家庭内暴力と児童虐待に覆われる韓国社会…異例、大統領発言「社会犯罪行為なのだ」【衝撃事件の核心】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国社会の実情がここまで悲惨だとは・・・。韓流ブームによる情報とは余りにもかけ離れた事実だ。

 日本の韓国人社会に、このような実情が感染しないことを望む。


【衝撃事件の核心】
家庭内暴力と児童虐待に覆われる韓国社会…異例、大統領発言「社会犯罪行為なのだ」
2014.5.25 12:00[衝撃事件の核心 west]

ソウル市内で水遊びをする子供。韓国では児童虐待や家庭内暴力が相次ぐなど、子供たちが“危険”にさらされている現状が明らかになっている=2014年5月13日(AP)

 韓国旅客船「セウォル号」沈没事故では、修学旅行中の多数の高校生が犠牲となったが、実は、韓国では未来を担う子供たちが“日常から”危険にさらされている。凄まじい家庭内暴力や児童虐待が相次いでいるのだ。しかも子供たちのSOSを学校や社会は無視した…。「国民が体験した苦痛に、心より謝罪する」。セウォル号沈没事故を受け、朴槿恵大統領は5月19日に国民向けの談話でそう謝罪したが、児童虐待のような“危険”から子供たちを救うことができなければ、この国の立て直しへの道は、やはり遠い。

セウォル号沈没前の“事故の芽”

 セウォル号沈没事故を受けた国民向け談話が発表される約1カ月前の4月15日、朴大統領は、こんな発言をしている。

 「子供一人一人をきちんと育てることは韓国の未来のために非常に重要な課題だ。児童虐待は明らかな社会犯罪行為だという認識を持って解決してほしい」

 児童虐待が相次ぎ、子供たちが犠牲になっている社会の現状を受けた発言だ。大統領自らがそう発言しなければならないほど、韓国での児童虐待は凄まじいセウォル号の事故では安全を軽視した社会のありようが問題視されているが、児童虐待も子供を危険にさらしている意味では同じかもしれない。

 昨年8月に8歳の女児が継母と実父に虐待を受け、内臓破裂で死亡した事件は、その顕著な例だった。

 朝鮮日報(電子版)などによると、女児は姉(12)と、継母(36)、実父の4人暮らし。父親の再婚に伴い、韓国慶尚北道で継母と同居していたが、2012年夏ごろから、継母から虐待を受けるようになった。

マインドコントロールで姉を支配し、妹を虐待する継母

 そして事件は昨年8月14日に起きた。継母は、妹がテレビを観(み)ているときに大声を出して走り回ったことに腹を立て、腹部などを20回以上踏みつけ、口をふさいで拳で顔面を殴打。さらに瀕死(ひんし)の妹を2日間も放置し、死亡させた。

 当局は当初、姉と継母による暴行が原因とみて捜査。姉は今年1月まではこう供述していた。

 「私が蹴った。おばさん(継母)はいい人だから許して」

 しかし事実は違った。継母は姉に「自分が殺した」と供述するよう強要していた。姉は継母のマインドコントロール下にあり、犯行は継母によるものだった。

 継母と実父の虐待は筆舌に尽くしがたいほど痛々しい。

 例えば、唐辛子10個ずつを無理やり口に入れられたり、ロープで体を縛られて階段から突き落とされたり。姉は洗濯槽に入れられた揚げ句、スイッチを入れられ回されたこともあった。

 昼間にこうした虐待を繰り返した継母は、父親が仕事から帰ると、「(姉妹が)ウソをついた」「反抗した」などと吹き込んだ。それを信じた父親は、子供たちにさらに暴行を加えたという。

 それだけではない。父親は、虐待され、2日間も放置された妹の様子を撮影し、葬儀の際に姉に見せていたとされる。まさに地獄絵だ。

子供を救えぬ社会

 ただ、こうした虐待を見抜くチャンスがなかったわけではなかったが、関係機関は父母からの執拗(しつよう)な抗議を受け、見て見ぬふりを決め込んだ。

 暴行を受けた姉は12年10月ごろ、地元の警察署を訪ねて「父と母から叩(たた)かれる」と訴えた。ところが担当者は継母を呼び、形だけの事情聴取にとどまった。

 学校や行政機関にも救い出す機会はあった。姉妹は13年6月に小学校を転校したが、転校以前から体中があざだらけになっていた。転校後、妹の小学校担任が腫れ上がった顔面を見て、慌てて児童保護機関に通報。顔だけでなく、腕や足に青あざができ、胸には噛(か)みついた跡さえあったという。

 しかし児童保護機関は家庭訪問と電話での相談をしただけ。姉妹を保護しなかった。その後、妹が両耳から出血し、教諭に「継母に首を絞められた」と訴えたため、教諭が再び児童保護機関に通報した。それでも、児童保護機関は継母にカウンセリングをしただけだった。

 学校側も当初は、虐待の痕跡を確認していたが、父親から「(服を脱がされるのが)子供が恥ずかしがっている」と抗議を受け、確認をやめた。

 事態が動いたのは、妹の虐待死を受けた公判が始まってから。姉の弁護人らが心理治療を受けさせたところ、継母への恐怖でマインドコントロールされていたことが判明。治療とともに、親権を実母に移すと、姉は公判で、妹殺害の真相を証言した。

 大邱地裁は4月11日、女児の継母に懲役10年の判決を言い渡した。

死んだら妹に謝りたい

 韓国社会では家庭内暴力や児童虐待が相次ぎ、子供たちをそこから守るための仕組みが破綻している。

 韓国政府は今年1月、児童虐待致死罪に対する処罰を最高で無期懲役にするなど罰則を強化するなどとした法律を制定したが、朴大統領は4月15日の発言で、こうも指摘している。

 「学校や警察などがもう少し積極的に対処していれば防げたはずなのに、義務申告制がなぜ現場で効果を挙げられていないのか」

 児童虐待は関係したすべての人を不幸にする。韓国の事件で生き残った姉は、死んで妹に会えたら謝りたいと話しているといい、裁判官に「(継母を)死刑にしてほしい」と訴える手紙を書いたという。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140525/waf14052512000004-n1.htm



スポンサーサイト

【中国ネットウオッチ】 「黒幕はアメリカだ」「中国は復讐すべき」 ウルムチ爆発事件で過激コメントも

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 共産党一党独裁国家中国の妄想は、益々上記を逸してきているのか?

 「米中枢同時テロ楽しかった」などの発言は、日欧米から見れば、異常だとしか言いようがない。

 しかし、共産党一党独裁国家である中国の異常さに気づいている中国市民の「一般市民を傷つけてはいけない。テロをやるなら腐敗した政権や汚職官僚、城管(地方政府の都市管理係員。市民への高圧的な態度で評判が悪い)を狙え」との指摘には、今後の中国でのテロが中国共産党へと向っていく現状が読み取れる。

 「ウイグルが中華民族だなんて、ありえないよ!」とのウイグル人学生の発言の通り、ウイグルは中華民族とは明白に異なるのであるから、中国共産党は不法占拠を続ける新疆ウイグル自治区(しんきょうウイグルじちく)をウイグル人へ速やかに返還して、東トルキスタン共和国としてウイグル人の独立を認めるべきだ。

 中国が、異常な覇権主義を放棄して、新疆ウイグル自治区(しんきょうウイグルじちく)・チベット・内モンゴル自治区などの多民族地域をそれぞれの民族に返還し、尖閣諸島などへの不法な侵略も放棄すべきだ。

 そうすれば、中国はもっと平和になり、勿論、世界の「ならず者国家」中国以外の国々も平和になれる。

●【おやこ新聞】まめちしき 「ウイグル人」どんな人たち?
2012.5.16 15:14


●東トルキスタン共和国


【中国ネットウオッチ】
「黒幕はアメリカだ」「中国は復讐すべき」 ウルムチ爆発事件で過激コメントも
2014.5.25 12:00 [中国ネットウオッチ]

23日、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで、爆発事件があった市場へ通じる道を閉鎖する武装警察(ロイター)

 中国新疆ウイグル自治区の中心都市、ウルムチ市内の市場で31人が死亡した22日のテロ事件は、国内のネット空間でも注目を集めているが、事件の黒幕を米国と決めつけて攻撃するコメントも少なくない。一方、当局の規制がおよばない海外のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やニュースサイトでは、中国指導部の対応への疑問も発信されている。(西見由章)

「米中枢同時テロ楽しかった」

 「何の罪もない市民が被害を受けるなんて。早く犯人を捕まえて処罰を」

 「民族が団結してテロリストを攻撃しよう」

 「習近平総書記の指導の下、祖国の明日はもっとよくなる」

 中国国内のサイトでは、爆発事件に対しては“無難”なコメントが目立つ。

 中国当局にとって最も敏感な話題が、民主化要求と少数民族の分離独立運動だ。こうしたトピックでは言論統制が強化され、当局よりのコメントを書き込むネット工作員「五毛党」も活躍する。

 そうした中で、“愛国者”たちの米国への激しい批判は容認されているようだ。

 「チベット、ウイグル、台湾、香港の独立運動はみな西側諸国の陰謀」

 「ウイグルの独立運動の大本営は、邪悪な帝国のアメリカだ」 

 「われわれ中国人は、あの楽しかった中枢同時テロが懐かしい。ウイグルの背後にいる黒幕は誰だ?中国は復(ふく)讐(しゅう)すべきだ」

「市民ではなく汚職官僚を狙え」

 国内のサイトでは民族間の対立をあおるようなコメントは削除されているとみられる。しかし米国に拠点を置く中国ニュースサイト「多維新聞」では、「ウイグル族を中国から追い出せ!」という過激なコメントも。「こうなった以上、漢族を大量に新疆に移住させよう」との声もあった。

 一方、言論統制が及ばない他国のサイトでは、当局のウイグル政策に対する批判や不満の声も聞かれる。

 「こうした事件が起きる度に習主席は指示を出すが、結局解決しないままだ。本当の手腕をみせるべきだ」

 「ウイグルのテロは当局側のファシズム政治による必然の結果だ。共産党は自国の国民を犠牲にして党を延命させている」

 国内の公権力への根強い不信を感じさせるコメントもある。「一般市民を傷つけてはいけない。テロをやるなら腐敗した政権や汚職官僚、城管(地方政府の都市管理係員。市民への高圧的な態度で評判が悪い)を狙え」

 ツイッターにはこんな中国語の書き込みもある。

 「テロで政権が揺らぐわけでも中国のGDPに影響するわけでもない。共産党の新疆での圧政は、漢人のガス抜きになっている。党の民族主義教育によるガス抜きのために、日本車が破壊されるのと同じだ。共産党が社会をコントロールするのに都合がよいのだ」

穏やかなウイグル人

 最後に、筆者が以前、中国に留学した際に知り合ったウイグル人学生たちについて触れたい。

 イスラム教の伝統的なスカーフを着用した女性もいれば、英語が流(りゅう)暢(ちょう)で外見もアメリカナイズされた学生もいた。ただ、みなほほえみを絶やさない穏やかな人たちだった。

 彼らは中国国籍の「中国人」でありながら親日的だ。日本語とウイグル語は文法が似ているらしく、ある男子学生は「民族の源流はきっと同じだよ」と親しみを込めていってくれた。

 そして、中国の教育政策によって母語の読み書きができる若者がどんどん減少していることに危機感を募らせていた。

 ウイグルの政治的な問題は、当局が極めて「敏感」なため、学生たちも発言には慎重だ。ただ、あるとき先の男子学生が漏らした。「理想は連邦制の導入なんだけど…」。

 中国政府が、国内の56民族を「中華民族」と呼称していることについて聞くと、彼は語気を強めた。

 「ウイグルが中華民族だなんて、ありえないよ!」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140525/chn14052512000001-n1.htm

テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

【中国ウルムチ爆発】 唯一の朝市を標的…車両改造、綿密に下見か

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 中国の新疆ウイグル自治区を含めて中国各地でテロが多発している。共産党一党独裁国家が強権発動で徹底的な弾圧を行使しているにも関わらず、テロを止められないのだ。

 イスラム教徒がテロ実行犯であるかのような報道がされているが、共産党一党独裁国家中国の中で不当に弾圧され続けているのがイスラム教徒である実態からすれば、当然の結果だと思われる。

 寧ろ、今までイスラム教徒が共産党一党独裁国家中国政府に対してテロ行為を起こして対抗してこなかったことが不思議に思われる。

 しかし、これからは、イスラム教徒の過激派が、更に過激にテロ行動を行って一党独裁国家を続ける中国共産党政府に抵抗を強めていくと思われる。

 そして、最終的には、中国を共産党が一党で独裁を続けることができなくなるのではないだろうか?

 今後、イスラム教徒過激派が、世界各地から同胞支援のために中国に集まり、中国各地でテロ行動を本格的に起こし始めれば、共産党一党独裁国家中国も意外と簡単に崩壊していくのかもしれない。



【中国ウルムチ爆発】
唯一の朝市を標的…車両改造、綿密に下見か

2014.5.24 00:48

23日、ウルムチ市の爆発現場付近で警戒する中国武装警察の隊員ら(共同)

 中国の新疆ウイグル自治区の重要都市ウルムチで22日に発生した爆発事件では、同市内で唯一閉鎖されなかった朝市が狙われた。現場近くの住民の証言では、実行犯グループは事前に下見を重ね、市場入り口の障害物を乗り越えるために車両を改造していた。多数の住民が犠牲となった今回の事件は綿密に計画された組織的犯行だった。

 現場近くに住む複数のウルムチ市民の話では、4月30日に同市の駅前で爆発事件が起きたのを受け、地元当局は「人が密集する場所がテロで狙われやすい」との理由で、市内にある10以上の朝市と夕市の閉鎖を命じた。しかし、この朝市の近くには住民が多く、スーパーからも離れていることから、住民の要望で9月まで存続することになった。

 同市で唯一となった朝市は、野菜などの値段がスーパーより3割安く、別の地域から来ていた人も多かったという。約120人の死傷者のほとんどが買い物客の老人で、漢族が大半を占めていた。

 犯行には、市場への突入用と逃走用にそれぞれ2台の車両が用意されたとの証言がある。治安当局が市場の入り口に自動車の進入を防ぐために高さ約1メートルの障害物を取り付けたが、突入した2台は、いずれも四輪駆動車で、障害物を越えるために車高を高くする改造が施されていたという。

 事件の一部始終を目撃した近くに住む60代の漢族女性は、「事件前に同じ自動車を市場の近くで何度も目撃したこともある」と話した。実行犯が下見を重ねていた可能性が高い。

 地元警察は23日、朝市の閉鎖を決定。また、市内のすべての学校周辺100メートル以内での駐車を禁止した。

 爆発事件が起きた現場は23日朝、実弾を込めた自動小銃を持った武装警察や警察官が警備に当たり、道路が封鎖された。現場近くで住民数人が集まって話をしていると、すぐに飛んできて、すごい剣幕(けんまく)で「集まるな、散れ!」と怒鳴る。

 地元の漢族男性は「この雰囲気だと普通のけんかでも射殺されかねない。怖くて街を歩けない」とつぶやいた。(矢板明夫)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140524/chn14052400480001-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

「何島返還してほしいのか?」 北方領土問題の解決を阻む日本側の混乱

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



「何島返還してほしいのか?」
北方領土問題の解決を阻む日本側の混乱


【第318回】 2009年5月19日 著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

「日本はいったい、何島返してほしいのだろう」──。意外にも、ロシアトップの本音は、こんな素朴なものなのかもしれない。

 5月11日、ロシアのプーチン首相が3年半ぶりに来日した。今回の日露トップ会談に関しては、「総選挙を控えて北方領土返還という隠し球が出るのでは?」という推測も流れたが、またも期待は裏切られたようだ。

 ロシア側からすれば、日本政府の考えていることがサッパリ理解できない。この4月、麻生首相の外交ブレーンである谷内正太郎政府代表は、「3.5島(返還)でもいいのではないか」と発言した。一方で「4島一括返還」に固執する勢力も強い。政府内で意見が分裂しているのだ。

 小泉純一郎首相の時代、1956年の日ソ共同宣言に基づく「2島先行返還論」と「4島一括返還論」の争いが続いていたが、ロシア側から見れば、いまだに日本の意図が読めない。

 領土問題とは基本的に「法的問題」。日本は「北方領土は(国際法的に)日本固有の領土だ」と主張している。返還を迫るなら、当然そのことを法的に証明しなければならない。そもそも4島、2島、3.5島と(固有の領土に関する)主張がバラバラなのは法的につじつまの合わない話であり、ロシア側も対応しようがない。

 日本政府が本気で北方領土返還を目指すなら、最低限2つのことをする必要がある。1つ目は、政府内の意見を一本化し、主張に一貫性を持たせること。2つ目は、一本化された主張に関する法的根拠を明確にすること。この2つがなされない限り、「領土返還交渉」は、「始まっていない」も同然である。

 日本側は、ロシアにはぐらかされ続けているように感じるかもしれないが、じつは日本側の主張のちぐはぐさこそが、問題を複雑にしている。

(国際関係アナリスト・北野幸伯)
http://diamond.jp/articles/-/7596



テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

泳げない韓国人?【外信コラム】 ソウルからヨボセヨ 

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国人が泳げないとは驚いた。

 韓国人が自転車にも乗らないのにも驚いた。

 そして、その全てが中国から伝授された「儒教」が根本原理である。

 これこそが、中国4千年の歴史による「中国の呪い」ではないだろうか?

 そう言えば、朝鮮半島の朝鮮・韓国人が、日本を朝鮮半島よりも下だと思い込みたい根本的な理由の拠り所も、「中華思想」によるものであるから、有史以来中国の属国である韓国は、「中国の呪い」「中国の軛(くびき)」から逃れられないのだろう。

 韓国人が狂った「反日」に走るのも根底には、「中華思想」という「中国の呪い」「中国の軛(くびき)」があるからだろう。

 日本は、有史以来中国の属国である韓国とは全く異なり馬鹿げた「中華思想」を否定したので、「中国の呪い」には引っかからなかった。 日本とは違い「中国の呪い」「中国の軛(くびき)」から逃れられない「小中華」の韓国は、何と哀れだろうか・・・同情を禁じ得ない。


【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ 泳げない韓国人?
2014.5.24 03:02 [外信コラム]

 1970年代に韓国に語学留学したとき、大学の構内で女子大生が自転車に乗る練習をしているのを目撃し「大学生にもなって自転車に乗れないとは…」と驚いたことがある。韓国では自転車というと荷車の扱いで、女性が乗るなどというのは、はしたないことだった。

 今でもスポーツ用は人気があっても、家庭の主婦はママチャリで買い物なんてやらない。団地には立派な駐車場はあるが自転車置き場などというのはまれだ。

 もう一つ、韓国人には意外に泳げない人が多い。海水浴でも泳いでいる人は少ない。なぜ泳げないかというと、日本のように学校で教えないからだ。だから韓国の学校にはほとんどプールがない。

 泳ぐというのは裸になることだが、こういうのは動物的であって人間のやることではないという伝統的な儒教的人間観が影響しているのではないかと思う。もちろん今やスポーツとしてやっている人は多いが。

 今回の旅客船沈没事故で非難集中の海洋警察(日本の海上保安庁に相当)に対しては、大統領命令で“解体”という厳罰が下されたが、この海洋警察にも泳げない職員が結構いたというウソみたいな話が出ている。水泳訓練もしていなかったのだろうか。職業上、基礎中の基礎のはずだが。(黒田勝弘)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140524/kor14052403020003-n1.htm



テーマ : 日本と韓国
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001