に中国が侵攻した。

 現在、中国がいずれも実効支配し、軍事基地化を進めている。

 ティン氏は「中国の目的は単に島を奪うだけではない」といい、続けた。



 「中国は南シナ海を支配して『海の道路』をつくり、太平洋に自由に出ていこうとしている。今後、中国と米国は東アジアの主導権をめぐって衝突するだろう。どちらが主導権を握るかは、今後10~15年で決まる。日本は中国のリスクにいち早く気付き、安倍晋三政権は『自衛のための政策決定』をしてきた。米国の同盟国である日本が、東アジアの国々とパートナーシップを結び、地域内のバランスを取ってもらいたい」








続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001