不正融資の韓国KB国民銀行東京支店、4000億ウォン規模に=韓国

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 KB国民銀行東京支店の不正融資、4000億ウォン規模に=韓国!

 「無法国家」韓国は大丈夫か?




KB国民銀行東京支店の不正融資、4000億ウォン規模に=韓国
2013年12月30日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment3 sharemixi

KB国民銀行東京支店の不正融資事件の規模が4000億ウォン(約400億円)に達することが検察の捜査の結果で明らかになった。これに先立ち金融監督院の調査過程で確認した不正融資額1800億ウォンの2倍を超える規模だ国民銀行は先月、不正融資で発生した不良債権を売却する過程で540億ウォンの損失を出しており、被害額はさらに増える見通しだ。

ソウル中央地検は29日、企業から金品を受け取り100回余りにわたり総額4000億ウォンを不正に融資した容疑(特別経済犯罪加重処罰法上の背任など)で前国民銀行東京支店長と副支店長を起訴したと明らかにした。

検察の捜査の結果、前支店長らは2010~2011年に互いに示し合わせて現地企業に不正な融資を行った。企業の担保価値を水増ししたり、同じ建物を担保に重複して融資する手法を使った。検察関係者は、「前支店長らは融資額が一定規模を超える場合には本社の審議を経るよう定めた内部規定を回避するため、返済能力がない企業従業員や韓国人留学生ら30~40人の名義に分散して融資した」と話した。

検察は前支店長に不正融資の代価として9000万ウォンを渡した容疑で企業代表を不拘束起訴した。企業代表の要請を受け16億ウォン相当の円を韓国に持ち込もうとした容疑(外国為替取引法違反)で従業員も不拘束起訴した。従業員が持ち込んだ資金の一部は前支店長らに流れていたことがわかった。検察はこの資金の流れを追跡している。

検察は前支店長が韓国に流入した秘密資金を商品券に替えてロビー活動を行ったという疑惑も調査した。しかし百貨店で売り場を運営する前支店長の弟が手数料支払いを抑える目的で商品券を大量に購入し使ったことが確認され、秘密資金やロビー疑惑とは関係がないと結論を下した。検察関係者は「前支店長らが追加で企業から受け取った金はないか、秘密資金を作ったのかどうかなどに対し捜査する」と話している。


続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
中央日報・日本語電子版の記事へ




左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

韓国の虚偽明らかに【銃弾要請】 国防省幹部「緊急性高かった」 

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国の虚偽明らかになった。相変わらず韓国は骨の髄まで腐っていると実感させられてしまう残念なできごとだ。

 韓国人は日本に対しては、「反日無罪」の思想からなのか、日本を絡めたことであればどんな嘘を吐いても問題ないと思っているようだ。

 韓国人のこのようなあきれた捏造行為が暴露されるとアジア人として悲しくなると共に、韓国人と日本人とは全く異なる人種であることが分かる。

 韓国とかかわっても日本と日本人には実害しかないとしか思えないできごとであった。

 相変わらず捏造と嘘を続ける韓国と韓国政府関係者には、「恥を知れ!」と言いたい。ナポレオンは「我輩の辞書には不可能という文字はない」と言ったそうだが、多分、韓国語の辞書には「恥じ」という単語が存在しないのだろう。

 このまま日韓関係が好転せずにいることが日本にとって一番幸せなのではないだろうか。


【銃弾要請】
国防省幹部「緊急性高かった」 韓国の虚偽明らかに

2013.12.30 14:01 [韓国]

 【ソウル=加藤達也】韓国国防省は30日、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍による銃弾1万発の提供要請について、「状況があまりにも緊迫している」と判断した派遣部隊長が、韓国国防省や合同参謀本部などへの報告の前に、直接自衛隊派遣部隊に要請していたことを明らかにした。国会外交統一委員会で国防省幹部が野党側の質問に答えた。

 韓国政府はこれまで(1)予備を確保するため一時的に借りた(2)国連を通じて要請した-として「緊急性」はなかったなどと主張。「韓国軍から直接、要請があり緊急性も高かった」とする日本側の説明と食い違っていたが、答弁によって韓国側の説明が虚偽だったことが明らかになった。

 韓国では銃弾提供要請について、軍の不十分な装備に対するの批判が高まることが想定されていたが、こうした批判をかわす狙いから虚偽の説明をした可能性がある。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131230/kor13123014060004-n1.htm



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

中国、反日カード出尽くし? 連日批判もデモなし 国内安定優先【首相靖国参拝】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日本は対中国戦略として、中国包囲網構築のためにロシア内部へのロビー活動に力を入れるべきだ。

 そして、アメリカ国内へのロビー活動にかなりの力を入れるべきなことは言うまでもない。

 また、中国が力を入れだしている沖縄県内でのロビー活動に対して、日本政府も力を入れるべきではないだろうか?



【首相靖国参拝】中国、反日カード出尽くし? 連日批判もデモなし 国内安定優先
2013.12.29 22:14[政変・反政府デモ]

北京の日本大使館に物を投げ入れ、警備関係者に排除される男性(右)。安倍首相の靖国神社参拝に対する抗議行動とみられる=27日(共同)

 【北京=矢板明夫】安倍晋三首相の靖国神社参拝について、中国の政府要人は連日のように厳しい批判談話を発表し、日本に対する強い姿勢を示している。しかし、具体的な報復措置は発表されておらず、各地の活動家が公安当局に申請した反日デモはすべて却下されたという。共産党関係者は「前最高指導部メンバーの汚職疑惑を抱えている習近平指導部はいま、国内の安定を最優先にしている。対日カードもそのほとんどを使ってしまっており、有効な手段が取れずに困っている」と理由を指摘している。

 安倍首相の参拝を受けて、中国政府高官は次々と日本批判を展開した。「日本側は引き起こされる結果を引き受けなければならない」(羅照輝・外務省アジア局長)、「日本が引き続き対立を激化させるなら中国も最後まで相手をする」(王毅外相)、「安倍首相は自らの過ちを正さなければ歴史の失敗者になる」(楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員)。いずれの発言も対抗措置を強く示唆するものといえる。

 北京の日中関係者の間では、安倍首相が参拝した26日中にも、程永華駐日大使の召還を含め、経済制裁が発表されるといった観測が浮上した。しかし、29日夕の段階で具体的な制裁措置などは実施されていない。

 中国外務省関係者は「駐日大使を一時帰国させる案があったが、一度帰国させると、日本に戻すタイミングがなかなか見当たらないため、慎重論が強い」と話す。また、2010年秋の尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で発生した中国漁船衝突事件を受けて、中国はレアアースの対日輸出を減らすなど経済制裁を実施したが、結果として中国側が受けたダメージの方が大きく、今回は経済制裁を実施しない可能性が高いという。

 さらに、首脳会談や閣僚級交流は、尖閣諸島が国有化された昨年9月以降、すでに停止している状態で、これ以上の措置は取れないという。

 尖閣国有化の際は中国全土で反日デモが展開され、日本への「圧力」となった。しかし、周永康前政治局常務委員の汚職疑惑への捜査が大詰めを迎えている現在は、党内の権力闘争が激化している。周永康氏の支持者が反日デモを利用して反発する可能性もあり、「党指導部はこの時期の反日デモには否定的だ」(共産党筋)という。

 中国共産党の機関紙、人民日報傘下の環球時報は、日本への対抗措置として安倍首相らを「中国で歓迎を受けない人物」のブラックリストに入れ、5年間入国禁止にするなどの措置を取るよう提案する社説を掲載した。党指導部内に存在する意見の一部との見方もあるが、外務省関係者の間では「自分で手足を縛るようなものだ」と反対論が強い。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131229/chn13122922200008-n1.htm




テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

ケネディ駐日大使はぜひ、靖国神社にお参りいただきたい、心ある日本人が「嫌米」にならぬよう

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ケネディ駐日大使はぜひ、靖国神社にお参りいただきたい、心ある日本人が「嫌米」にならぬよう



【産経抄】
12月28日

2013.12.28 03:07 (2/2ページ)[産経抄]

 ▼第一は、首相が公約を守ったという事実だ。アベノミクスがうまくいっているのに中韓と波風を立てる必要はない、としたり顔でいう識者は、約束を守らない政治家を見過ぎたのだろう。政治家が自らの発言に責任を持ち、実行に移すのは当たり前の姿であり、「政治力」アップは間違いなく国益に資する。

 ▼米国務省が「失望した」と、表明してくれたのも国益に大いに役立った。日米同盟が永久不変なものではなく、歴史認識ひとつとっても日本が逐一、主張しなければ、中韓のプロパガンダ(宣伝)工作にしてやられかねないことを教えてくれた。

 ▼米国はかけがえのない同盟国ではあるが、国のために命をささげた先人への感謝は譲れぬ一線である。心ある日本人が「嫌米」にならぬようケネディ駐日大使はぜひ、靖国神社にお参りいただきたい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131228/plc13122803080003-n2.htm




テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

中国、市議ほぼ全員が収賄 512人辞職 湖南省衡陽

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 市の人民代表527人の内、今回辞職した512人と既に辞職している6人を含めると全部で518人も辞職している。

 527人中518人である。こんな酷い政治家達に国民が従うだろうか?

 中国共産党の一党独裁も崩壊への道をまっしぐらに突き進んでいるのではないだろうか?




中国、市議ほぼ全員が収賄 512人辞職 湖南省衡陽
2013.12.28 23:09 [中国]

 中国国営の新華社通信によると、湖南省衡陽市の人民代表大会(市議会)常務委員会は28日、昨年末から今年初めに同代表大会で開催された湖南省の人民代表(省議会議員)選挙で汚職行為があったとして、金品を受け取った衡陽市の人民代表(市議会議員)512人の辞職を承認した。

 選挙に参加した衡陽市の人民代表は527人で、既に辞職している6人を含め、大多数が賄賂を受け取っていた。汚職に関わる金額は1億1000万元(約19億円)に上るとしており、腐敗問題の深刻化が指摘される中国でも大規模。

 新華社が配信した29日発行予定の共産党機関紙、人民日報の評論は事件を「深刻で悪質」と指摘、習近平指導部が事態を重視していることを示した。

 選挙は、候補者数が当選者の定数を上回り、一定の競争が生まれる「差額選挙」で行われた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131228/chn13122823090006-n1.htm




テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

香港独立派が軍施設侵入 返還後初 元日には反中デモ

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 香港で中国からの独立運動が本格的に始動する予兆。

 これは中国共産党一党独裁崩壊への序章だろうか?

 中国は日本へ戦争を仕掛けている余裕はなくなるのではないだろうか?

 中国人民の不満が中国共産党へ向けられるのを逸らすために超反日を続けているが、そんなことをしても中国人民の中国共産党への不満は止められないのではないだろうか?

 中国共産党が独裁政権を諦めない限り、もうもたないのではないだろうか?

 逆に言えば、香港や中国内部に存在する反中国共産党勢力を世界が応援すれば、中国共産党を倒す革命を中国で起こすことは可能のように思える。

 アメリカのCIAやどこかの国の勢力が大金を注込んで応援すれば実現可能ではないだろうか?



香港独立派が軍施設侵入 返還後初 元日には反中デモ
2013.12.28 21:01[アジア・オセアニア]

 【北京=矢板明夫】28日付の中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報などによると、香港独立を主張する6人の活動家が26日、中国人民解放軍駐香港部隊の本部に侵入し、「解放軍は香港から出ていけ」「香港はわれわれの国だ」などと抗議した。数分後、兵士らが強制排除したが、1997年の香港返還以降、抗議者の軍施設侵入は初めて。近年、香港独立勢力の抗議活動が多発しており、中国当局は神経をとがらせている。

 解放軍の施設に入ったのは「香港人優先」と名乗る反中団体のメンバーで、歩哨の制止を振り切って侵入した。リーダー格の招顕聡氏は事件後、地元メディアに「射殺される覚悟で軍の施設に入った」と語った。その上で「今回は一連の抗議行動の始まりにすぎない。元日に『反赤化反植民』と題する大規模な反中デモを計画している」と明らかにした。すでに300人以上がインターネットで参加を申し込んだという。

 香港人優先に加え、近年「我是香港人連線」(私は香港人連合)などの独立を目指す団体が香港メディアに登場する。中国からの独立と旧宗主国の英連邦加盟などを主張。いずれも香港返還の直後ではなく、ここ数年に設立されたもので、労働者や若者の間で影響力を拡大している。背景には香港で高まっている嫌中感情があると指摘される。

 近年、中国本土から香港に移民が大量に流入したため、物価の高騰、学校、病院などの不足などで、地元住民の生活に影響が出ている。また、香港での雇用機会も新移民に奪われている。加えて、中国当局が小中学校などで展開した愛国主義教育への批判も根強くあり、多くの香港の住民が「洗脳教育だ」として中止を求めている。

 香港独立を主張する団体の中には、中国に対抗するため、台湾独立を目指す台湾の団体との連携を深めているところもある。高度な自治が認められている香港では、逮捕や弾圧などの強硬手段が難しいことから、中国当局は今のところ、官製メディアを通じて団体を批判する対応を取っている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131228/chn13122821020005-n1.htm




テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

韓国では悪い人は死んでも悪い…認識相違

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国は『恨みの文化』で『恨の精神』が根本にあるが、日本は過ぎ去ったことは『水に流す』精神だ。

 この辺が韓国と日本が根本的に異なるところの一つだ。

 韓国は日本のことを全てにおいてケチを付けてくる非常識な国だが、韓国人がそのことを全く理解できていない。それに加えて、「反日無罪」原理から日本には何を言っても何をしても良いと勘違いしている。

 このような国際常識から大きく外れた韓国とは、例え隣国であっても正常な付き合いをしていくことは不可能だということをいい加減に日本人は理解すべきだ。

 「超」反日国家である韓国及び中国とは理解できないのだ。もしかすると中国とは将来上手くやっていけるかも知れないが、それには条件がある。その条件とは反日政策を放棄したときだ。

 しかし、韓国人のような感情的な反日の国とは、隣国と言えども付き合いを限りなく無くしていくことが両国民にとって幸せだと思うのである。


韓国では悪い人は死んでも悪い…認識相違

東京・新大久保のコリアンタウンでも、安倍晋三首相(59)の靖国参拝の影響が広がった。来年3月の「新大久保ドラマ&映画祭2014」の広報大使就任発表会見が27日、同地で行われ、李承珉(イ・スンミン)代表委員長(47)が登壇。日韓では死者に対する認識に違いがあると主張。「韓国で今年公開された映画『観相』では、埋葬された死者を掘り出して、首を切るシーンがある。悪い人は死後も悪いというのが、韓国の考え方」。日本では戦犯が亡くなると英霊と呼ばれるという見方を示した。

 [2013年12月28日9時52分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20131228-1236948.html



テーマ : 日本と韓国
ジャンル : 政治・経済

【祝安倍首相の靖国神社参拝】 信念の政治家に胸のつかえが下りた(12月27日)【浪速風】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

安倍首相、万歳!

 アメリカ及び「ならず者国家」中国と有史以来その属国である韓国ばかりに気を使い過ぎる政治家ばかりの中で、
安倍さんはやってくれました!

 今後、「ならず者国家」中国と有史以来中国の属国である韓国からの執拗な嫌がらせの風が日本に向かって来ると思いますが、国民皆で安倍さんを応援していきましょう!

 アメリカ人に知り合いのいる方は、日本が軍国主義に走っていないことを説明していってください。



【浪速風】
信念の政治家に胸のつかえが下りた(12月27日)

2013.12.27 14:15 [【浪速風】]

 駆け込みで今年の10大ニュースにぜひ加えたい。安倍首相の靖国神社参拝と、沖縄県の仲井真知事の辺野古埋め立て承認である。どちらも政治家としてリスクがあるが、よくぞ決断してくれたと評価する。胸のつかえが下りて、仲井真知事の言葉を借りれば「いい正月になる」。

 ▼対比して、あの人を取り上げないわけにはいかない。「最低でも県外」と言い出して、米軍普天間飛行場の移設問題を迷走させた鳩山由紀夫元首相である。日米両政府で合意していたのに、無責任な“ちゃぶ台返し”で、以来、地元は「県外移設」以外に耳を貸さなくなる。もつれた糸をほぐすのに4年を費やした。

 ▼埋め立て承認は手続きの一歩にすぎないが、大きな前進である。4月に亡くなったサッチャー元英首相の言葉で今年を締めくくりたい。「私はコンセンサス(合意)にもとづく政治家でもなければ、プラグマティック(実利的)な政治家でもありません。私は信念にもとづく政治家です」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131227/wlf13122714160011-n1.htm



テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

【祝】首相靖国参拝 国民との約束果たした 平和の維持に必要な行為だ【主張】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【主張】首相靖国参拝 国民との約束果たした 平和の維持に必要な行為だ
2013.12.27 03:10 [主張]

 安倍晋三首相が靖国神社に参拝した。多くの国民がこの日を待ち望んでいた。首相が国民を代表し国のために戦死した人の霊に哀悼の意をささげることは、国家の指導者としての責務である。安倍氏がその責務を果たしたことは当然とはいえ、率直に評価したい。

 ≪慰霊は指導者の責務≫

 参拝後、首相は「政権が発足して1年の安倍政権の歩みを報告し、二度と戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするためにこの日を選んだ」と述べた。時宜にかなった判断である。

 安倍氏は昨年の自民党総裁選や衆院選などで、第1次安倍政権で靖国神社に参拝できなかったことを「痛恨の極みだ」と繰り返し語っていた。遺族をはじめ国民との約束を果たしたといえる。

 靖国神社には、幕末以降の戦死者ら246万余柱の霊がまつられている。国や故郷、家族を守るために尊い命を犠牲にした人たちだ。首相がその靖国神社に参拝することは、国を守る観点からも必要不可欠な行為である。

 中国は軍事力を背景に、日本領土である尖閣諸島周辺での領海侵犯に加え、尖閣上空を含む空域に一方的な防空識別圏を設定した。北朝鮮の核、ミサイルの脅威も増している。

 今後、国土・国民の防衛や海外の国連平和維持活動(PKO)などを考えると、指導者の責務を果たす首相の参拝は自衛官にとっても強い心の支えになるはずだ。

 安倍首相が靖国神社の本殿以外に鎮霊社を参拝したことも意義深い行為だ。鎮霊社には、広島、長崎の原爆や東京大空襲などで死んだ軍人・軍属以外の一般国民の戦没者や、外国の戦没者らの霊もまつられている。

 これからの日本が一国だけの平和ではなく、世界の平和にも積極的に貢献していきたいという首相の思いがうかがえた。

 安倍首相の靖国参拝に対し、中国外務省は「強烈な抗議と厳しい非難」を表明した。韓国政府も「嘆かわしく怒りを禁じ得ない」との声明を発表した。

 いわれなき非難だ。中韓は内政干渉を慎み、首相の靖国参拝を外交カードに使うべきではない。

 在日米大使館も「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米国政府は失望している」と、日本と中韓両国との関係を懸念した。

 繰り返すまでもないが、戦死者の霊が靖国神社や地方の護国神社にまつられ、その霊に祈りをささげるのは、日本の伝統文化であり、心のあり方である。

 安倍首相は過去に靖国参拝した吉田茂、大平正芳、中曽根康弘、小泉純一郎ら各首相の名前を挙げ、「すべての靖国に参拝した首相は中国、韓国との友好関係を築いていきたいと願っていた。そのことも含めて説明する機会があればありがたい」と話した。

 両国は、これを機に首脳同士の対話へ窓を開くべきだ。

 以前は、靖国神社の春秋の例大祭や8月15日の終戦の日に、首相が閣僚を率いて靖国参拝することは普通の光景だった。

 ≪日本文化に干渉するな≫

 中国が干渉するようになったのは、中曽根首相が公式参拝した昭和60年8月15日以降だ。中曽根氏は翌年から参拝をとりやめ、その後の多くの首相が中韓への過度の配慮から靖国参拝を見送る中、小泉首相は平成13年から18年まで、年1回の靖国参拝を続けた。

 安倍首相は来年以降も参拝を続け、「普通の光景」を、一日も早く取り戻してほしい。

 また、安全保障や教育再生、歴史認識などの問題でも、自信をもって着実に安倍カラーを打ち出していくことを求めたい。

 第2次安倍政権は発足後1年間で、国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法や特定秘密保護法など、国の安全保障のための重要な法律を成立させた。

 しかし、集団的自衛権の行使容認などの懸案は先送りされた。憲法改正の発議要件を緩和する96条改正についても、反対論により「慎重にやっていかないといけない」と後退してしまった。

 これらは首相が掲げる「戦後レジーム」見直しの核心であり、日本が「自立した強い国家」となるための基本である。首相自身が正面から、懸案解決の重要性を国民に説明し、決断することが宿題を片付けることにつながる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122703100003-n1.htm



テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

安倍首相は今後も堂々と参拝重ねよ 【正論】 国学院大学名誉教授・大原康男

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 大原康男・国学院大学名誉教授の意見は素晴らしいし、正しいと思うのである。大原康男教授のような方がもっとテレビの討論番組に出られて日本国民にその意見を訴えて欲しい。

 しかしながら、日本の置かれた状況を考えると、今回の安倍首相の靖国参拝は兎も角として、次回の参拝についてはどうすべきだろうか?

 勿論、個人的には毎年どころか毎月にでも靖国参拝を繰返してもらって、中国が安倍首相の靖国参拝を敵視できないようにしてもらいたい。

 しかし、現在、日中は戦争の入り口にいるような状況を踏まえて、アメリカのどっちつかずの対応を考えると再考させられる。
この戦争が眼の前にある状況を考えると、日本の国益を第一優先とすべきではないだろうか?

 日本の国益を第一に優先するとなると、ここは国際社会の世論及び多くの国々をできるだけ多く日本の味方につける中国包囲網構築の努力に集中すべきではないだろうか?

 日本はもっとロビー活動を強めて、中国包囲網を構築と共に、中国崩壊のための援助を行うべきかも知れない。

 追加として、韓国の『ディスカウントジャパン運動』(国際社会における日本の地位を失墜させることを目的)は放置しておけないので、ここにも民間一体だけでなく、それぞれでも当るべきである。勿論、慰安婦像を全米各地に建立するのも『ディスカウントジャパン運動』の一つに含まれる。


●【正論】東洋学園大学教授・櫻田淳 「対韓温情」姿勢を変えるときだ
2012.8.27 03:12 [韓国]





【正論】首相は今後も堂々と参拝重ねよ 国学院大学名誉教授・大原康男
2013.12.27 03:09[正論]

 ≪政権発足後1年の“壮挙”≫

 正月まで1週間足らずというところで、驚きのニュースが飛び込んできた。安倍晋三首相が靖国神社に参拝したのである。平成18年8月に小泉純一郎首相が参拝して以来、実に7年ぶりであり、第2次安倍政権の発足からちょうど1年という節目である。

 つらつら思い起こせば、平成8年7月の橋本龍太郎首相の例外的参拝を除いて18年間も途絶えていた首相の靖国神社参拝の再開を、小泉首相は目指し、その意を体して再開への道筋を苦労して整えたのが当時、官房副長官の安倍氏だった。そして、小泉氏の後継者となりながら、参拝を中断してしまったことを「痛恨の極み」と嘆いた安倍首相である。第1次政権からの懸案をようやく果たしたことで安倍氏が味わっている安堵(あんど)感もひとしおではないか。

 安倍首相は、今年の春季例大祭には靖国神社に真榊(まさかき)を奉納し、終戦の日の8月15日には、萩生田光一・自民党総裁特別補佐を名代として参拝させて玉串料を奉納するなど着々と参拝への布石を打ってきたにもかかわらず、多くの期待が寄せられた秋季例大祭では、参拝を見送って再び真榊を奉納するにとどまっている。それだけに、年末ぎりぎりになっての参拝には確かに多少の違和感を覚える向きもあるかもしれない。

 しかし、真榊や玉串料の奉納程度のことに対しても、中韓両国からはお定まりの批判が寄せられてきた。しかも、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟交渉や特定秘密保護法の制定といった難題を背負ったりこなしたりして、あれほど高かった内閣支持率が低下しつつある中での参拝である。秋の例大祭直前の本欄(10月11日付)でも、首相の参拝を求める一文を草していた筆者としては、遅ればせながらとはいえ、今回の参拝を“壮挙”として評価することにやぶさかではない。

 ところで、第2次安倍政権を、発足以来一貫して「極右政権」と罵倒してきた近隣2カ国のうち、韓国では朴槿恵大統領の非礼・不見識な反日言動にようやく批判的な声が出始めているという。そうした空気の変化を反映してか、有力紙の1つ、朝鮮日報の日本語版(12月8日付)には次のような注目すべき一節がある。

 ≪中韓はアジアの「仲間外れ」≫

 〈韓国・中国と同じく第二次大戦で日本の侵略を受け、かつ現在進行形の「従軍慰安婦」問題を抱え「反・集団的自衛権戦線」に加わって当然のフィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジア諸国が集団的自衛権を言い換えた「積極的平和主義」を支持しているのは、ショッキングだ
これらの国々すら日本の肩を持っていることから、集団的自衛権の問題で韓国と中国はアジアの「仲間外れ」になった〉

 中国はともかく、韓国が「第二次世界大戦で日本の侵略を受け」たというのは、お得意の歴史の歪曲(わいきょく)といわねばなるまいが、何よりも興味深いのは、戦後に靖国神社に参拝した外国人の中に、フィリピンをはじめ4カ国の人々がそろって入っていることである。

 このほかにも、インド、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、さらにはイラン、トルコなど中東諸国からの参拝者もいる。靖国神社参拝の問題でも、「韓国と中国はアジアの『仲間外れ』になっ」ているのだ(ちなみに外国人による靖国神社参拝の歴史で記録上、最も古いのは、明治20年9月のタイ国王の弟、デヴァウォングセ外相の参拝であるという)。

 ≪「A級戦犯」合祀批判に反論≫

 周知のように、今日、首相や閣僚らによる靖国神社参拝の最大の障害になっているのは、憲法の政教分離問題(最高裁判決で決着ずみ)ではなく、いわゆる「A級戦犯」合祀(ごうし)問題である。これに対する中国の言い分については繰り返し反駁(はんばく)してきたので、これ以上は触れないが、韓国の主張に関しては少し補足しておく。

 韓国が「A級戦犯」合祀を材料に靖国参拝に反対しだしたのは、中国がこの問題を取り上げた昭和60年の中曽根康弘首相の参拝からかなり時間がたってのことだ。そのころだったと思うが、韓国のテレビ局から、この点でコメントを求められたときに、次のように答えたと記憶している。

 「先の大戦で韓国の人々は私たち日本人とともに、後に東京裁判を設ける連合国と戦ったのではないですか。戦時下の朝鮮総督であった小磯国昭元首相はともかく、『A級戦犯』合祀を一括(くく)りに批判するのは納得できませんが…」

 これには一言も返ってこなかった。
ささやかな反論だが、政治家の方々は、靖国参拝についてその都度、それ以上にきちんと対応すべきであろう。かつて王毅駐日中国大使にこの点を糺(ただ)されて、安倍氏が、元「A級戦犯」の重光葵外相が復権し国連総会で演説した事実を紹介したところ、大使は絶句してしまったと聞く。

 「痛恨の極み」を晴らした首相に切に望む。どうか今回の参拝を貴重な出発点に今後も堂々と参拝を重ねられんことを。(おおはら やすお)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122703090002-n1.htm



テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

祝【首相靖国参拝】 「総理大臣が参拝してくれましたよ」 遺影に報告する戦没者遺族たち

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 戦没者遺族達の心情を考慮して英断されたであろう安倍晋三首相に敬意を払いたい。

 日本人は安倍首相の勇気に尊敬の念を払い、安倍首相を今後も支えていくべきだ。




【首相靖国参拝】
「総理大臣が参拝してくれましたよ」 遺影に報告する戦没者遺族たち

2013.12.26 22:27[安倍首相]

参拝のため靖国神社の本殿に向かう安倍首相(2列目中央)=26日午前11時43分、東京・九段北


 安倍晋三首相が26日、東京・九段北の靖国神社を参拝した年の瀬を迎え、冷たい霧雨も混じるあいにくの天気。「よく来てくれた」「外国への配慮が足りない」。境内では、さまざまな意見や思いが交錯するなか、公約を堅持した首相は静かに玉石を踏みしめた。

 「涙が出るほど、うれしかった」。先の大戦で前夫と兄を失った東京都練馬区の片渕妙子さん(88)は安倍首相の靖国神社参拝実現を心から喜んだ。

 前夫の中村輝美さん=当時(23)=と、兄の尾田泰一さん=同(21)=が犠牲となった。中村さんは海軍の飛行機で沖縄戦を偵察中に爆撃で、尾田さんはビルマ(現ミャンマー)で戦死。いずれも終戦を迎える昭和20年だった。

 2人は靖国神社に祀(まつ)られている。「そこに魂があるから」と片渕さんは終戦の昭和20年から毎年、初詣と春、秋の例大祭、終戦記念日、中村さんの命日の5月31日に欠かさず参拝している。

 国のために犠牲となった戦没者が祀られている靖国神社に、大半の首相が参拝しないのが不思議でしようがなかった。安倍首相が参拝する様子を自宅のテレビで見守った後、片渕さんは「総理大臣が参拝してくれましたよ」と、2人の遺影に報告した。

 「やっと実現しました。(安倍首相は)勇気を出してくださったのでしょう。これで心のつかえがとれました」。片渕さんはほっとした様子で話した。

 多くの戦没者遺族が首相の参拝を心待ちにしていた。パラオ諸島で父の佐渡山安誠(あんせい)さん=当時(39)=を失った沖縄県うるま市の平川信子さん(74)もその一人。「国のために命を落とした人が祀られている場所に、首相が参拝するのは当然」と話す。

 「留守番をお願いね」。父はそう言い残して戦地に向かい、帰らぬ人となった。当時のことを思い出すと、平川さんは今も涙が止まらないという。

 毎年6月の沖縄戦の慰霊の日には行進に参加してきた。県内に残る遺骨を拾い、戦没者の供養を続ける。安倍首相参拝のニュースは外出先から戻った自宅で聞いた。

 首相の靖国参拝問題が起こるたび、中国や韓国からは批判がわき起こるが、「首相が参拝することで、国民に平和の尊さを訴えることができる。そうした意味で、今回の参拝は意義がある」。平川さんはそう平和への思いを新たにした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122622320034-n1.htm



テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

祝【首相靖国参拝】 首相の参拝報告フェイスブックに「いいね!」3万超

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 安倍晋三首相が終に靖国参拝を決行!

 安倍さん最高です!

 米国も含めて「ならず者国家」中国と有史以来その属国である韓国などが騒ぎ立てるのは内政干渉です!

 米国が反対するのはあくまでも米国の自国の利益だけを考えてのことです。

 毎々優等生の日本が偶には米国に「NO!」を突付けたっていいじゃないですか!

 兎に角、安倍さん、最高です!

 今後は、米国にも配慮しながら、中韓と交渉をしたい素振りを見せつつ、できるだけ中間と距離をとってください。

 「ならず者国家」中国及びその属国である韓国と日本が付き合わないことこそが、日本にとって幸せなのです。



【首相靖国参拝】
首相の参拝報告フェイスブックに「いいね!」3万超

2013.12.26 21:42 [安倍首相]

安倍晋三首相の靖国神社参拝を放送するテレビを見る買い物客=26日午後、東京都豊島区の家電量販店(鴨川一也撮影)

 安倍晋三首相が26日に靖国神社を参拝した後、自身のフェイスブック(FB)で参拝の「報告」を行ったところ、賛同を意味する「いいね!」の数が4時間あまりで3万件を超えた。首相のFBでの書き込みに対する「いいね!」は最近、多くても1万5000件程度だっただけに、靖国参拝は短時間で異例の高い支持を集めた。

 首相は昼前に参拝した後の午後2時ごろ、FBに写真入りで参拝について「御霊安らかなれとご冥福をお祈り致しました」と報告した。「いいね!」の数は直後から増え続け、約1時間後に1万件を突破。午後7時前に3万件を超えた。

 首相のFBはもともと人気が高いが、「いいね!」が2万件を超えることは珍しい。コメントの数も2000件を突破し、「よくぞ参拝してくれました」「ありがとうございます」といった肯定的な意見が目立った。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122621440029-n1.htm



テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

「何もしないと認めたことになる」地方議員団、慰安婦像に抗議の渡米 来月、賛同224人 全国に拡大

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

「地方議員の会」の賛同者は10月には100人余りだったが、同会の呼びかけなどにより2カ月で倍増した。所属議会も北海道から九州まで広範囲に及ぶらしいので、日本人の有権者がその選挙区の地方議員がこの慰安婦像に抗議を示すように強く求めるべきだ。

 この時代に韓国側の主張を国際的に認めてしまうと未来の日本人達が未来永劫肩身の狭い思いをすることになるかもしれないのだから、日本人として地方議員に対して強く賛同を求めるべきだ!

 逆説的に、「超」反日国家・韓国の慰安婦像を撤去する運動に参加しない地方議員は、「売国奴」議員とレッテルを貼るべきだ!


「何もしないと認めたことになる」地方議員団、慰安婦像に抗議の渡米 来月、賛同224人 全国に拡大
2013.12.25 06:37[米国]

 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州グレンデール市に「慰安婦」像が設置された問題で、日本の地方議員団が来年1月に訪米し、グレンデール市側に像設置を抗議することが分かった。議員団が持参する抗議文には、全国の賛同議員224人(24日現在)が名前を連ねており、像設置への反対や批判が日本国内で広がっていることを示す狙いがある。

 訪米するのは、東京都杉並区の松浦芳子区議(65)ら東京、神奈川、千葉などの県議や市区町議(前職も含む)ら約10人で、いずれも「慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会」の所属議員。来年1月14日から17日までロサンゼルスに滞在する。

 韓国系住民らの意向を受けて設置された慰安婦像には『私は日本軍の性奴隷でした』と書かれているが、議員団は「日本軍が強制的に女性を拉致し慰安婦とした事実はないことを説明し、虚偽のプロパガンダのために混乱が生じたことを伝えたい」としている。

 松浦区議「何も発言しないと、日本が『認めた』と解釈されてしまう。次世代の日本人が歪曲(わいきょく)された歴史認識が原因で萎縮してしまうようなことはあってはならない。その危機感から訪米を決めた」と語る。

 議員団はグレンデール市側に、設置を支持した市議らとの面会を求めているが、同市側の対応は未定。面会を拒否された場合でも抗議文を渡す計画だ。抗議文には、先の大戦で米軍に捕らえられた朝鮮半島出身の慰安婦や雇用主の尋問記録など日本軍の強制連行を否定する米国立公文書館所蔵の資料を添付する。

 「地方議員の会」の賛同者は10月には100人余りだったが、同会の呼びかけなどにより2カ月で倍増した。所属議会も北海道から九州まで広範囲に及ぶ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131225/amr13122506370000-n1.htm




テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」
ジャンル : 政治・経済

ロシア外相と渡り合った酒豪ぶりと粘り腰の岸田文雄外相 地球儀外交の一翼担う 【安倍内閣主要閣僚通信簿】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ロシア外相、ラブロフと酒の飲み比べができるとは・・・。岸田外相を見直した。

 ロシア人は酒を大量に飲み交わした後に相手を信用するという噂があるが、その点では岸田外相はロシアとの交渉相手にはうってつけかも知れない。

 酒豪であることは政治家にとっても一つの強みになるようだ。

 日本の隣国で大国であるロシアは対中国包囲網戦略においては最重要国になることを考えれば、今後の岸田外相は日本にとって有益な政治家となる。

 『与えられた仕事を淡々とこなし、発言も慎重にしていれば、いずれ「岸田しかいない」という声に変わると踏む』との話が本当だとすると意外と強かで、将来は日本の首相になる可能性が高いのではないだろうか。

 岸田外相が日本の首相になるためにもロシアとの交渉で大きな成果を上げなければならない。ズバリ、北方領土の四島をロシアから返還させるという大仕事を安倍首相と共に是非実現して欲しい!



【安倍内閣主要閣僚通信簿】
ロシア外相と渡り合った酒豪ぶりと粘り腰 地球儀外交の一翼担う 岸田文雄外相

2013.12.24 09:13[安倍内閣]

 温厚な性格で、首相の安倍晋三が進める積極外交を支えてきた。

 「フミオがモスクワに来たら、連れて行きたい店があるんだ」

 11月1日深夜の外務省飯倉公館(東京都港区)。来日したロシア外相、ラブロフとの夕食会の途中、そう語りかけられた。ラブロフは気むずかしい性格で知られ、夕食会に先立つ外相会談では北方領土問題をめぐって激論を交わしていた。

 夕食会になって「私の地元の日本酒を飲もう」と切り出し、広島の地酒を杯に注いだ。「政界随一の酒豪」といわれるだけに、
いつしか2人は「飲みくらべ」になり、夕食会は3時間近くに及んだ。

 修羅場でも感情的にならない粘り強さが持ち味だ。じっくり相手の話を聞いた後、一つ一つ確かめるように説明、説得する。こうした姿勢は日韓外相会談などでも変わらない。

■  ■  ■

 
 自民党でもリベラル色の濃い派閥・宏池会に所属。昨年10月から会長を務めているが、中国や韓国と妥協を許さない安倍の外交方針に口をはさまない。安倍の周辺からは「外交方針は官邸で決めるので、無色透明の岸田は使いやすい」と皮肉っぽい評価も得ている。

 安倍の「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」の一翼を担い、延べ26カ国・地域を歴訪。11月には閣僚として4年ぶりにイランを訪問し、ザリフ外相に核廃絶を求める欧米との仲介役を買って出た。

 「今年の外交は中韓に毅然(きぜん)と向かう『安倍カラー』と、核問題をライフワークにする『岸田カラー』がうまく融合した」。外務省幹部は、そう指摘する。

 ただ、派内には「党内3大派閥の会長なのに存在感がなさ過ぎる」(中堅)との不満がくすぶる。今後、「ポスト安倍」としての存在感をどう示そうとしているのか-。

 与えられた仕事を淡々とこなし、発言も慎重にしていれば、いずれ「岸田しかいない」という声に変わると踏む。安倍は「岸田が近くにいると実に動きやすい」と周囲に語る。今は「力を蓄える時期」と割り切っているようだ。=敬称略(水内茂幸)

     



 
 昭和32年、広島市生まれ。56歳。平成5年に衆院旧広島1区から出馬し初当選。当選7回。第1次安倍改造内閣に科学技術担当相で初入閣。自民党の伝統派閥・宏池会の第8代会長。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131224/stt13122409210001-n1.htm



テーマ : ロシア・ウクライナ・CIS関連
ジャンル : 日記

【尖閣「宝の海」~海人たちの願い(下)】 中国公船に追い回される海人 対抗策…商標登録でブランド価値高め

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【尖閣「宝の海」~海人たちの願い(下)】
中国公船に追い回される海人 対抗策…商標登録でブランド価値高め

2013.12.24 15:29 [westピックアップ]

 

おおらかな時代もあった

 紺碧(こんぺき)の海に浮かぶ大きな白い円。低く鈍い爆発音が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の海域に響きわたる。尖閣の海で漁をしてきた石垣島の元漁師、上原吉広さん(82)は、半世紀前の光景をよく思い出す。

 「台湾漁船はダイナマイトを使って漁をしていた。あちこちに白い円形の模様が浮かんでいたよ」

 ダイナマイトが爆発する衝撃波で水面に上がってきた魚を一挙に回収するという、おおらかな時代の、原始的な漁法だった。

 尖閣最大の島、魚釣島。アホウドリが多く生息し、台湾の漁師に日本の漁具を分けてあげると、代わりにアホウドリの卵をもらうこともあった。「本当に『宝の海』だった。体が元気だったらまた行きたいよ」

 尖閣諸島の地籍は沖縄県石垣市登野城(とのしろ)。石垣島の登野城漁港は、名前が示すように昔から尖閣諸島と縁が深かった。漁港の漁師小屋で沖縄の伝統的な漁船「サバニ」を作っていた元漁師の狩俣武次さん(55)が振り返る。「昔はサバニに4、5人が乗って、海図を広げて、尖閣まで向かったさ」

 30年以上前、漁に使ったサバニはわずか1・5トン。アカマチ(ハマダイ)、アカジン(スジアラ)など高級魚が次々と取れ、甲板は魚で埋まったという。

 おおらかな時代が暗転する兆しが見え始めたのは昭和43年。尖閣周辺の海底に石油や天然ガスなどの地下資源が眠っている可能性が指摘されたのだ。中国や台湾は46年から尖閣の領有権を主張した。そして昨年9月の尖閣国有化以降、中国公船が頻繁に現れ、領海侵犯を繰り返している。

資源埋蔵の可能性で一変

 尖閣の海で漁をしてきた上原さんの次男、吉高さん(54)は嘆く。「尖閣は自分たちの海だが、漁で行こうとはもう思わない」

 一方、マグロはえ縄漁船の漁師、下地宏政さん(44)は怒りの矛先を、今年4月に締結された尖閣周辺海域での日台漁業取り決めに向ける。「漁師の意見も聞かず、台湾に譲歩したのが許せない。腹が立つ」

 日本としては中台連携にくさびを打ち込んだ形だが、日本の排他的経済水域(EEZ)内で台湾漁船の操業が可能になった。マグロやカツオが豊富な尖閣沖合で最近、台湾漁船の姿ばかりが目立つようになっている。

 日本漁船の仕掛けた網が台湾漁船によって切られるケースもあり、下地さんは「縄と仕掛けを合わせれば300万円。台湾の船は数も多く、日本側が折れるしかない」とため息をつく。

 サバニを作っている狩俣さんも、いまだに許せないことがある。平成22年9月の中国漁船衝突事件だ。

 違法操業をしていた中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突。海保は中国人船長を公務執行妨害容疑で逮捕したが、那覇地検は処分保留で船長を釈放、起訴猶予処分とした。

法律があってないようなもの

 「法律があってないようなもの。尖閣でもう漁はできないとあきらめた」。狩俣さんは怒りを隠せない。

 漁師の砂川忠賜(ただし)さん(38)は今年7月、尖閣周辺の領海内で中国公船に追いかけ回された。

 「何をしてくるか分からないから怖い。海保の巡視船がガードしているのでまだ安心できたが、もう自分たちだけでは行けない」

 領海に自由に行けない理不尽な状況が続く。

 ■ ■ ■ 

 だが、海人たちも手をこまねいているわけではない。尖閣沖で取れた魚を商標登録し、「尖閣ブランド」として全国に売り出そうという試みも中国への対抗策の一つだ。石垣市の中山義隆市長(46)は「尖閣は日本の大きな財産。ブランド価値が高まれば収入も増え、出漁機会が増える。実質的に実効支配を強めることになる」と狙いを語る。

「尖閣ブランド」で全国に売り出す

 石垣市は地元の八重山漁業協同組合に商標登録の出願費用30万円を助成。「尖閣カツオ」など4種類の商標登録を出願し、昨年8月には「尖閣マグロ」の商標登録にこぎつけた。最高級ブランド「大間まぐろ」のように、東京・築地の市場に出回る日も夢ではない。

 一方、八重山漁協の上原亀一(かめいち)組合長(51)は「純然たる漁業で実効支配をする。そのためにも、尖閣までの燃料費を助成してほしい」と訴える。

 海人たちは、尖閣諸島購入と活用のため東京都に集まった寄付金に期待する。計約10万3600件、約14億8520万円。これだけ多くの国民が、「何とか尖閣を守りたい」との思いを込めて、浄財を寄せた。

 海人の願いは一つだ。

 「一日も早く『宝の海』を返してほしい」

 ◇ 

 連載は大竹直樹が担当しました。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131224/waf13122415400018-n1.htm



テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

【尖閣「宝の海」~海人たちの願い(上)】 「我らの漁場を取り戻せ!」 漁業体験ツアーに込められた熱い思い

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 尖閣諸島周辺の「宝の海」で、地元沖縄の海人たちが安全に漁業ができるように「ならず者国家」中国の脅威を取り払うべく、日本はもっと努力をするべきだ。



2013.12.23 13:18更新
【尖閣「宝の海」~海人たちの願い(上)】
「我らの漁場を取り戻せ!」 漁業体験ツアーに込められた熱い思い


〝素性〟入念に確認

 「それでは全員、こちらに集まってください!」

 沖縄本島から南西に約410キロにある石垣島登野城(とのしろ)漁港。11月27日深夜、懐中電灯を手にした海上保安官6人が2隻の漁船に乗り込み、声を張り上げた。

 海上保安庁の立ち入り検査だ。甲板に呼び出されたのは乗組員だけではない。関西など本土から集まった「漁業体験ツアー」の参加者8人も緊張に包まれた。

 「47歳、職業は整備士です。住所は和歌山市…」

 参加者の“素性”が入念に確かめられる。海保が立ち入り検査したのは、漁船の目的地が尖閣諸島(沖縄県石垣市)だったためだ。

 「島は政府の所有で立ち入りが禁じられており、上陸を未然に防ぐ」(海保)というのが理由。海上保安官の一人は「航行目的が漁業活動なのかどうか確かめている」と明かす。

 「日本の海なのに、そもそも島に上陸できないのがおかしい」。漁船の船長、砂川幸徳さん(49)が不満を漏らす背景には、尖閣諸島に伸びる中国の“魔の手”がある。

 「海人(うみんちゅ)」といわれる沖縄の漁師たちは、尖閣周辺の海域を「宝の海」と呼んできた。尖閣周辺では、船が沈みそうになるほど大漁に恵まれたからだという。

 しかし、出港4日前の11月23日、尖閣の上空を含む東シナ海に中国政府が一方的に防空識別圏を設定した。周辺海域では昨年9月の尖閣国有化以降、中国公船の航行が常態化。海保の巡視船が連日警戒を続けている。

 海保は漁船に対し、尖閣の島々から1カイリ(約1・85キロ)以内には近づかないよう求めている。乗組員の上陸を防ぐためだが、好漁場とされる浅瀬で漁さえままならない現状に海人たちは憤っている。

大阪の元中学教師が企画

 今回の漁業体験ツアーを初めて企画したのは、大阪府の公立中学校で10年間、体育教師を務めてきた藤本浩さん(45)だった。

 「熱血教師」として保護者からの信頼も厚かった。だが、休暇で訪れた沖縄の海を見て「自然の中で生きる知恵を子供たちに教えよう」と誓ったという。

 平成12年に教師を辞めた後、「海の知恵を知るには漁師になるのが一番」と、沖縄の海へ“見習い”として漁に繰り出した。18年2月、晴れて「本物の漁師」になり、2カ月後、「海と自然の学校」を石垣市に開校したこれまで修学旅行で漁業体験に参加する高校生などを受け入れてきた。

 海人たちから「宝の海」の存在は何度も聞かされていたが、中国公船が頻繁に姿を現す「危険な海」に、あえて近づこうとする漁師はほとんどいなかった。

 「このままでは、いつしか『幻の海』になってしまう。海人がもっと尖閣に行けるようになるには、どうすればいいのか」

 そんな思いから漁業体験ツアーを企画した。「豊かな自然に囲まれた『宝の海』を伝える」のが狙いだが、もう一つ、重要な意味があった。

 尖閣へは石垣島から約170キロ。浅瀬での漁が自由にできない上、燃料費高騰のあおりで尖閣近海での漁が割に合わないものになっているが、ツアー参加費から漁船の燃料代を捻出できれば、海人がもっと尖閣に行けるようになる-。ツアーが軌道に乗れば、より強固な実効支配につながるとの考えだ。ただ、脳裏には常に不安がよぎる。

 「尖閣に行く海人が減れば、いつしかあの島のようになってしまう…」。竹島(島根県)が韓国に不法占拠された悪夢の再来を恐れるのだ。

しけで航行断念、「必ずまたやる」

 尖閣への出港前に行われた海保の立ち入り検査が終わったのは午後10時45分。いつしか雨が降り始め、風も出てきた。

 漁船は尖閣へと針路を取った。横殴りの雨と波しぶきが船室の窓を打ち付ける中、1本の無線が入った。

 「こちらは巡視船『のばる』。この先は『しけ』。風速20メートルの台風並み!」

 尖閣警備を念頭に23年4月に配備された第11管区海上保安本部(11管、那覇)の高速巡視船「のばる」からだった。船長の砂川さんは航行を断念した。尖閣で最も大きい魚釣島には、地元漁師たちが望んできた避難港はまだ整備されていない。天候悪化やエンジン故障など不測の事態を考えれば、航行は不可能だった。

 港に戻ると、藤本さんは参加者たちに約束した。

 「『宝の海』を知ってもらうツアーはまた必ずやりますから」



 中国による領海侵犯や防空識別圏設定など、不穏な動きに翻弄されている尖閣諸島。「宝の海」で自由な漁業を封じられた海人たちの苦悩や挑戦を追った。

尖閣諸島 魚釣島や大正島、久場島などから成る島嶼(とうしょ)群。日本政府は明治28(1895)年に沖縄県への編入を閣議決定し、実業家に無償貸与した。戦前はかつお節工場などがあったが、昭和15年ごろに無人島に。43年、周辺海底に地下資源が眠っている可能性が指摘されると、46年から中国や台湾が尖閣の領有権を主張。昨年9月の尖閣国有化以降、中国公船がたびたび領海を侵犯、周辺での航行が常態化した。尖閣周辺海域は好漁場とされていたが、地元漁師たちは中国公船を恐れて出漁しづらくなっている。
http://www.sankei.com/west/news/131223/wst1312230028-n1.html
http://naominanami.blog.fc2.com/blog-entry-587.html?sp





テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

「韓国は反日で当たり前」と思うべき 日韓がモメて喜ぶのは… ★[やっかいな隣人・韓国]につける薬

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 大事なのは、「韓国は反日で当たり前だ」と思うこと!  「間違っても好きになってもらおうとは思わないことです。自分たちのことを嫌っている相手に、いかに言い分を聞かせるかがリアリズムであり、外交の鉄則です。日本のように相手に言うことを聞いてもらうために仲良くしようなどという考えは、国際政治の場では大甘もいいところ。むしろ、徹頭徹尾こちらのほうが強いのだと思わせるべきなんです」との倉山満の主張には激しく同意したい!

 「韓流ブーム」などという捏造された韓国応援ムーブメントを破棄して、日本国民自身が幸せになれるムーブメントを日本国民全体で支援していこう!

 それからもう一つ倉山氏に同意したいのは、財務省に『アベノミクスを腰折れさせる増税を進める木下財務次官は韓国の手先か!?』とデモの一つでも 仕掛けたほうがいい(笑)」だ!どうして財務省は安倍のミックスで日本の景気が上がる方向へ進んでいるのを潰したいと思える政策を取ろうとするのだろうか?



「韓国は反日で当たり前」と思うべき 日韓がモメて喜ぶのは…
[やっかいな隣人・韓国]につける薬

2013.12.20
コメント

倉山満(著)『嘘だらけの日韓近現代史』(扶桑社新書・798円)【拡大】



 韓国の反日行動の報道が多くなるにつれ、当然ながら日本人の嫌韓意識も高まっている。最近では過激なヘイトスピーチも話題になっているが、これに対して倉山氏は疑問を呈す。

 「嫌韓を言うのはいいけど、韓国だけを目の敵にすることで得をするのは誰かをよくよく考えないといけません。まずはアメリカです。アメリカは日本がアジアに対して必要以上の影響力を持つことを喜ばず、日韓が結びつくことを阻止するのは世界戦略の一環です。仲が悪いままどちらも子分でいてくれるのが彼らにとって理想。だから竹島問題の解決など、アメリカはまったく望みません。次に中国。彼らは北朝鮮は守りたいけれど、実は金一族は大嫌いなんです。ときどき韓国に接近するのは『朝鮮半島をまかせるのはお前とは限らんぞ』という金一族に対する牽制で、忠誠を誓うならば、韓国だろうが北朝鮮だろうがどちらでも構わない。韓国が半島を統一しても、日本に憎悪が向かっていれば好都合なのです。そして、日本と韓国がモメて最も喜ぶのは北朝鮮です。日本にも韓国にも拉致被害者がいるので、本来なら彼らを取り戻すためにも手を組むべき。それなのに、ヘイトスピーチをしている連中が、拉致被害者をどうやって取り戻すのかについて、具体的な提言や行動をしたことがありますか?重要なのは日本人自身が軍事的リアリズムを持つことです。『米中に言われても仕方ないけど韓国だけは許さん』という歪んだナショナリズムが一番恥ずかしい」

 そのために大事なのは、「韓国は反日で当たり前だ」と思うことという。

 「間違っても好きになってもらおうとは思わないことです。自分たちのことを嫌っている相手に、いかに言い分を聞かせるかがリアリズムであり、外交の鉄則です。日本のように相手に言うことを聞いてもらうために仲良くしようなどという考えは、国際政治の場では大甘もいいところ。むしろ、徹頭徹尾こちらのほうが強いのだと思わせるべきなんです」

 また、嫌韓ブームの裏側には日本の景気停滞の影響があるという。

 「血相を変えなくても勝てる相手にオーバーコミットメントするということは、余力がなくなっているということです。高度経済成長時に韓国がいくら反日だろうと目くじら立てた人はいません。反韓・嫌韓で怪気炎を上げているのは、結局、日本人が自信を失っていることの裏返しなんです」

 だからこそ、倉山氏はアベノミクスの行方を注視している。

 「パク・クネ大統領が中国に媚びへつらっていても、安倍首相がそれを無視してアセアン諸国を歴訪できたのは、日本が自信と豊かさを取り戻しつつあるからです。だからこそ、私は消費税10%が既定路線になってしまったことを危惧しています。嫌韓デモするくらいなら、財務省『アベノミクスを腰折れさせる増税を進める木下財務次官は韓国の手先か!?』デモの一つでも 仕掛けたほうがいい(笑)」

■倉山満氏 新刊『嘘だらけの日韓近現代史』が発売中 『嘘だらけの日米近現代史』、『嘘だらけの日中近現代史』(ともに小社刊)に続く第3弾。「韓国人の歴史観はすべてファンタジー」と切り捨てる筆者が、日韓近現代史の「真実」を明らかにし、厄介な隣人の正体を描き出す

取材・文/杉山大樹
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20131220/zsp1312201131001-n1.htm




テーマ : 日本と韓国
ジャンル : 政治・経済

中国の脅威、日本以上に知る親日国 ラオスはタイ、ベトナムの弟分?

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「ならず者国家」中国の脅威にさらされているラオス・カンボジア・ベトナムなどの東南アジア諸国と日本との連携した対中国包囲網構築において、慎重にこれらの国々を懐柔しなければならない。

 「ならず者国家」中国こそが国際社会においての一番の脅威を理解すべきである。



中国の脅威、日本以上に知る親日国 ラオスはタイ、ベトナムの弟分?
2013.12.18 08:58[アジア・オセアニア]

 「タイで企業誘致説明会を開く方が効率的でしょうが、なかなか、そうもいかないのです」

 ラオス南部、サワナケットにあるサワン・セノ経済特区(SEZ)で会ったラオスの国家経済特区委員会の幹部は、こう言って苦笑いした。(フジサンケイビジネスアイ)

 同幹部がしきりに「日本から新たに来るより、タイ進出の日系企業に分散工場を作ってほしい」と言うので、「それならタイで投資説明会を開けばよいのでは?」と尋ねたところ、返ってきたのが冒頭の答えだ。最近はやりの「タイ・プラス・ワン」という表現も、極力使わないようにしているという。

 同SEZは、ベトナム-ラオス-タイを結び、ミャンマーへと続くメコンの要路、東西経済回廊沿いに位置し、近くのタイ・ラオス第2友好橋を渡れば、タイ東部ムクダーハーンだ。

 ラオスとタイは民族的には同根とされ、歴史的、文化的な共通性もあり、通訳なしで会話ができる。日系企業の中にはバンコクで採用したタイ人を管理職としてラオスに派遣するケースもある。それだけに気をつかうのだ。

 隣国というのはどこでも微妙だ。ラオスとタイも例外ではない。「ラオス人にとってタイは長兄。時々おこられるし、たたかれることもある。それでも血を分けた兄弟だから最後はわかり合える関係」だと、解説してくれたのは、サワナケット大学のアドバイザーで、国際協力機構(JICA)客員専門員の宮田伸昭氏だ。

 ラオス人のベトナム人に対する見方についても聞いた。「タイ人が実の兄だとすると、ベトナム人は隣に住む大学卒のお兄さん」だとか。そのココロは「勉強もできるし、働き者で偉いと思うが、自分はそこまでやらないし、所詮は他人という関係」(宮田氏)という。

 両国政府は同じ社会主義国家で開放経済を進める国同士、「特別な関係」と強調するが、国民の本音とは微妙に違うようだ。

 ただ、共通しているのは、ラオス人はタイ人もベトナム人も兄で、自分より上だとみていること。メコン各国を回ってみると、ラオス人が最も温和で奥ゆかしい国民だと感じるのは、私だけではないだろう。ラオス人らしい隣人評といえる。

 ラオスの人口は651万人とメコンの中で最も少なく、ベトナムのわずか7%、タイの9%しかない。カンボジアでさえラオスの2倍強の人口だ。メコンで唯一、海に面していないことも目立たなかった理由だ。

 ただ、2015年の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)発足で、ラオスの位置づけは変わるだろう。ラオス人もそのことを意識する。「ビエンチャンがASEANの新たなハブ(中心軸)になる」(ポンサワン銀行のオド・ポンサワン会長)と力強い。

 一方、大陸部ASEANを縦に貫く南北経済回廊は、中国雲南省昆明からラオスを経てタイへ抜ける。しばしばラオスはカンボジアと並んで、中国に近いと言われるが、同時に熱烈な親日国でもある。

 だからこそ、日本が中国包囲網を意識する余り、各国に日本か中国かの二者択一を迫ることには無理がある。彼らは日本以上に中国の脅威を知っている。押し付けがましいのは、嫌われるだけだ。(編集委員 宮野弘之)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131218/asi13121809020000-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

日マレーシア首脳、対中懸念を共有 「日ASEAN」先陣切り会談

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 対中国包囲網構築に向けての安倍首相の努力をもっと我々日本人や世界各国は認めるべきだ。

 共産党一党独裁国家中国の世界侵略をこれ以上広げさせないためにも、是非世界は一つとなって対中国包囲網を構築すべきだ。



日マレーシア首脳、対中懸念を共有 「日ASEAN」先陣切り会談
2013.12.12 21:01 [外交]

共同記者発表を終え、安倍晋三首相(右)と握手を交わすマレーシアのナジブ首相=12日午前、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 安倍晋三首相は12日、13日からの日ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議に先駆けて、マレーシアのナジブ首相と官邸で会談した。安倍首相は、中国が東シナ海に加え南シナ海上空でも防空識別圏を設定する構えであることを踏まえ「力によって現状を一方的に変更する試みは受け入れられない。ASEANにも大きな影響を及ぼしかねない」と述べ、緊密に連携する必要性を強調した。ナジブ首相は「緊張を高めないように対応したい」と理解を示した。

 安倍首相は、マレーシアの首都、クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道建設計画に関し、日本の新幹線技術の導入を要請、「新幹線は一度も死亡事故が起きていない」とアピールした。ナジブ首相は「日本の高い技術を評価している。入札への参加を期待したい」と述べた。

 日ASEAN特別首脳会議では、中国を念頭に海洋や公海上における「法の支配」の重要性を確認する共同声明を発表する見通しだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131212/plc13121221060025-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

韓国メディアが「愛国裁判」批判する“笑止千万”…アップル勝訴の米裁判所に噛みつく「偏狭な愛国心」【大阪から世界を読む】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国人の「態度の根底には、自身のしていることを忘れ、ただ要求だけをつり上げる「チンピラ風情の意識」があることを忘れてはいけない。」と明白に断言するとは、流石は産経新聞だ!チョウニチ新聞(朝日新聞)にも見習って欲しいものだ。



【大阪から世界を読む】
韓国メディアが「愛国裁判」批判する“笑止千万”…アップル勝訴の米裁判所に噛みつく「偏狭な愛国心」
2013.12.13 07:00[westセレクト]

アップルとの特許侵害訴訟で追加賠償を命じられたサムスン電子。関連会社従業員が厳しい労働条件を苦に自殺したのを受け、激しい抗議活動を受けている=2013年11月10日、ソウル(AP)

 米カリフォルニアの地方裁判所は11月下旬、韓国のサムスン電子に対し、特許侵害をめぐり、2億9千万ドル(約290億円)米アップルに追加で支払うよう命じたロイター通信などが伝えた。これで賠償総額は計9億3千万ドル(約930億円)となったが、陪審員が下したこの評決に対し、韓国メディアが「愛国裁判」「町内会並み」との批判があると報じた。そもそも日韓関係を冷え込ませた元凶は、世論や政治に流されやすい「韓国司法」の歪(ゆが)んだ“愛国判断”ではなかったのか。その国が愛国裁判と他国を批判するとは…。片腹痛い。

戦時徴用訴訟と似通う論理立て

 追加賠償の評決を下したのは、米カリフォルニア州サンノゼの連邦地裁の陪審員。地裁陪審は2012年、タッチパネルに指を置いて拡大・縮小するピンチズームと呼ばれる操作やデザインなどをサムスン電子が模倣したとして、アップルに対する特許侵害を認め、約10億5千万ドルの支払いを命じた。

 しかし判事が今年3月、このうちの一部製品(約4億円分)について賠償額の再審理を命じた。約3億8千万ドルと訴えたアップル側に対し、サムスン側は約5300万ドルにとどまると主張したが、結果、追加賠償額は2億9千万ドルとの評決が下った。これで、すでに認定された分とあわせ賠償総額は計9億3千万ドルになった。

 朝鮮日報は、この評決を「愛国裁判」「町内会並み」と報じた。理由はこうだ。

 同紙によると、アップルの弁護側は、サムソンによる特許侵害について「米国企業の知的財産権を保護しなかったために起こった」などと主張した上で、「法を破った代価が数セントだとしたら、サムスン電子の模倣戦略は成功したことになる」と訴えた。

 また、ロイター通信などによると、アップル社の幹部は法廷で「アップルの評判をサムスンが汚した」と証言している。

 こうしたアップル側の主張が、陪審員たちの愛国心を揺さぶり、裁判に影響を与えたと朝鮮日報は主張している。大学教授の「今回の裁判は陪審員制度が持つ根本的な問題をよく示している。陪審員制度は愛国心や地域感情が介入する余地が大きい」との指摘も掲載した。

 だが、どうもスッキリとしない。韓国が「愛国裁判」などと他人を批判できるだろうか。教授の発言も、「陪審員制度」を「韓国司法」に置き換えれば、戦時徴用をめぐる日韓の賠償請求訴訟の問題点に通じてしまうからだ。

歴史問題で投票は8%

 2013年は日韓関係が一層冷え込んだ1年だった。

 朝鮮問題の米専門家で、米ジョージタウン大教授のビクター・チャ氏はニューヨーク・タイムズ紙のコラムで、日韓関係と米国の国益について論じている。

 その中では、安倍晋三首相に対し、慰安婦に会うべきだと提言する一方で、韓国のリーダーたち(政治家)が「反日」という世論を理由に日韓の関係改善が難しいと主張するのは明らかな誤りだと指摘。その根拠として、チャ氏らによる調査で、歴史問題や領土問題を投票行動と結びつけている韓国の有権者は、わずか8%しかいないことを挙げた。

 安倍首相と慰安婦が面会したところで、関係改善には結びつかないだろうが、米国が中国や北朝鮮を念頭に、“戦略”として、日韓の関係改善を求めていることは分からなくもない。

 ただ、首脳会談のような関係改善の場ができたとしても、「カネを寄こせ」だとか、「おまえの家の敷地も俺のものだ」とか、理不尽な主張を繰り返してきた事実は消しようがない。まして司法がそうした“ムード”に加担していたことも消えない。

偏狭な愛国心を振りかざすのは誰だ

 サムスンとアップルの特許侵害訴訟で、サンノゼの連邦地裁の判事を務めたのは、実は韓国系の米国人女性、ルーシー・コー氏だった。

 過去にシリコンバレーの企業特許訴訟で、企業側の法律事務所に所属。韓国系ということもあって、裁判が当初、サムスン側に有利に進むのではないかと指摘するメディアもあった。だが、実際は違った。

 コー判事は実に冷静で公正な裁判官だった。訴訟の中で、無駄に時間をかけようとする両社の弁護士に対し、再三怒り、「ジャッジのための時間を浪費しないように」と注意。証拠採用をめぐってサムスン側の弁護士が反発した際には、「罰してほしいのですか。いすに座りなさい」と注意した。

 コー判事は韓国系ではあっても、米国・ワシントン出身の米国人だ。ハーバード大のロースクールを卒業し、連邦検事補も務めた。今回の裁判でも、冷静な判断で賠償総額の見直しを命じた。きちんとした教育を受け、教養を身につければ、民族や事案にかかわらず、偏狭な愛国心などとは無関係な公正な判断ができるのだ。

 韓国メディアでは、日韓関係改善を念頭に置いた報道が増えてきている。まるで自戒のような報道も少なくないが、騙(だま)されてはいけない慰安婦問題であれ、戦時徴用であれ、公正な判断を働かせようという意識はない態度の根底には、自身のしていることを忘れ、ただ要求だけをつり上げる「チンピラ風情の意識」があることを忘れてはいけない
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131213/waf13121307000002-n1.htm



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

赤の広場で 砕けぬレーニン像【外信コラム】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【外信コラム】
赤の広場で 砕けぬレーニン像
2013.12.11 03:12 [外信コラム]

 ウクライナ首都キエフの目抜き通りにあったレーニン像が、なぎ倒された。今回の反政権運動の高まりを受けて、ソ連時代のシンボルを、デモ参加者たちがほうむったのだ。1991年に独立を果たした際、国内各地にあったレーニン像の多くは取り壊されたが、キエフの像は歴史的記念碑としての価値がある、と保存が決まった。

 台座の上にあった像が頭部から地面に崩れ落ちると、周囲は喝采に包まれた。「革命だ」「ウクライナに栄光あれ」。次々に上がる歓声は、ソ連の圧政に苦しんだ人々の思いを映し出しているようだった。

 あるじなき台座の上には今、青色の欧州連合(EU)旗が立っている。そして、ハンマーやトンカチを持参した人々が次々に集まり、地面に横たわる像をたたいて、小さな破片を持ち帰る。

 実はこのレーニン像、大の男がハンマーを何度、振り落としても、簡単には割れない。10回以上たたいて、ようやく小さな破片が砕け落ちる程度だ。ソ連時代の1946年に設置された際、共産党の当局者らがよほど硬い石材を用いて建造したに違いない。

 像がなかなか砕けないさまは、抵抗をしても、ソ連のくびきから容易に逃れることができなかったこの国の歴史を物語っているようにも思えた。(佐々木正明)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131211/erp13121103120001-n1.htm




テーマ : ロシア・ウクライナ・CIS関連
ジャンル : 日記

キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される
2013.12.9 02:05 [政変・反政府デモ]

8日、倒されたレンマーを振り下ろすデモ参加者(ロイター)                   
2013-12-09_Russia_Ukraine_キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される_8日、倒されたレーニン像にハンマーを振り下ろすデモ参加者(ロイター) 【キエフ=佐々木正明】ウクライナヤヌコビッチ政権欧州連合(EU)との連合協定締結を見送りしたことをめぐり、首都キエフの独立広場で8日、大規模抗議集会が開かれた。

 地元当局によれば、野党勢力の集会には約10万人が参加。野党側は約100万人が集まったと主張している。集会では野党党首らが次々に壇上にあがり、ヤヌコビッチ大統領の退陣や服役中のティモシェンコ前首相の釈放を訴えた。

 抗議集会の後、一部のデモ隊が暴徒化。8日夜、広場近くの目抜き通りにあり、旧ソ連時代のシンボルだったレーニン像(約4メートル)がなぎ倒された

 警察当局は、歴史的記念碑を壊したとして捜査に着手。地元メディアによると、実行したのは極右野党「自由」関係者とされており、同党幹部が「責任を取る」と弁明した。市内ではこの日、ヤヌコビッチ氏を支持する集会も開かれ、1万人以上が集まった。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131209/erp13120902080000-n1.htm


台座から下ろされ、破壊されたレーニン像(ロイター).jpg
2013-12-09_Russia_Ukraine_キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される02_台座から下ろされ、破壊されたレーニン像(ロイター)

ウクライナ首都キエフの独立広場は、同国の欧州統合を求める人々が集まる=7日(佐々木正明撮影)
2013-12-09_Russia_Ukraine_キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される03_ウクライナ首都キエフの独立広場は、同国の欧州統合を求める人々が集まる=7日(佐々木正明撮影)

ウクライナで、反政権デモが行われている首都キエフの独立広場。中央のクリスマスツリーにはウクライナ国旗やEU旗が掲げられ、「欧州広場」と呼ばれるようになった=6日(佐々木正明撮影)
2013-12-09_Russia_Ukraine_キエフで大規模抗議集会 レーニン像倒される04_ウクライナで、反政権デモが行われている首都キエフの独立広場。中央のクリスマスツリーにはウクライナ国旗やEU旗が掲げられ、「欧州広場」と呼ばれるようになった=6日(佐々木正明撮影)



テーマ : ロシア・ウクライナ・CIS関連
ジャンル : 日記

中国スパイ天国・カナダが腰を上げた、「仮想敵は中国」に目を覚ませ【国際ビジネスマンの日本千思万考】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「TPP“安保戦略”の肝…TPPは単なる経済提携にあらず」と言われても、TPPの実情を考えると、日本の参加はアメリカに対して日本市場を献上することになると思えるのだが・・・。

 本当に、カナダは「仮想敵は中国」だと目を覚ましたのであれば、中国包囲網構築への心強いパートナーだ。カナダが中国に乗っ取られる前に、中国系の移民をストップすべきだと思うがどうだろうか?



【国際ビジネスマンの日本千思万考】
中国スパイ天国・カナダが腰を上げたTPP“安保戦略”の肝…TPPは単なる経済提携にあらず、「仮想敵は中国」に目を覚ませ

2013.12.8 07:00

TPP首脳会合に出席した甘利TPP相(左端)と安倍首相(前列左から2人目)。TPPの〝仮想敵〟は中国だ=平成25年10月8日、インドネシア・バリ島(代表撮影・共同)

意外と真相報じている雑誌

 大手メディアには報道上の制約が多い-ということは、よくいわれることです。見えざる外圧とか、記者クラブといった取材上のスクリーニングが働いていたり、さらには現在の幹部層に左派思想の持ち主や反体制派などが依然多数居座っていることから、偏向的報道姿勢が避けられない事情も多いようです。したがって、そうした制約外にあると見なされる大手・中堅の月刊・季刊雑誌とか、ミニコミ紙誌などに意外と多くの真相が報じられていることに気付かされます。

 ITメディアの普及につれ、新聞やテレビの「日報」には、拙速から、やや正確性を欠く“粗製濫造的報道”まで散見されるようになってきたと見受けられます。もちろん、ネット情報の世界も拙速の過ちを犯すケースが多いようです。それらに比べ、じっくり時間を掛けて取材・編集し、活字化が可能な雑誌や単行本のほうが巧遅(熟成された巧緻な)情報が得られやすいことは、自明の理です。ITが全ての活字映像メディアを駆逐してしまうのでは、との一時の危惧感が消えつつあるのも、うなずけます。

 その一例を挙げますと昨年のできごとになりますが、「勝栄二郎財務次官(当時)が勝海舟の末裔(まつえい)である」との無責任な(ご本人に確認も取らないままの)報道が、新聞・テレビやインターネットでも流れておりました。これが、大手雑誌2社で、事実ではない(両家は全く別の家系であると立証された)ことが分かるに至って、あのウィキペディアもようやく間違いを正したのでした。

2千超える中国スパイ

 私が十数年を過ごしたカナダには、宗主国・英国譲りの情報・諜報管理体制が比較的完備されております。そのCSIS(連邦情報安全局)が明かした事実によれば、数年前の時点で、確実に把握しているカナダ国内在住のスパイ活動家が1500人を超え、うち半数以上が中国系だったといいます。最近では、さらに2千数百人を超え、中でも中国関連比率が加速度的に増加しており、情報流出量は米国の5倍以上という深刻な事態だそうです。

 軍事機器、IT関連技術の流出が多く、経済的損失は数千億ドルに上るという試算もあります。カナダ空軍機の部品として中国から高く買わされた機密部品が、諜報活動でもたらされたものだったという驚愕(きょうがく)すべき事実まで判明しております。

 カナダは、領土の広さに関しては世界第二という大国ですが、人口は3500万と極少で、多文化主義を標榜(ひょうぼう)して比較的「甘い」移民政策を取ってきました。前世紀末までは台湾と返還前後の香港からの移民が多く、今世紀に入ってからは、中国本土やアジアからの流入が急増しているようです。そうした背景から、昨年もカナダ外相の側近政治家をターゲットにした「ハニートラップ疑惑(中国新華社通信の女性記者)」が浮上したケースを重ね合わせて鑑(かんが)みますと、日本の外務省官僚へのハニートラップなど氷山の一角にすぎず、かつての某元首相以降も多くの大物政治家が餌食にされているのではないでしょうか。

TPPの真の目的は

 ここで話をTPPに転じます。TPPという用語は、アメリカ公文書に基づいて報道するメディアでは「Trans Pacific Strategic & Economic Partnership」 とフルスペルされているように、文字通り「安全保障戦略」込みの提携であって、国防・外交戦略まで含む極めて“政略的かつ経済的”連携と捉えるべきです。単なる貿易経済的得失だけを論評する多くの日本のメディアに、私は疑問を感じております。

 北米のメディアでは昨今、米国のアジア回帰の“本気度”に関する報道が目立つようになっています。そのキーワードが、Pivot(軸足)とRebalancing(TPSEP=バランスの再調整)。限られた国防予算のなかで、軸足を中東からアジアに移し、アラビア海から、インド洋、マラッカ海峡、南シナ海、太平洋に繋がる資源輸送を担保するため、どの国々と戦略的結びつきを強化するのかを問う動きが鍵なのです。すでに豪州、ニュージーランド、フィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドに加え、ミャンマーとインドネシアまでが米国と歩調を合わせ始めている一方で、中国と本音で呼吸を合わせているのは北朝鮮、パキスタン、イラン、シリアと限られた国に絞られつつあるようです。

 米議会でのやりとりを報じた記事を見ると、「TPSEP」交渉推進の目的に関しては、「メンバー諸国の相互信頼が、安全な貨物運行を含む貿易経済の進展につながり、潜在的リスクを減退させうる」と、言外に中国の強引な軍事的海洋進出に対抗する姿勢が見え見えなのです。日本のマスコミは、単なる中国とベトナムやフィリピンとの領海抗争とする報道に終始していますが、その裏にあるアメリカ連合による包囲網を見逃してはなりません。

 中でも、これまで中国型「共産党一党独裁・国家資本主義」を共有してきたベトナムの米陣営への“寝返り”を具現化したTPP参加に対し、中国は強烈な衝撃を受け、中越抗争が日増しに強まっている事態にも注目すべきでしょう。


カナダが重い腰を上げたワケ

 話をTPPからカナダに戻します。経済メリット志向から、中国に甘い姿勢できたカナダが、なぜ無関心だったTPPへの参加を決めたのか。その背景には、既述したような、移民に端を発するスパイ活動の深化に対する防御対策を講じる必要が生じたことが、まず一つあるでしょう。さらに、「太平洋国防」に絡めて経済大国の名を借りた軍事大国の様相を増進する中国が、周辺諸国の味方を失いつつ、四面楚歌に陥っている-との現状分析が、カナダの重い腰を動かせたことが垣間見えてきます。

 同じ観点から日本も、対中経済関係維持発展だけにこだわりすぎ、民主党政権時のような軟弱大使を頂く低姿勢外交とか、スパイ天国ぶりが、膨大な国益を損ねている(一説に百兆円レベルの喪失)ことを早く自覚してほしいものです。


平和ボケから目を覚ませ

 TPPだけではありません。沖縄基地移転問題も、尖閣騒動も、日中韓FTA交渉も、さらには日米安保、憲法改正問題、あらゆる分野に及んでいる中韓朝露によるスパイ問題パテント抗争南京歴史論争領土問題韓国の慰安婦問題、地下・海洋資源抗争…。いずれもが単一で独立したテーマではありえません。それら全てが相互に強い関連性を帯びているのです。

 これらの問題が重要命題となってきたということをもっと肌感覚で捉え、対中、対米、対露、対南北朝鮮を含めたグローバル・対外戦略を、総合的関連性を重視しながら、われわれ個人個人が、複眼志向と冷静で賢明な視座を持つようにしなければなりません。そのためには、マスコミ報道やITメディアだけに情報依存する悪癖を捨て、雑誌や単行本を取捨選択しながら真実報道を求め、依拠・信頼でき得る論評にめぐりあう努力を継続する必要があると考えます。

 諸国家の興亡期に、国際政治の関心の核と成るのは「地政学的磁力」である-と昔から言われてきました。そのマグマは、貿易ルート、戦略的資源の偏在具合、隣接・近隣諸国との陸海国境紛争などの現実下にとぐろを巻いています。それに対する地政学的戦略を、最適・最善に適合させることができる国は栄え、失敗した国は衰退してゆく。それが歴史の常なのです。

 平和ボケ日本は、今こそ目を覚ますべきです。そして、すでに熱を帯びつつある米中覇権抗争の行方を冷静に見極め、両者の地政学的長短を見据えた上で、最適なるわが道を早急に選択すべきだと思量致します。

(上田和男)

=随時掲載します



上田和男(こうだ・かずお)
昭和14(1939)年、兵庫県淡路島生まれ。37年、慶応大経済学部卒業後、住友金属工業(鋼管部門)に入社。米シラキュース経営大学院(MBA)に留学後、45年に大手電子部品メーカー、TDKに転職。米国支社総支配人としてカセット世界一達成に貢献し、57年、同社の米ウォールストリート上場を支援した。その後、ジョンソン常務などを経て、平成8年(1996)カナダへ亘り、住宅製造販売会社の社長を勤め、25年7月に引退、帰国。現在、コンサルティング会社、EKKの特別顧問。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131208/wec13120807010001-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

中国、防空圏で豪をけん制 豪外相と会談

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「ならず者国家」中国の脅しにオーストラリアが屈しないことを求める。

 是非、オーストラリアには中国の移民入国を制限してもらいたい。中国移民が増加し続けると将来オーストラリアも中国人に乗っ取られてしまう恐れがあるからだ。

 日本はオーストラリアとも協力して、共産党一党独裁国家中国を押さえ込む努力を続けなければならない。



中国、防空圏で豪をけん制 豪外相と会談
2013.12.7 01:41 [中国]

 中国の王毅外相は6日、オーストラリアのビショップ外相と北京で会談し、オーストラリアが中国の防空識別圏設定に反対の意向を示していることについて「両国の信頼関係を害した」と伝えた。中国外務省が6日、発表した。日米両国などに同調しないよう、けん制したとみられる。

 王氏は「オーストラリアに戦略的かつ長期的角度から、敏感な問題を適切に処理するよう求める」と述べた。中国外務省は、ビショップ氏の発言は明らかにしていない。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131207/chn13120701410000-n1.htm




テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

【角栄の流儀】 田中元首相没後20年(番外編)小沢一郎・生活の党代表に聞く

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 今こそ、田中角栄に日本を任せてみたい!



【角栄の流儀】
田中元首相没後20年(番外編)
小沢一郎・生活の党代表に聞
2013.12.2 15:10[安倍首相]

インタビューに答える生活の党の小沢一郎代表(酒巻俊介撮影)

信頼してくれたおやじ

 おやじ(=田中角栄元首相)は、ものすごく魅力的な人だったよ。面白いし、世話好きで、割合そそっかしく、せっかちな面もありました。

 最初? 最初はすごくおっかなかったね。知り合いのつてで秘書を頼り、目白の自宅に行った。「田中派の候補として衆院選に出たい」というあいさつをするためだ。「今度、選挙に出ますからよろしく」と。それが意外なことに即「オーケー」ではなかったんだ。僕は2代目だから普通に考えれば当選する可能性は高い。それなのに反応は違った。

 あのころの田中先生は若い者には厳しいことを言う人だった。毎日つじ立ちしろ、戸別訪問は何万軒回れ、なんてことをいつも言われて、もうこれは「はい」というしかないよ。初当選のあいさつに行っても、今度は「2期目を当選するのがおまえたちの役目だ」ってな感じだった。会えば「ちゃんと地元に帰っているか」というのが口癖でね。最初のころは、政治手法を学ぶどころではなかったよ。

 田中先生がいうように、選挙というのは常に民主主義の原点だ。地元に帰って有権者のことをちゃんと理解し、民意を丁寧にくみ取らないといけない。これを民主党時代に盛んに言ったら、「うるさい」とか、「それは古い考え方だ」という反応だったがね。

 首相就任当初、田中先生は中学も出ないで立身出世して「今太閤」ともてはやされた。そこは日本人の好きなところだ。ところがロッキード事件で一気にバッシングの嵐だ。

 僕の裁判もそうだと思うが、ロッキード裁判も司法の自殺行為だったと思う。田中裁判では、お金をもらったかどうかの問題以前に、最高裁の裁判官会議で相手方の免責を決めた上で証言をとるという違法なやり方で得たものを証拠として訴追し裁判を始めた。

 僕は裁判を全部傍聴しました。日本の裁判・司法に対する問題意識からだ。もちろんいろいろ心情的な思いもあった。親とも思っている人が首相にまでなったのに、今度は目の前で被告人になっているのだから。でも、田中先生は、あれだけ権力を持っていながら、結局最後まで自分の捜査や裁判では決して権力を使おうとしなかった。

 田中派が膨張するのはロッキード事件以降だ。民主主義の原則通り、数の力で影響力を行使しようと考えたのだと思う。その意味で民主的な日本人の良いところがあったのだろうね。その頃から田中派にはわれわれのような「子飼い」でない人たちが増えた。

 創政会旗揚げのときは、そもそも別に田中先生をどうこうする話では全くなかった。取り巻きが間違った情報を入れたのだろうと思う。田中先生も裁判を抱えていたし、感情的になって参加者を「裏切り者」と思って、どんどん対決する構図になってしまった。仮にあのときに面と向かって怒鳴られていたら、すぐやめていたと思う。

 その後、梶山静六さんや羽田孜さんと一緒に田中先生に呼ばれて、先生とわれわれ3人で話をしました。その結果、田中先生を潰すつもりでやったという誤解のうち半分は解けたと思う。でも最初のインプットがあったから、なかなかねえ。

 田中先生は「官僚」を使うのがうまかったといわれている。それは、当時は官僚が描いている路線と大体一致していたからだ。田中先生は、いつも時代の先を読んで良い知恵を出すものだから、官僚もみんな賛成したんだ。今なら震災復興でも、きっと思い切ったことをスピーディーにやったに違いない。

 「日本列島改造論」は、そもそも高度成長がずっと続くという前提で書かれたものだ。田中先生はいわば右肩上がりの時代の政治家で、全国が均等に発展していくべきだという思想がその根本にあった。同じ自民党でも今の政権は違う。正に強者の論理だよ。最近の政府のやり方は、例えば農林漁業中心の地方なんていらないという話でしょ。これでは地域社会が滅んでしまう。そこは自民党が根本的に変質したところだね。

                   



  
 僕は田中角栄、竹下登、金丸信という3人の政治家に仕えた。3人とも典型的な調整型だ。竹下さんや金丸さんは相手の話をよく聞いて足して2で割るタイプだった。田中先生はあちこちにボールを投げてその反響をもってうまく判断した。

 僕も実は調整をやらせたら大得意だよ。でも今は丸く丸くではおさまらない時代だ。基本原則を変えないといけない。それなのに、いまだにコンセンサスの手法でやっているから、日本の政治はいつまでたってもダメなんだ。

 僕はよく「田中先生は反面教師」というから、何か冷たい人間だと思われているようだが、それは情緒論と混同しているからだ。政治哲学や政治思想と、人間の心情論をごっちゃにしている。おやじといっても、論理的、理性的に考えれば違いもあるのは当然だ。

 でも、まあとにかく親子のような関係だったよ。将棋を打ったりね。ものすごく信頼してくれたし、墓場まで持っていくような政治の機微のことまで全然隠そうとしなかった。中身はとても言えないけどね(笑)。(沢田大典)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131202/stt13120215100005-n1.htm





テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001