検察審査会、東電の勝俣恒久元会長(74)らに「起訴相当」 検察再捜査へ

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 東電の勝俣恒久元会長(74)らに「起訴相当」 検察再捜査へ!

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、東電の上層部は、誰一人として法の裁きを受けていない現状で、漸く検察審査会が東電の勝俣恒久元会長(74)らに「起訴相当」として検察再捜査へと進んだことには、一筋の光が見えた気がする。

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪などで告発された東電の勝俣恒久元会長(74)らを不起訴とした検察の処分について、全く納得がいかない。

 長年に渡り絶対的権力者として東電に君臨してきた東電の勝俣恒久元会長(74)の責任は大変重いはずだ。資産を没収して、それを賠償に当てるべきではないだろうか? 
 


検察審査会、東電元会長らに「起訴相当」 検察再捜査へ
2014.7.31 11:31 [企業・経済事件]

東京電力福島第1原発事故で、検察審査会が当時の東電経営陣の「起訴相当」を議決し、張り出される議決書=31日午前、東京地裁

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪などで告発された東電の勝俣恒久元会長(74)らを不起訴とした検察の処分について、検察審査会が一部役員について「起訴相当」と議決したことが31日、明らかになった。

 検察は再捜査に着手し、刑事処分をもう一度検討する。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140731/trl14073111310002-n1.htm



スポンサーサイト

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

「国際法、守る気あるのか」 中国の一方的領有権主張を米国務次官補が批判

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ならず者国家中国に対してアメリカがマトモな発言を繰り返し出しています。

 中国がとんでも無い国だとは理解していたはずだから、20年以上も前から中国を警戒すべきだったのに・・・・。

 手遅れになる前に、国際社会で中韓包囲網を構築して封じ込めてしまうべきだ。



「国際法、守る気あるのか」 中国の一方的領有権主張を米国務次官補が批判
2014.7.29 13:50 [中国]

 ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は28日、米サンフランシスコでの講演で、南シナ海での中国の領有権主張をめぐり、「一方的な行動パターンは、国際法を守る気があるのかという深刻な懸念を招いている」と批判した。

 ラッセル氏は、南シナ海での緊張は東南アジア諸国連合(ASEAN)が直面している最も深刻な問題だと指摘。ケリー国務長官も出席してミャンマーで来月開かれるASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議の中心的議題だとし「率直に議論する」と述べた。

 さらに、中国による南シナ海での埋め立て作業などを念頭に「私が心配しているのは、(領有権主張のための)中国のプロジェクトがほかの国に比べて、はるかにペースが速いということだ」と説明。「この重要かつ資源の豊かな海域を極端に軍事化すべきではない」と語った。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140729/amr14072913500011-n1.htm




テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

朝鮮人の責任も問い韓日和解を説く「帝国の慰安婦」が訴訟騒ぎになる〝韓国の常識〟【日々是世界】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日本は、「帝国の慰安婦」の著者である朴裕河(パクユハ)世宗大教授を応援すべきではないだろうか?

 韓国が自主的に自らの悪事・捏造・湾曲を認める指摘をする有識者を色々な形で応援して、日本からの外圧ではなくて韓国人自らの手で間違った歴史感などを崩壊させる手助けをすべきだ。

 しかし、現時点で日韓友好を推し進めることは、早急過ぎるので反対する。 少なくとも1000年以上立って「恨みは千年経っても忘れない」と言われた時に、「既に千年以上過ぎていますよ」と言える状態でないと韓国とはマトモな国交は不可能である。

 それまでは、韓国とは国交をできるだけ控えることが、日韓両国のためになることだ。

 韓国が崩壊して、「全てが捏造でした許して下さい」と韓国から公式に謝罪された場合であっても、「今までの悪行は水に流すが、正常な国交回復にはあと千年は必要でしょう」と伝えて、できるだけ韓国と関わらないことが日本国の幸せだろう。




【日々是世界】
朝鮮人の責任も問い韓日和解を説く「帝国の慰安婦」が訴訟騒ぎになる〝韓国の常識〟
2014.7.29 08:25[「慰安婦」問題]

 韓国における慰安婦問題は“反日”も絡んで根が深く、一筋縄では行かない。その象徴的な出来事が最近起きた。韓国で昨夏出版された「帝国の慰安婦」の内容が問題視され、元慰安婦9人が今年6月にソウル東部地裁へ販売差し止めの仮処分を申請し、著者である朴裕河(パクユハ)世宗大教授を名誉毀損(きそん)で提訴した。

 原告側が用意した報道資料によると、同書が元慰安婦らを「売春婦、日本軍の協力者」と描写し、「(元慰安婦たちは)日本軍の同志であったことを認め、大衆に被害者としてのイメージだけを伝えるべきではない」と主張し、元慰安婦らの名誉を傷つけたとしている。

 一方、被告側は本の内容が歪曲(わいきょく)されて受け取られている、として争う姿勢を見せている。朴氏は慶応大や早稲田大で学んだ知日家で、慰安婦問題をめぐる論客の一人でもある。「慰安婦は強制連行された日本軍の性奴隷」といった韓国の“常識”を覆す主張を繰り広げ、日本に謝罪や賠償を求めている支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」などが朴氏の言動を警戒してきたことは想像に難くない。

 問題となった同書について、韓国の主要紙、朝鮮日報(電子版、7月12日)が韓国のKAIST大教授の書評を掲載している。「慰安婦問題では朝鮮人も責任を避けられない、という指摘は認めざるを得ない。娘や妹を安値で売り渡した父や兄、貧しく純真な女性をだまして遠い異国の戦線に連れて行った業者、業者の違法行為をそそのかした区町村長、そして何よりも、無気力で無能な男性の責任は、いつか必ず問われるべきだ」朴氏の主張に一部、同調している。また「本書を細かく読んでみると、韓日間の和解に向けた朴裕河教授の本心に疑う余地はない。元慰安婦を見下したり、冒涜(ぼうとく)したりする意図がなかったことも明白だ」と擁護している。

 この訴訟騒動について、米国のリベラル系インターネット新聞、ハフィントンポスト韓国版(6月23日)に、木村幹・神戸大教授が寄稿している。「『帝国の慰安婦』は昨年8月に既に出版されたものであり、今の段階で突如販売差し止め請求がなされるのはかなり奇異な感がある。背後には慰安婦運動をめぐる、支援団体と朴裕河間の対立も指摘される」という。

 さらに木村氏は「司法や社会の“常識”を利用して、ある特定の議論を封殺しようとするのは、慰安婦問題の解決、糾明を妨げるばかりでなく、その運動の信頼性を自ら大きく傷つけているだけだ」と支援団体を批判した。

 保守系の韓国紙、東亜日報(電子版、6月17日)は、朴氏が交流サイト(SNS)、フェイスブックを通して反論した内容を伝えている。「支援団体とマスコミが作った“韓国の常識”とは違う意見を言って無事だった人はいなかった。大統領も支援団体の批判を受けて自身の主張を曲げたことがある」と朴氏は指摘している。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140729/kor14072908250002-n1.htm



テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題
ジャンル : 政治・経済

【松本真由美の環境エネルギーダイアリー】 湯けむり発電?!に興奮 バイナリー地熱発電の底力

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【松本真由美の環境エネルギーダイアリー】
湯けむり発電?!に興奮 バイナリー地熱発電の底力

2014.3.2 18:00[原発・エネルギー政策]

 火山国の日本は地熱資源に恵まれ、米国、インドネシアに次ぐ世界第3位の資源量を誇ります。しかし、地熱資源のある場所が国立・国定公園内に多く、一部温泉事業者の反対などもあって、地熱資源の開発は長らく停滞し、「失われた15年」とも呼ばれていました。風向きが変わったのは、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が2012年7月1日に始まったからです。国による規制緩和が進められ、地熱資源活用の動きが各地で出てきています。今回は、「地熱発電と温泉との共存」をめざす新潟県の温泉地の取り組みを紹介します。

「温泉との共存」の試み

 1月中旬、越後湯沢駅から車で1時間ほどの松之山温泉(新潟県十日町市)を訪ねました。松之山温泉は、日本三大薬湯のひとつとして、温泉好きにはよく知られた温泉地です。10個の源泉があり、そのうち源泉1~3号の3つを市が所有・管理しています。3つの源泉からの温泉水を約1キロメートル離れた温泉街の配湯所に集め、周辺のホテルや旅館に配湯しています。

 このうち源泉3号は温度が高く、流量も多いため、バイナリー地熱発電を導入する試みが行われています。源泉3号からの温泉(毎分260リットルの湧出(ゆうしゅつ)量)は、減圧所で供給量と温泉街での使用量とのバランスを取り、不要分(毎分130リットル)は河川へ排出されていました。

 浴用には使えず捨てていた熱水に加えて大気に捨てている余剰蒸気を利用することで、源泉3号からの湧出量をほとんど増やさずに、発電設備へ水温98度、毎分388リットルの温泉水に匹敵する熱量を供給しようというものです。温泉事業者が地域活性化を目指して共同出資した「松之山温泉合同会社まんま」が中心となり、温泉熱・水を利用した地域おこしを目指そうとプロジェクトに参画していることも特筆に値するでしょう。

 2010年度から3年間、環境省「地球温暖化対策技術開発等事業~温泉発電システムの開発と実証適用地域の試験サイト」に選定され、100度以下の既存の温泉による発電の試みとしては全国初になりました。開発したタービン発電機は設備容量87キロワット実証試験では、タービン発電効率は72%以上という良い結果が出ました。温泉や電力系統に影響を及ぼさない温泉発電システムの実用機の実証を行った後、2013年度からは「環境省CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業~温泉発電における温泉熱利用効率の向上とノンフロン系媒体の安全性検証などによるCO2排出削減対策強化のための技術開発」を行っています(~2015年度)。

 温泉事業者の若手の中心人物である「ひなの宿ちとせ」専務で松之山温泉合同会社まんま代表社員の柳一成氏に伺いました。「松之山温泉は10軒の温泉事業者から成る小さな組合ですので、新しい試みをやるのも動きやすい。捨てていた温泉の熱水を利用するわけですから大がかりな開発の必要はありません。地元での合意形成に最大限配慮しながら、温泉街と共存できる可能性を探りたいと思っています」

 バイナリー地熱発電による電力を具体的にどこに供給し利用していくかは、現在検討中です。「積雪が3メートルを超える豪雪地帯だけに融雪や温浴施設、そして温泉熱を利用した低温調理加工所(約100平方メートル)などにバイナリー発電の排温水を使ことも考えています。また、過去の中越地震、中越沖地震そして長野・新潟県境地震など度重なる災害経験からも、地域エネルギーの地産地消が災害時に大きな効力を発揮することでしょう」(柳氏)

バイナリー地熱発電所

 
 地熱発電は大きく分けて、「蒸気フラッシュ発電」(180~370度の高温資源利用)「バイナリー地熱発電」があります。バイナリー地熱発電は、80~150度の蒸気や熱水を熱源として、水より低い沸点を持つ媒体を加熱・蒸発させ、その蒸気でタービンを回して発電します。2つの媒体(水と低沸点媒体)を利用することからバイナリーと呼ばれています。

 松之山温泉のバイナリー地熱発電所は、温泉街の道路沿いの保有林の中にあります。積雪の多い時期でしたので、長靴を履き雪原の中を一歩一歩踏みしめながら5分ほど歩いて到着しました。開発を担当する地熱技術開発株式会社の技術部マネージャー、佐藤真丈氏に発電所内を案内していただきました。「ここではカリーナサイクル発電というバイナリーの中でもアンモニア水の媒体を使った方式を採用しています。アンモニア水は、100度前後の熱源でも少ない熱水量で効率よく発電できるという利点があります。ただ純粋アンモニアは毒物ですので、取り扱いには注意が必要です。タービンは新たに開発した超小型のものです。経済的に200キロワット未満の小型発電設備は事業的に難しいといった面がありますので、コストをどう抑えていくかが大きな課題です」(佐藤氏)。また松之山温泉の埋蔵資源量や継続的な採取可能量についても、現在調査・検討が行われています。

成功モデルになれば人を呼ぶ

 地熱は、地球内部から自然に放出されている熱を利用するもので、地球にやさしいエネルギー利用法です。11年の環境省のポテンシャル調査では、地熱発電の賦存量は150度以上では2360万キロワット120~150度では108万キロワット53~120度では849万キロワット合計賦存量は約3310万キロワット。このほか、温泉発電のポテンシャルは72万キロワットと推計されています。

 バイナリー地熱発電は、新たなボーリングなどをする必要がなく、天侯にも左右されず安定的に24時間発電できる利点があります。発電の最中に出る冷却水の排熱もうまく利用すれば、温泉旅館のボイラーや暖房に使え、灯油や重油が節約できます浴用に利用できず捨てられていた熱水を有効利用し、温泉街の活性化につながるならば、各地の温泉地でも可能性が広がるのではないでしょうか。

 再生可能エネルギーを利用したまちづくりが注目される中、松之山温泉が成功モデルになれば、各地から見学者が訪れることも期待できそうです。「地熱発電と地域の共生」の地をせっかく訪ねるのですから、見学者には一泊してもらい、設備見学だけでなくゆっくり温泉に入り、地元の食事を味わい、心ゆくまで楽しんでもらいましょう

■まつもと・まゆみ 東京大学教養学部客員准教授(環境エネルギー科学特別部門)。上智大学在学中からテレビ朝日のニュース番組に出演。NHK-BS1ワールドニュースキャスターなどを務める。環境コミュニケーション、環境とエネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を研究する傍ら、シンポジウムのコーディネーターや講演、執筆活動などを行っている。NPO法人国際環境経済研究所(IEEI)理事
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140302/biz14030202200002-n1.htm



テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

【大分県教組】 「慰安婦ツアー」、目的は平和教育か反日洗脳か 「旅行は“強制連行”ではない…」というが…

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日教組は、韓国の国益を守るために存在する団体としか思えない。

 日本の国益を害する日教組のメンバーは、国家反逆罪の売国奴として裁かれるべきだ。
 
 そして、日本の国益よりも韓国の国益を優先する日教組を解体して、日本の教育機関が生徒に自虐史を教えないようにすべきである。



【大分県教組】
「慰安婦ツアー」、目的は
平和教育か反日洗脳か 「旅行は“強制連行”ではない…」というが…

2014.7.27 18:00[教育]

大分県教職員組合が大分合同新聞に掲載したツアーの広告

 旅行の目的は「平和教育」か「反日洗脳」か。大分県教職員組合(大分市)が旅行業法に反し、新聞広告で「慰安婦」問題の関連施設を見学する韓国旅行を募集していた問題。県教組は「韓国の子供と交流し、未来志向の人間を作りたい」と平和目的を強調するが、旅行実態などを見れば、極めて反日教育の色彩が濃い。県教組は政府見解に反し「慰安婦は強制連行された」とする一方、「旅行は強制連行でないから問題ない」と主張している。

文部科学相が「理解できない」と不快感

 7月25日午後、大分空港から「親子で学ぶ韓国平和の旅」の参加者である中学生とその保護者たちが旅立った。参加者には何の罪もないが、ツアーは違法に募集されたものだった。

 県教組によると、旅行は県教組が企画し、地元紙の大分合同新聞に広告を掲載して募集。大分航空トラベル(大分市)が手配を受けていたが、申し込みの受け付けや旅行代金の徴収などは県教組が行っていた。

 旅行業法は、旅行の募集や代金の徴収といった旅行業務は、国や都道府県の登録を受けた旅行業者しか行えないと規定している。法の趣旨は、無登録営業を規制し、旅行者の安全を確保するためだ。

 ただ、登録を受けていない者でも、旅行の募集ができる例外もある。それは、同じ職場や学校での旅行など、日常的に接触のある団体内部で、幹事役が参加者を募集する場合。このケースでは、旅行業者も幹事役から旅行の手配を引き受けることは可能だ。

 だが、今回のケースでは、県教組は「県内の中学生と保護者」という不特定多数を募集対象としており、例外規定には当てはまらない。違法な「無登録営業」だった。

 「韓国平和の旅」は県教組独自の平和事業の一環で、今回が12回目だという。新聞広告で申し込みを受け付け、代金徴収も行うようになったのは2年前からだといい、今回を含めて少なくとも3回は違法行為を重ねていたことになる。

 産経新聞の取材に、大分航空トラベルは「2年前の担当者のミス。旅行業者としてミスでは済まされないが、その後も完全に見落としていた」と説明する。県教組の岡部勝也書記長は「法に違反するとは知らず、適正な方法に改善したい」と話したが、子供たちに社会のルールを教える教師の集団としては、あまりにお粗末だった。

 太田昭宏国土交通相は22日の閣議後会見で、「きちっとルールにのっとってやることが大事」と指摘。7月上旬に大分航空トラベルに対し、行政指導したことを明らかにした。

 観光庁の久保成人長官も23日の記者会見で、大分航空トラベルに対して22日にも改めて再発防止に関する行政指導を行ったと明言。大分県教組に対しても24日に注意喚起し、事実上の指導を行った。

 下村博文文部科学相も25日の閣議後会見で「教職員が構成員である教職員組合が、旅行業法に違反したことは非常に問題だし、遺憾だ」と不快感を示し、「そういう反日旅行をすることで、子供たちにどういう教育的効果を狙っているのか。私には理解できない」と批判した。

県教組に抗議や苦情10件以上

 法令違反に加えて問題なのは、「日本軍『慰安婦』歴史館」や、反日運動家らの監獄として使用された「西大門刑務所跡」などを見学するツアーの内容だ。歴史館は、元慰安婦女性が共同生活を送る「ナヌムの家」の敷地内にある展示場。日本軍が強制連行し、性奴隷にしたとする韓国側の一方的な主張を表現する象徴的施設だ。「西大門刑務所跡」も、日本による弾圧の歴史を伝えるもので、いずれも反日教育を行うにはうってつけの見学先だ。

 県教組は2つの見学先を広告に掲載。今回は初めて、県教組に抗議や苦情が10件以上寄せられたという。抗議の中には、広告で旅行前に2回行うとした「事前学習会」について、「反日洗脳教育を行った上で連れて行くのではないか」との指摘もあったが、岡部書記長は「そのような洗脳教育は一切行っていない」と否定する。学習会と称しているが、内容は班分けや自己紹介のほか、簡単な韓国語や気候の説明などだという。

 その上で、「韓国の中学生との交流がメーンの目的だ」と強調する。だが、その交流会も、お菓子などを食べながら主にスポーツや芸能界の話題を話すというもので、時間は実質2時間程度。一方、2つの「反日施設」では、現地ガイドから、韓国側の主張に沿った一方的な説明を受けるのだという。

 岡部書記長は「これまでに参加した生徒たちの感想で、『日本が嫌いになった』とか『日本はなんて悪いことをしたのか』といった反日的な感想はゼロで、『韓国の人たちはかわいそうだ』といったものはある」と説明する。

 ただ、県教組は参加者の感想が書かれた旅行のビラを「誤解される恐れがある」として公表しないため、子供たちが実際にどのような感想を抱いたかは分かりようがない。

 ツアーは、県教組が助成金を出し、親子2人が2泊で2万5000円という破格の旅行代金が売りだった。大分合同新聞への募集広告も、広告費がかかっている。岡部書記長は「参加者には近年、『日本を嫌いになるための旅行ではない』と説明している」と強調するが、これでは、県教組が反日教育を行うために、カネで参加者を募っているという見方ができなくもない。

「日教組王国」、不祥事生む悪しきなれ合いの体質

 村山富市元首相を輩出し、かつて「社会党王国」と呼ばれた大分県。日本教職員組合傘下の県教組も加入率(小中学校)が60%を超え、全国有数の「日教組王国」として知られる。県教委は昭和45年ごろから県教組と、教職員人事をはじめ、各種通知の内容や卒業式の日程、研究指定校の選定などについて「事前協議」を行い、“癒着”を続けてきた。この悪しきなれ合いの体質が、多くの不祥事を生んできた。

 平成13年には、県教組が毎年、「日本戦犯裁判」や「南京大虐殺」といった「出来事」を載せた「平和カレンダー」を作成し、小中学校に掲げていたことが「偏向的」と批判されて撤去された。

 今回の募集広告と同様、大分合同新聞に、特定の中学歴史・公民教科書の採択阻止を求める全面広告を掲載していたことも、文部科学省から「採択の公正さを損なう」と批判された。

 20年には教員採用をめぐる汚職事件が表面化。県教組出身の県教委幹部や小学校長ら8人が有罪判決を受け、確定している。

 大分県の元小学校長(61)は「教員採用汚職事件以来、県教委は本気で県教組との癒着解消に努めている」と評価する一方、「県教組はこれまでに何度も不祥事を起こしており、自浄能力がなさすぎる」と指摘した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140727/crm14072718000001-n1.htm



テーマ : 「日教組と自虐史」からの脱却と日本再生
ジャンル : 日記

売れてます!初代タイガーのデラックスマスク

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 タイガーマスクのマスクはコスプレ・アイテムとしては人気があるのだろうか?

 日本のアニメを韓国や中国が頻繁にパクリますが、タイガーマスクも韓国起源・中国発祥と言われているのだろうか?



売れてます!初代タイガーのデラックスマスク

Tiger Mask 001_初代タイガーマスク・セミプロDXマスク「3マーク・金×黒」耳穴付き ニッカンスポーツショッピングの人気商品ランキングで常に上位に位置しているのが『初代タイガーマスク・セミプロDXマスク「3マーク・金×黒」耳穴付き』(1万500円=税込、送料込)です。

 テレビアニメのタイガーマスクが最初に放送されたのが1969年。そのタイガーマスクが現実のヒーローとして初めてリングに登場したのは1981年。それから30年以上の月日が流れましたが、人気はいまだ衰えることはありません。

 現在、当ショッピングで売り上げ好調なマスクは、初代タイガーマスクである佐山聡氏が使用していたもののレプリカ品で額には「Ⅲ(ローマ数字の3)」の文字があしらわれています。

 最初に佐山氏がかぶったマスクは梶原一騎原作のアニメ「タイガーマスク2世」をイメージして額に赤い丸があるものでしたが、途中からタイガーマスク2世のイメージを脱却する意味で「Ⅲ(ローマ数字の3)」をデザインしたものに変更しました。つまり今回の商品は初代タイガーマスク後期のマスクとなります。金のラメと黒の合成皮革で、耳穴も付いていて周りの音もよく聞こえます。デラックスタイプのセミプロマスクですが、選手が試合で使用するものとは異なりますのでご注意下さい。

 部屋に飾って昔を懐かしんだり、宴会に被って行ってカラオケで「♪白いマットのジャングルに~」と歌ったり、さらには動物園にかぶって行って本物の虎とニラメッコ対決をしたりと使用用途は様々です。最近では阪神タイガースファンが球場へ持参し、応援グッズとして使用することもあるようです。

 風邪や花粉の際のマスクの季節は過ぎましたが、このマスクは1年中かぶっていてもおかしくありません。プロレス好きでなくてもひとつは持っていたいマスク。それがタイガーマスクです。


商品の詳細は下記の通りです。

◆商品名

初代タイガーマスク・セミプロDXマスク「3マーク・金X黒」耳穴付き

◆価格

1万500円(税込、送料込)

◆購入方法

⇒ ニッカンスポーツショッピングでお求め下さい。

◆問い合わせ

03・5550・8934(平日午前10時~午後6時)


http://www.nikkansports.com/battle/info/info-battle_140602.html



テーマ : コスプレ
ジャンル : アニメ・コミック

歴史忘れたロッテ【外信コラム】 ソウルからヨボセヨ 

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国マスコミの非常識は、本当に悪質だ。「反日」と言えば、日本に何をやっても良いと思っている。

 しかし、日系企業とも言えるロッテの態度もひどい。これはロッテの「日本への裏切り」だ。

 日本でロッテに対する不買運動でも起これば、ロッテも非常識な反日活動を韓国で止めるだろうか?

 一度試して見る価値はあるかも知れない。



【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ 歴史忘れたロッテ
2014.7.12 03:05 [外信コラム]

 ソウルの中心街にあるロッテ・ホテルは韓国最大のホテルといっていいが、同じ場所には日本統治時代の戦前、唯一の本格的な洋式ホテルだった「半島ホテル」があった。戦後、韓国の国営ホテルになり筆者も1971年の初訪韓の際、泊まっている。

 後に在日韓国人系のロッテ・グループが買い入れ79年、新築のロッテ・ホテルを建てた。実質的には日本系みたいなもので、日本人客に人気のホテルとして知られる。オーナーの辛格浩会長(91)=日本名・重光武雄=は日本でチューインガムから始め財をなした立志伝の人で日本の政財界とも関係が深い。

 そんな日本との深い縁もあって歴代首相をはじめ日本の政財界要人はほとんどロッテ・ホテルに泊まり、日本関係の行事開催も多かった。ところが今週、日本政府恒例の外交行事である自衛隊創設記念パーティー開催を直前に断ってきた。韓国マスコミの反日報道におじけづいたためだ。

 外国公館の公式外交行事にまでイチャモンをつける韓国マスコミの非常識は相変わらずだが、それに乗っかったロッテの態度もひどい。これはロッテ自らの歴史を忘れた「日本への裏切り」といっていいだろう。日本で高まる反韓感情の原因はこういうところにある。重光会長はご存じなのだろうか。(黒田勝弘)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140712/kor14071203050002-n1.htm



テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

14歳でカナダの5大学に合格 日本人天才少年の素顔とは(上)【グローバルインタビュー】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日本の一番の強みである人材を強化する事が今後も重要であり、その為にも日本の教育に戦前のような「飛び級制度」を採用することが必要だ。

 それと同時に、もっと才能の多様性を認める方向に進むことも重要である。



【グローバルインタビュー】
(上)14歳でカナダの5大学に合格 日本人天才少年の素顔とは
2014.7.13 07:07[教育]

インタビューに応じる大川翔さん=9日午後、産経新聞東京本社(川口良介撮影)

 9歳のときカナダ政府にギフテッド(天才児)と認定され、14歳で同国の名門大学5校に合格した大川翔さん。希代の逸材を獲得しようと各大学が高額な奨学金を提示して繰り広げた“争奪戦”は、現地メディアでも話題となった。いったいどんな家庭や教育が彼を育んだのか。インタビューでは人一倍強い母国・日本への思いや将来の夢も聞くことができた。

 

普通の公立高に通った

 翔さんは5歳のときに両親の仕事の関係でカナダへ。12歳で高校に飛び級進学し、今年6月に無事卒業した。9月からブリティッシュコロンビア大サイエンス学部に進学することが決まっている。

 一時帰国中の7月9日、下村博文文科相を訪れ、約40分間にわたって対談した。カナダのギフテッド教育や飛び級制度などについて説明したという。

 --下村大臣からはどんな質問がありましたか

 「通っていた高校が特別な学校だったのか聞かれましたが、全然特別じゃないんですよ。普通の公立高校です。特殊なプログラムがあるだけです」

 翔さんが通っていたトーマス・ヘイニー高校では、得意な科目があれば、どんどん先の内容に進むことができるシステムを採用していたという。

 --科目ごとに能力や意欲に応じて先の内容に進めるやり方は、カナダでは一般的なんですか

 「そうではないんですよ。僕の学校はユニークで、世界中から1年に何百人も視察にくる。現在の校長が約20年前、普通の先生だったときにそのシステムの導入を提唱して、後に校長として戻ってきた。最初、そのアイデアは『うまくいくはずがない』とばかにされていたそうなんです。今は成功して、入学希望者が殺到しウエイティングリストができているほどです」

 翔さんの住むブリティッシュコロンビア州では、義務教育は小学校卒業までの計8年間と、中高一貫の5年間に分けられる。学費は高校卒業まで無料だ。

 「高校では学年のはじめに1年間の宿題をもらって、それを好きなペースでやる。授業も自分のスピードにあわせることができる。テストをパスすれば、1年間の予定が2カ月で終わってしまうこともあります。ただ学年そのものの飛び級は僕だけでした」

「日本にもギフテッドはたくさんいる」

 --小さいころからこの高校に通うつもりだったんですか

 「本当は日本に帰る予定だったんです。12歳のときに中学受験して、千葉市の渋谷教育学園幕張中学(帰国生枠)に合格しました。しかし将来についてあらゆる角度から考え、徹底的な家族会議の末に、カナダでの飛び級進学を選択しました。失敗してもいいので、早く大学に進もうと思い、チャレンジしたんです。それはカナダで習った文化が大きく影響していると思いますね」

 --日本では飛び級制度が整備されていないことも理由だったんですか

 「そうですね。日本には、僕みたいな人はたくさんいると思うんです。ただギフテッド教育とか飛び級の制度がないので、表に出てこないだけで。もしそういう制度があれば、日本が元気になると思います」

 

日本人代表として

 --翔さんのチャレンジ精神は、カナダの文化と関係があるんですか?

 「カナダには『一歩前に出る』という感覚がすごくある。日本人はすごく謙虚で礼儀正しいけど、あまり前に打って出る文化じゃない。それはそれですごくいいんですけど、カナダでは、地域社会でボランティアなどを積極的にやるのが大事だという考え方がある。学校内だけではなく、外に出て自分で活動を始めていくことがすごく評価される。大学や企業もそこをみるわけです」

 「カナダには日本に興味ある人が多い。アニメや漫画の影響だと思います。そこで昨年の夏にカナダの小学生たちに日本語を教えるサマーキャンプを企画し、30人ぐらいが参加しました」

 翔さんは、高3のとき「選挙」にも打って出た。年上の生徒たちにまじって生徒会役員に立候補し、見事“当選”した。

 「僕の座右の銘は(フランスの詩人)ジャン・コクトーの『青年は決して安全な株を買ってはならない』という言葉です。リスクをとって挑戦するということですね」

 --飛び級に挑戦したことで、苦労もあったのでは

 「いくつかあるんですけど、最初のころは本来の同学年の友達とのつきあいが段々なくなってしまいました。そのかわり3歳年上のお兄さんやお姉さんたちが温かく受け入れてくれたので、それはありがたかった」

 「一番大変だなと思ったのは、僕の回りに日本人がいないこと。だからどうしても日本人代表になってしまう」

 

天才少年に最大のピンチ到来!?

 高校の卒業式後に行われるダンスパーティー「プロム」でも、飛び級ならではの苦労があったという。

 「パートナーをみつけなきゃいけないんですが、周りは3歳年上ですので、少し難しいんですよね。気がついたらお姉さんたちは皆パートナーが決まってて。とうとう最後に、別の学校の同じ年齢の女性がパートナーに立候補してくれた。本当は男性から誘わなきゃいけないので、まだ僕は『へたれ』だなあと思うんですけど(笑)」

 --日本人代表として無事プロムも乗り切ったわけですね

 「実はさらに一波乱ありました。スローダンスというのがあって、普通は自分のパートナーと一緒に踊るんですけど、ダンスがうまい男性がいて、パートナーを取られちゃったんです。悲しい話ですよね(笑)。そのときはクラスメートの女性がダンスしてくれて、なんとかしのぎました」

 

年齢を意識しない環境

 --日本では、ややもすると異質な存在を排除しようとする傾向がありますが、カナダの高校ではそういうことはなかったですか

 「そうですね。その理由のひとつとして、僕の本当の年齢を知らなかった人が結構いた。アジア人って若くみえたりするので」

 あるとき、数学をよく教えていた男子生徒から年齢を聞かれ、「13歳」と答えると相手は絶句したという。

 また科目別の飛び級システムがあるこの学校では、同じ授業を学年の違う生徒が受けていることは珍しくない。比較的、学年や年齢を意識しないですむ環境だったようだ。

 「しかし、3歳差というのはさすがにありませんでした。思春期を挟んでいるので、僕は子供にみえますけど相手はほぼ大人で、外見は相当違いがありました。ただ疎外感や孤独感は感じませんでしたね」

 

最初は英語がビリだった

 --5歳でカナダにきた当初、英語はしゃべれなかったんですか

 「ESL(英語以外を母国語とする人たちのための英語)のクラスでは小1のとき、ビリのグループにいました。そこから徐々にレベルが上がっていきました」

 --英語のレベルが上がった秘訣は

 「相手が子供でも、大人のように話しかけたり、本を読み聞かせたりするのはすごく大事だと思います」

 当時、翔さんの母親がとった手法はユニークだ。ベビーシッターを頼んだ近所の小学生に本を音読してもらったのだ。ただ相手も子供だけに1人1時間が限界。そこで休日には6人の小学生ベビーシッターが入れ代わり立ち代わり自宅を訪れていたという。

 ちなみにカナダでは、11歳は子守を「する」側。小学生向けのべビーシッター養成コースがあり、資格を取ることができるのだという。

 --小さいころから本を読むのは早かったそうですね

 「小3のころには、600ページぐらいの本なら1日で読んでいましたね」

 翔さんは9歳のときに、ギフテッド(天才児)として登録された。

 --ギフテッドの登録にいたった経緯は

 「学校の先生が、君ギフテッドかもしれないから、と推薦してくださり、そこからテストを何回か受けました」

 カナダのギフテッド・プログラムは、通常の学校授業とは別に政府の公費で行われる特別教育だ。教育委員会と学校レベルの2種類あり、教育委レベルでは各学校から選ばれたギフテッドの子供たちを別の学校に集めて行われる。

 「カナダにはギフテッド教育のほかに、ESLのように英語が母国語ではない人向けの特別教育もあるし、LD(学習障害)の子供向けの教育もある。ある意味、特別教育が必要な人という点では同じです」

 

寝ることが大事

 --高校生のころは授業以外で何時間ぐらい勉強していましたか

 「カナダでは授業以外の活動がけっこう多いんです。僕はボランティアワークもやるし、空手の稽古やピアノの練習もある。日によるんですけど、だいたい2時間から5時間ぐらいですね」

 --集中するための自分なりの方法などはありますか

 「ちょっと息抜きをしたり、雰囲気を変えたりすることがすごく大事だと思います。気分転換ですね」

 --親からはどういうことを言われるんですか

 「母は、勉強しろじゃなくて、『早く寝ろ』なんですよ。遅くまで勉強してると、なんで勉強してるんだ、早く寝なさいといつもいわれます」

 規則正しい生活を繰り返すことが、トータルでみると教育上最も効率的なのだそうだ。

 --寝る子は育つ、ですか

 「カナダがそういう教育なんですよ。早寝早起き。小学生は夜8時ぐらいに寝ちゃうんです。夏だとまだ明るいのに」

 --翔さんは何時ぐらいに寝ているんですか

 「高校に入ってからは夜10時ぐらいに寝てます。起きるのは朝7時ぐらい」

 --睡眠はけっこうとってるんですね

 「ずーっと寝てます(笑)。日本の子供はそんなに寝ないんじゃないかと思うんですけど、カナダは小学生から中学生ぐらいまでは10時間ぐらい寝かせるのが常識です」

 

13歳で書評を書く

 --ご自身のブログによると、13歳にして書店で書評を書くアルバイトをしていたとか

 「すごくいい経験でした。僕が書いた書評は本屋に張り出されるし、インターネットのサイトにも出ます。本を従業員価格で安く買うことができるんですよ。(英語の)ライティングコンテストで優勝したのがきっかけでした。ギフテッドの認定を受けていたことも関係ありますね」(西見由章)

 =続く

    



 【プロフィル】大川翔(おおかわ・しょう) 平成11年生まれ。5歳のときカナダへ。12歳で高校に飛び級入学。今年、トロント大やマギル大など5大学に合格した。8月には著書『ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法』(扶桑社)を出版予定。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140713/amr14071304350003-n1.htm



テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

W杯で韓国KBS記者が規則破り逮捕、いまだに調査報告の発表もなく 韓国国内からも「恥さらし」の声【スポーツ異聞】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 オリンピックやワールドカップなどの世界的イベントでは、韓国は必ず何か非常識なことをやって世界を呆れさせてくれる。

 サッカーのワールドカップでも韓国は、やってくれました。
 
 しかし、日本にとっては、韓国は本当に良い反面教師として存在している。

 まあ、必要ないといえば必要ないのだが・・・



【スポーツ異聞】
W杯で韓国KBS記者が規則破り逮捕、いまだに調査報告の発表もなく 国内からも「恥さらし」の声
2014.7.13 07:00 [W杯の話題]

6月21日にアルジェリア戦に備えて練習する韓国代表。KBSの記者は報道局長の息子らに見学させようと取材証を不正使用し逮捕された(ロイター)

 韓国紙・中央日報(電子版)は6月29日、サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、韓国の公営放送KBS(韓国放送公社)の記者が取材証であるADカードを不正使用した疑いでブラジルの軍・警察に逮捕され取り調べを受けたと報じた。テロなど不測の事態を避けるため、国際サッカー連盟(FIFA)は同カードを他人に貸与することを禁じている。しかし、記者は自社の報道局長の息子と、その交際相手に貸し、アルジェリア戦を2日後に控えた21日に試合会場で韓国代表の練習を見学させようとしたという。韓国サッカー協会は遺憾を表明し、KBSも調査に着手したが、7月10日時点になっても、その結果は韓国メディアで報じられていない。韓国のネットユーザーからは「これは国家の大恥だ」「小さな問題ではない」など“杜撰な管理態勢”に怒りが納まらない様子だ。

 事件は、6月21日にブラジルのテレビ局RBSなど複数のメディアが報じて明らかになった。中央日報によると、KBSは23日、「ADカードの発行数があまりにも少なく、やむを得ずADカードを融通して使う状況が発生したと推定される」と釈明した。この釈明だと、記者間でカードのやり取りを想定したとしか聞こえない。他のメディア報道によると、局長の息子は観光が目的で現地に行っており、まず記者ではない。苦しい言い逃れの感はぬぐえない。

 KBSは28日に「ADカードの不正使用に関する報道について事実かどうか詳しい経緯の把握に乗り出している」と発表。「関係者が現地から帰国し次第、監査に着手する方針だ」と説明した。韓国が1次リーグ敗退したのが6月27日。代表チームはすでに帰国している。7月10日時点で韓国メディアにKBSの調査結果が報道された経緯はない。

 韓国の放送法によると、KBSの社長は「大統領が任命する」と明記されている。収入の約半分は視聴者が支払う受信料で占められている。日本のNHKと似た経営形態を取る公営放送局だ。国を代表する放送局といっても過言ではなく、報道姿勢を含め厳格なモラルが求められるのは同じはず。

 だが、KBSを巡っては2005年に公金流用問題、08年には5年間の累積赤字が117億ウォンに達する経営体質や懲戒処分を受けた職員の特別昇進などの不適切人事-などが問題視された。今年5月には、一線記者や中堅幹部が、4月に発生した旅客船セウォル号沈没事故に関する報道で社長が大統領府の意を受け現場に不当な圧力をかけたとして辞任を要求してストライキに入り、夜のメーンニュースまで短縮されるといった異常事態も生じていた。

 さらに、首相に指名された文昌克氏が3年前の講演で「親日的な発言」をしたとして辞退に追い込まれる事態が生じたが、KBSは非難に都合のいい部分だけを抜き出して報道、本来は民族的な底力を強調した内容だったにもかかわらず、「親日」と印象づける真逆の内容にすり替える“虚報”に仕立て上げたと報じられている。

 セウォル号事故では運航会社の安全管理態勢や行政の監査態勢など、数々の杜撰さが指摘され、モラルハザードが進む韓国社会の深刻さが指摘され、反省もされたはずだ。今回のADカード事件を、それと比較するのは少々おおげさかもしれないが、全世界の人々が注視する世界的イベントで国際機関であるFIFAが禁じているルールを簡単に破り、逮捕されるモラルの低さは、少しも改まっていない。

 韓国のネットユーザーからも「外国にまで恥をさらした」「事件が発生してから時間がたつのにいまだに経緯の把握なのか?」「公共放送が国に恥をかかせるのか」などの批判が相次いだ。日本のユーザーからも「国の代表のような立場の人間が世界的なイベントで不正をする人材が出てくる国って、どういう国?」「韓国人は常識がないのか?」などと呆れた声があがっている。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140713/scr14071307000001-n1.htm



テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

オーストラリア首相「日本は法の下で行動してきた」 歴史問題で批判を繰り返す中国を強く意識

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



豪首相「日本は法の下で行動してきた」 歴史問題で批判を繰り返す中国を強く意識
2014.7.8 22:31[安倍首相]

経済連携協定と防衛装備品移転に関する協定の署名で笑顔を見せる安倍首相(左)とオーストラリアのアボット首相=8日、キャンベラ(AP)

 安倍晋三首相にとって7日のニュージーランドのキー首相、8日のオーストラリアのアボット首相との首脳会談は、集団的自衛権の行使を限定容認する憲法解釈変更について、1日の閣議決定後に初めて外遊先で説明する場となった。特にアジア太平洋地域の大国であるオーストラリアの支持が得られるかがポイントだったが、アボット首相は安倍首相が直接、全閣僚に説明をする場を設けるなど歓迎姿勢を示した。

 「こうした会合に外国の首脳を招いたのは英国のブレア元首相以来だ」

 8日の日豪首脳会談後、連邦議会内で開かれた安倍首相とアボット政権の全閣僚との会合で、アボット首相はそう語った。各閣僚は一様に「今日の議会での演説は素晴らしかった」などと安倍首相を持ち上げた。

 首脳会談を受けて発表された共同声明には、日豪関係を「特別な戦略的パートナーシップ」と明記。友好国とは「戦略的パートナーシップ」とする表現が一般的だが、「日豪は通常より一段上の関係」(政府高官)との理由で“準同盟国”扱いすることになった。

 その背景には、7年前の第1次安倍政権時代に交渉が始まった日豪EPA(経済連携協定)に正式調印できたことに加え、安全保障面で米国を加えた日米豪3カ国で共同訓練を重ねるなど、関係強化を積み重ねてきたことがある。日豪間は捕鯨問題をめぐり対立も残るが、経済・安保の緊密な関係構築で乗り越えた格好だ。

 日豪間の懸案は積極的な海洋進出を進める中国だ。中国はオーストラリアの最大の貿易相手国だが、安保上の危機感が優先された。

 アボット首相は首脳会談後の記者会見で、歴史問題で執拗(しつよう)に日本批判を繰り返す中国を念頭「日本は1945年から一歩一歩、法の支配の下で行動してきた。日本を公平に見てほしい」と訴えた。海洋安全保障の強化を目指し、日本とハワイ、オーストラリア、インドをひし形に結ぶ「安全保障のダイヤモンド構想」を提唱する安倍首相は自信を一層深めたようだ。(キャンベラ 桑原雄尚)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140708/plc14070822310026-n1.htm



テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

首相による靖国神社参拝も、中国や韓国の批判に動じる必要はない

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【きょうの人】
「日本とは何か」突き詰める米教授 ケビン・ドークさん(54) 
2014.7.9 01:32

米国ジョージタウン大のケビン・ドーク教授=7日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 「とても面白いから行きなさいね。約束よ」

 交換留学で日本から帰ってきた女学生と交わした言葉が、米首都ワシントンのジョージタウン大学で教壇に立つ日本研究者の原点となった。海さえ見たことがなかった中西部イリノイ州の高校生は37年前、「映画のようだ」と思いながら羽田に降り立った。

 長野県上田市で学生服を着て学校に通う。中国、韓国と日本の区別もつかなかったのに、1年後には日本の大学への進学を考えた。

 親の反対で帰国はしたが、「日本とは何か」を究明する道へ。大学では日本に親しみを抱く反共産主義者の韓国系教授に日本史を学び、大学院は一転して、日本研究では左派色の強いシカゴ大に進み、博士号を得た。独特の経験が独自の視点を育むことになる。

 「日本のナショナリズムは、民族ではなく国民の連帯に基づく健全なもの。日の丸や君が代のもとで一体になる市民的ナショナリズムだ」と肯定する。

 首相による靖国神社参拝も、中国や韓国の批判に動じる必要はないと説く。

 「外交官は摩擦を嫌うが、学者である私は何が正義かを考える。正義を貫けば衝突はあるものだ」

 東大や甲南大などいくつもの日本の大学で研究し、25歳と23歳の息子たちは神戸で公立小学校に通った。「なんでやねん」という言葉を息子と辞書で真剣に探したのもいい思い出だ。

 日本研究賞受賞を「大変名誉なこと」と謙虚に喜ぶ。来年は京都の国際日本文化研究センターに籍を置く予定だ。(坂本英彰)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140709/amr14070901320001-n1.htm





テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

談話合作の対韓ブーメラン効果 【正論】 現代史家・秦郁彦

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 河野洋平元官房長官の無責任さには呆れてしまう。

 河野洋平氏をを売国奴の国賊として法的に捌くことはできないものだろうか?

 河野洋平氏は、既に国会議員を辞職しているので、彼の息子の河野太郎氏(父親と異なりまともだと思うのだが)に有権者である我々日本国民が、彼に直接若しくは、彼のブログに意見を述べて、従軍慰安婦に関する彼の態度を明確にさせる必要があるのではないだろうか?

河野洋平 公式サイト
http://www.taro.org/




【正論】
談話合作の対韓ブーメラン効果 現代史家・秦郁彦
2014.7.4 03:07[正論]

 慰安婦問題に関する河野官房長官談話(平成5年8月4日)の作成過程についての内閣官房・外務省・有識者による検証チームの報告書が6月20日公表された。

 《検証結果に3種の反応》

 以前から河野談話の見直しを要望する声は高く、昨年11月の産経新聞世論調査では57・1%に達していたが、日韓関係の悪化を好まない米国の意向もあり、安倍晋三政権は見直しを断念、引き続き談話を継承すると言明した。

 その代わり、談話作成までの日韓両国政府のやりとりを主とする事実経過を公文書に依拠して復元し、国民の「知る権利」に応えようとする作業を菅義偉官房長官の主導で行った。筆者も加わった5人の有識者委員は事務局が準備した原案を検分し、依拠した公文書も閲覧してそのかぎりで内容がほぼ妥当なものと判定した。

 企業の監査役に似た役割を果たしたのだが、河野談話の見直しはしないという制約があるから、一切の評価、提言はもとより美辞麗句や傍論のたぐいも排し、事実の経過だけを淡々と記述する手法に徹しようと考えたのである。

 それでも慰安婦問題は「イデオロギー的思考からくる説明体系」(ハンナ・アーレント)が乱立してきただけに、各方面から各種各様のリアクションが噴出するのは避けられまいと予想していたし、その通りになった。ここでは公表翌日の新聞論調を手がかりに、河野洋平氏を含む内外の反響を観察してみたい。私見では論調はおよそ3種に分かれる。

 第1は、うんざり気分の反映か、「これで論争を打ち止めに」と呼びかける毎日、日経の棚上げ論、次は産経、読売の見直し必要論だが、3番目の朝日論調はややわかりにくい。「問題解決の原点に返れ」という社説の意味不明な見出しに始まり、「もっとも大切なのは元慰安婦たちの救済」とか「(韓国の)了承もなく、一方的に公表されるのは信義」に反する(傍点は筆者)と、韓国の新聞かと錯覚しかねないピント外れの提言に埋もれて「もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ」とあるので、河野談話護持論と知れる。

 筆者が錯覚したのは根拠がある。韓国の新聞各紙は予想通り強烈な否定一色の論陣を張り、中韓共闘や海外へのアピールなどの対抗手段を打ち出した。そのなかで、韓国外交部は「事実関係について個別に反論はしない」と静観の構えだったが、6月25日に発表した公式見解でも「(河野談話の)協議内容を公開したのは外交慣例に反し、非常識な行為だ」と苦情を申し立てるにとどめた。朝日が授けた前記の思いつきを借用したのかもしれない。

 だが韓国政府は2005年8月に「国民の知る権利」に応じるとして、1965年の日韓条約に関連する外交文書3万6千ページを一方的に公開した前歴があることを付け加えておきたい。原点は「知る権利」の共有と言うべきだろう。

 関連して見逃せないのは、ほかならぬ河野元官房長官の無責任としか言いようのない反応だろう。検証報告書で最も注目されたのは河野談話が日韓両国の「事前調整」(すり合わせ)の産物で、最終的に韓国大統領の内諾も得ていた事実だ。政治的妥協にせよ「日韓合作」と評してもよい。

 最大の争点は、官憲による強制連行の有無であったが、韓国側は慰安婦支援組織の強硬な突き上げを口実に譲らず、事務レベルでは決着がつかなかった。「強制連行」の4文字を入れるのはかろうじて食い止めたが、最終的には河野氏の譲歩で「総じて本人たちの意思に反して」集められたという玉虫色の表現に落ち着く。

 《「大宣伝」が跳ね返るか》

 ところが、ぎりぎりの攻防は何の役にも立たなかった。韓国側が強制連行を日本側に認めさせたと国際社会に大宣伝したうえ、河野氏自身も談話発表に際しての記者会見で「強制連行の事実があったという認識か」と聞かれ、あっさりと「そういう事実があった」と答えたからである。うっかり口がすべったのか、そう信じ込んでいたのか、日韓和解のためには冤罪(えんざい)もかぶる覚悟だったのか。見極めはつきにくいが、「韓国と口裏を合わせ強制連行があったとし、日本人をおとしめた罪は許されない」と投書子(6月27日付産経)に責められてもやむを得まい。

 それなのに河野氏がたじろぐ様子はない。6月21日の山口市での講演で「政権が談話を継承する以上、それ以外の発言は不規則発言だと(首相が)はっきり言わなければならない」(22日付朝日)と注文した。さしずめ産経、読売の論調は不規則発言(ヤジ)として扱えというのか。

 折も折、ブーメラン効果を思わせるニュースが飛び込んできた。6月25日に122人の元米軍用慰安婦たちが強制連行、強制売春させられたとして謝罪と賠償を求め、韓国政府を提訴したのである。朴正煕大統領の直轄事業だったことを示す署名文書も、訴状に添付されているとのこと。続報を見守りたい。(はた いくひこ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140704/plc14070403070005-n1.htm




テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」
ジャンル : 政治・経済

「遠足に行った英彦山(ひこさん)で悪霊をテークアウト」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「悪魔の尻尾」を踏んでしまったのだろうか?

 女子高生たちは、遠足に行った英彦山(ひこさん)で「悪魔の尻尾」を踏んでしまって、悪霊をテークアウトしてしまったのだろうか?

 以前に「福岡は韓国の植民地」だと北九州の友人から聞いたことがあるが、英彦山に悪霊が住んでいるとしたら、それは韓国及び朝鮮半島に関係あるものだろうか?

 何にせよ、早期の解決を心から望みたい。



遠足先から「悪霊テークアウト」? 女子生徒集団パニック
2014.7.2 20:15[事件・トラブル]

 福岡県柳川市の私立柳川高校で女子生徒計26人が体調を崩した騒ぎで同校は1日、臨時休校とした上で心理カウンセラーを呼んで教職員会議を開き対応を協議した。同校は原因不明としているが、「霊に取りつかれた生徒が倒れた」などの噂がツイッターで話題になっていることが分かった。

 同校によると、6月30日午前10時前、1年の女子生徒が授業中に「キャーッ!」と突然叫び声を上げてうずくまった。同じクラスの数人もうずくまり、様子を見に来た生徒らも同じような症状になったという。同校は集団パニックになった可能性があるとみており、体調を崩した生徒は保護者に付き添われて帰宅した。

 その後、「遠足に行った英彦山(ひこさん)で悪霊をテークアウト」「霊に取りつかれた女子生徒が『殺してくれ』と叫び暴れ出した」といった噂がツイッターなどで広がった。英彦山は霊場として知られている。

 同校は1日、生徒全員に電話で聞き取りを行い、容体が悪化した生徒がいないことを確認。2日から心理カウンセラーを待機させた。

 同校の森繁光副校長は噂について「学校では積極的に把握していない」とし、「生徒も落ち着きを取り戻しはじめているので、静かに見届けてほしい」と話した。(サンケイスポーツ)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140702/dst14070218000007-n1.htm



テーマ : ■*福岡県 北九州市*■
ジャンル : 地域情報

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001