〝壮大な誤解〟韓国こそ「ドイツに学べ」【緯度経度】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 黒田勝弘の主張する「興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが…。」には非常に感銘を受けた。これは非常に興味深い話だ。

 今後、韓国がドイツを見習えと主張して来たら、「では東南アジア諸国などで謝罪をする場合は韓国も同行して一緒に謝罪してください」とオフレコで主張してみるのも良いかも知れない。

 まあ、それがダメでもオーストリアの対応についての韓国人の意見を是非聞いてみたい(^^)。


【緯度経度】
〝壮大な誤解〟韓国こそ「ドイツに学べ」
2013.8.24 09:57 [緯度経度]

 ドイツのメルケル首相が最近、国内のダッハウにあるナチス時代のユダヤ人強制収容所跡を訪れ、犠牲者に頭を下げる写真が、韓国のマスコミで大々的に報道された。新聞はほとんどが1面トップだった。

 ドイツではよくあるシーンだが、韓国でのこの異様な関心はなぜか。

 ある新聞は頭を下げたメルケル首相の写真にわざわざ日本語で「安倍が見習うべき姿」という文章まで付けていた。

 つまり「ドイツはこんなに過去の歴史について謝罪と反省をしているぞ、それに比べ日本は…」という、日本非難のためのおなじみの「ドイツに学べ」論である。日本でも似たような議論をよく聞くが、はて。

 メルケル首相はナチスによるユダヤ民族虐殺現場で頭を下げているのだが、日本は過去、韓民族に対しナチスのようなことをしたのだろうか。

 韓国は日韓併合で日本の支配、統治を受け植民地になったが、第二次大戦で日本と戦ったわけではない。逆に日韓は一緒になって米国、中国など連合国と戦ったというのが実態だった。


 韓国のテレビインタビューで「日本人としてメルケル首相の写真をどう思うか?」と質問されたので「立派な姿です」と答え「ところで韓国ではしきりに日本に対し『ドイツに学べ』というが、では歴史的に韓国はナチス・ドイツ時代のどこに相当するのか。フランス? ポーランド? チェコ? それともユダヤ人…」と反問したところ、相手は絶句していた。

 ヨーロッパでナチスの植民地だった国はない。だからドイツの戦後処理に関し韓国が参考にすることは基本的にはないのだ。

 韓国には意図的な歴史の歪曲(わいきょく)がある。自らを日本やナチス・ドイツに対する戦勝国である連合国になぞらえ、日本を戦犯国といって非難するのがそうだ。

 しかし、靖国問題もそうだが、韓国は日本と戦争した敵国ではないため、いわゆるA級戦犯問題とは直接関係はない。極東裁判は日本の韓国支配を裁いたものではないし、植民地支配は戦争犯罪ではない。にもかかわらず韓国がA級戦犯を理由に靖国問題にこだわるのは“壮大な誤解”なのだ。

 ナチス・ドイツの歴史を振り返り、あえて韓国に相当するような国を探せばオーストリアかもしれない。

 ヒトラーの故郷でもあるオーストリアはナチス・ドイツに6年間、併合されその一州になった。ナチス・ドイツと一体だったため、戦後は連合国の米英仏ソによる分割占領後、中立化を条件に1955年、独立を回復した。韓国(朝鮮)が戦後、連合国の米ソに分割占領されたのと同じだ。

 興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが…。

 「ドイツに学べ」で思い出した。韓国と北朝鮮の間でまた南北離散家族再会の話が出ている。

 しかし、ドイツでは東西分断中も家族の相互訪問や手紙、贈り物の交換など自由な交流があり、結果的に1990年に統一が実現している。

 韓国と北朝鮮こそそうしたドイツにしっかり学び、南北交流をちゃんとやって早く統一してはどうか。

 そして少数派の東ドイツ出身のメルケル首相のように、統一コリアで北朝鮮出身の大統領が誕生するような姿を早く見せてほしい。(ソウル 黒田勝弘)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130824/kor13082410010002-n1.htm



スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

チベット族の男性が焼身自殺 中国当局の高圧的統治に抗議?

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「ならず者国家」中国に支配されているチベットの現状をアメリカ・フランスなどが放置しているのが信じられない。

 国連を中心とした国際社会が「ならず者国家」中国の侵略を放置したままで良いのだろうか?

 「ならず者国家」中国の力が大きくなれば、中国は日本固有の領土である尖閣諸島に留まらず、沖縄本島まで侵略して来るだろう。

 そうならない為にも日本は軍事力を強化したりして、中国が侵略できないように準備しておくべきだ。




チベット族の男性が焼身自殺 中国当局の高圧的統治に抗議?
2013.9.29 17:38 [中国]

 米政府系放送局ラジオ自由アジアは29日までに、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州で28日、チベット族の男性(41)が自宅前で焼身自殺したと伝えた。ここ数日、中国共産党への不満を友人に語っていたといい、チベット族への中国当局の高圧的な統治に抗議したとみられる。男性には妻と2人の子どもがいた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130929/chn13092917390007-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

【ジョークは語る】 病院で地獄体験「袖の下はスバラシイ!」-露在住歴のある英国の日本女性

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

  ロンドン中心部の病院の救急医療の実態がこれほど酷いとは・・・。

 しかも、袖の下が紳士の国英国では通用しない現状が、ロシアよりも酷いサービスに繋がっているとは・・・。英国紳士恐るべし!



【ジョークは語る】
病院で地獄体験「袖の下はスバラシイ!」-露在住歴のある英国の日本女性
2013.9.1 12:00 [ジョークは語る]

 救急病院に担ぎ込まれた患者が3時間半もほったらかしにされ、動けないのに手を貸してもらえずトイレにも行けない-。

 どこかの発展途上国の話ではない。ロンドン中心部の病院で最近、こんな救急医療の実態が明るみに出て問題となっている。

 その“地獄”を体験したのはロンドン在住の日本人女性だった。かつてロシアで暮らしていたこの女性によると、ロシアの救急病院も似たような状況だが、“袖の下”を支払えば、すべてがスムーズに行く。

 賄賂は悪いことだとわかってはいても、地獄を体験すれば、「あ~、袖の下が通用したら、こんなに悲惨なことにはならないのに…」「袖の下はスバラシイ!」などとブラックジョークでも言って現状を皮肉りたくもなるという。

 この女性は、自宅で転倒し、救急車で病院に運ばれて待つこと約3時間半。やっと足のレントゲン写真を撮って医師の診察を受け、「入院が必要」との診断が下された。ところが、病室は満室。結局、自宅療養となった。鎮痛剤だけはたっぷり渡された。

 しかし、自力では歩けない。夫が不在だったので、介添えを頼んだが拒まれ、松葉づえの在庫もなし。仕方なく知人に電話して迎えに来てもらう情けない状況に置かれた。

 英国では戦後、公平な医療をモットーに、国営の国民保健サービス(NHS)が創設され、無料で高品質の医療を提供してきた。しかし、予算不足やモラル低下で医療の質が落ち、英各地でさまざまな問題が噴出している。

 ロシアの前身、ソ連と英国に共通するのは、どちらも無料の医療を看板に掲げた点だ。タダほど怖いものはないのかもしれない。(ロンドン 内藤泰朗)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130830/erp13083009470004-n1.htm




テーマ : 面白
ジャンル : お笑い

【石平のChina Watch】 「地王」の狂気 バブル崩壊の予兆

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「ならず者国家」中国のバブル崩壊が少しずつ始まっている!!!

 (日本に帰化した中国人である)石平氏の誰よりも中国を知る男 石平(せきへい)氏【石平のChina Watch】は、「ならず者国家」である中国事情を知る貴重な情報源です。是非、日本人の多くの人が読んで正しい「ならず者国家」中国の現状を理解しましょう!

 中国のバブル崩壊で大損をしないように、気を付けましょう!

●石平(せきへい)のチャイナウォッチ
誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考。来日20年。満を持して日本に帰化した石平(せきへい)が、日本人が、知っているようで本当は知らない中国の真相に迫る。
【価格】無料【発行周期】隔週刊【形式】PC・携帯向け/テキスト形式【部数】8,426部

●誰よりも中国を知る男 石平(せきへい)の公式サイト【seki-hei.com】
http://www.seki-hei.com/




【石平のChina Watch】
「地王」の狂気 バブル崩壊の予兆
2013.9.27 11:17

北京市内で開催された不動産物件を紹介する展示会。各地で「地王」が出現している =今年4月(共同)

 中国の不動産市場で今「地王」という新造語がはやっている。国有地使用権譲渡の入札で競争相手を圧倒する大金を出し意中の土地を手に入れた開発業者のことだ。今月初旬から各地で破天荒な「地王」が続々と出現したことが大きな話題を呼んでいる。

 まずは4日、北京市内の農業展覧館の敷地にある2・82ヘクタールの土地が21億元(約336億円)で取得された。1平方メートルあたりの単価で7・3万元(約117万円)だ。中国で国有地譲渡が始まって以来の単価最高記録という。

 翌5日、上海、杭州、蘇州の3つの大都市でも「地王」が現れた。上海市内の徐家匯界隈(かいわい)、杭州市内の華家池界隈、蘇州市内の金鶏湖界隈にある3つの1等地がそれぞれ、217億元、136億元、47億元で落札された。

 そして18日、天津市内の「黄金地帯」にある国有地が130億元で業者に譲渡された。これも天津市国有地譲渡史上の最高額である。

 狂気とも思われるような「地王」がなぜ続出するのか。著名な経済学者で中央テレビ局特約評論員の馬光遠氏は今月6日のブログでこう分析している。

 曰(いわ)く、今の「地王現象」は地方政府と不動産開発業者との共謀の産物である。全国の地方政府の負債総額が20兆元にも達している中、返済に迫られた各地方政府は巨額の土地譲渡金を獲得しようとする。一方、業者たちは「地王現象」を華やかに演出することによって、「今買わなかったら後になって不動産価格はさらに上がるぞ」との空気をあおり、一般の人々に物件購入を急がせようとたくらんでいるのである。

 つまり、業者たちは乾坤一擲(けんこんいってき)の販売促進のため、あえて「地王」となったわけだが、その大いなる賭けを支えているのはやはり、一般消費者が今後、より高い価格で不動産を大量に買ってくれるとの熱い期待であろう。しかしそこには、大変危険な落とし穴があるのである。

 ちょうど「地王現象」が話題を呼んでいるこの9月、全国の商業銀行による住宅ローン業務停止の動きが急速に拡大しているのである。

 国内紙の『毎日経済新聞』は11日、北京、上海、広州、深センなどで複数の商業銀行が住宅ローン業務を停止していると伝えた。数日内に多くの国内メディアも同じ情報を流したから事実なのであろう。それから1週間、成都・重慶・済南・南京・洛陽・合肥などの地方都市でも、多くの商業銀行が住宅ローン業務の停止あるいは貸し出しの制限に踏み切ったという。

 金融不安が拡大している中で、中国の商業銀行は保身のためにリスクの高い不動産関係融資から手を引こうとしているのだ。まさに、7月4日掲載の本欄が予想した通りの展開になっているのだが、問題は不動産市場に与える深刻なダメージである。

 「地王」たちが巨額の資金を投入して土地を購入すれば、当然それを高く売らなければならない。だが、銀行の住宅ローン停止が今後も続くなら、一体誰が彼らの作った高い不動産物件を買おうとするのだろうか。そのままでは、「地王」たちを待っているのは、もはや破滅的な結末でしかない。

 そして「地王」の破滅は結局不動産バブル崩壊の引き金となろう。不動産価格が暴落すれば銀行の不良債権はさらに膨らみ、金融不安の危険性はよりいっそう高まる。そうすると銀行はさらなる保身策に走り、ますますお金を貸さなくなる。

 その結果、不動産市場はさらに冷え込み、企業活動も萎縮してしまう。中国経済は、果てのない転落の道をたどっていくであろう。

 上述の馬光遠氏も指摘したように、今の異様な「地王現象」はまさに、中国経済の「最後の狂気」のように思えてしかたがない。



【プロフィル】石平 せき・へい 1962年中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130927/chn13092711190003-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

韓国の旭日旗禁止法案「大きな誤解だ」 菅長官、政府に申し入れも

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 何処までも悪意に満ちた反日を突き進む哀れな韓国には、明るい未来は待っていないだろう。

●【安倍政権考】韓国の反日から旭日旗の名誉を守れ
2013.8.3 08:30 [安倍首相]




韓国の旭日旗禁止法案「大きな誤解だ」 菅長官、政府に申し入れも
2013.9.26 12:59 [日韓関係]

自衛艦の艦尾でなびく旭日旗

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、韓国の与党議員らが旭日旗の使用を禁止し違反した場合に懲役刑や罰金に処すとした刑法改正案を提出したことについて、「旭日旗のデザインは、大漁旗や海上自衛隊の艦船の旗など日本国内で広く使用されている」とした上で、「軍国主義の象徴という指摘は当たらない。大きな誤解がある」と述べ、強い不快感を示した

 また、「政府として韓国側に申し入れていきたい」とも語り、外交ルートを通じて説明していく考えを示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130926/plc13092613000008-n1.htm



テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

中国、偽チケットに厳罰方針 ルーブル事件で国際イメージ悪化

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ルーブルでの事件は、多くの中国人にとっても「恥ずかしい行為」と受け止められているのならば、それは大変な進歩だと思います。

 「ならず者国家」中国も日本に忠告されても素直に受け入れることはできないかも知れませんが、フランスなどの欧米国家の世論はとても気になるようですね。

 何とか「ならず者国家」中国が反日を止めていくきっかけに欧米世論を使いたいです。

 もう一つの「超」反日国家・韓国となると・・・付ける良い薬はあるでしょうか?




中国、偽チケットに厳罰方針 ルーブル事件で国際イメージ悪化
2013.9.25 15:17 [中国]

 中国国家観光局は偽のチケットを使って外国の美術館などに中国人観光客を入れた旅行会社やガイドを厳罰処分にするよう求める通知を地方政府に出した。

 フランスのルーブル美術館で中国人観光客が偽造チケットで入場しようとする事件が相次ぎ、同様の事件が起これば中国の国際的なイメージを損なうと判断したとみられる。ただ、中国国内では偽札や偽物商品が横行しており、ネット上ではまず国内の違法行為を厳格に取り締まるべきではないかとの声も出ている。

 通知は、ルーブルでの事件が中国で報道された5日後の18日付。地方政府に対し正規ルートで海外の美術館などのチケットを買うよう旅行会社を指導し、偽チケットを買う業者には厳罰を科すよう求めている。中国の観光業の「よいイメージを保護する」ことを目的として掲げている。

 ルーブルでの事件は、多くの中国人にとっても「恥ずかしい行為」と受け止められているようだ。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130925/chn13092515180005-n1.htm


テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

韓国の大学教授でさえ「風水で日本を制圧だ!」と反日論文を朝鮮日報に寄稿

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国がここまで風水病に感染しているとは思いませんでした。

 先進国(?)である韓国人の認識がこの程度とは驚きました。

 また、日本に対してそこまでして対抗心を持つのは、中華思想が影響しているのではないでしょうか?

 小中華を自認する朝鮮半島は中華思想の優等生的です。

 「ならず者国家」中国から朝鮮半島よりも遠い日本は朝鮮半島よりも下に見られる国のはずだったが、その日本が朝鮮半島を支配したことが有る事実が許せないのでしょうね。

 韓国が中華思想及び「ならず者国家」中国の呪縛から抜けることができる事を祈って、乾杯!

 因みに、韓国は風水を中国から受け継いだと認識しているのでしょうか? それとも朝鮮民族が発明したオリジナルだと主張しているのでしょうか?

 韓国の風水は当るのでしょうか? 朝鮮民族の宗主国・中国や日本の風水と比較するとどうなのでしょうか?

 Dr.コパに風水を使用して韓国の反日を封じて貰いましょう!Dr.コパが自発的にやってくれないかなぁ(笑)。
どこかのTV局が付かないと無理かな(笑)。



韓国の大学教授「風水で日本を制圧だ!」朝鮮日報に寄稿
2013.9.25 00:22 [韓国]

 【ソウル=加藤達也】「風水を利用し日本を制圧だ!」と主張する、韓国の大学教授による韓国紙への寄稿が話題になっている。

 朝鮮日報が掲載した又石大の教授の寄稿によると、韓国南西部全羅南道智異山麓にある実相寺は「日本に流れる地の気を遮断するために建立された」という。寺には日本地図を連想させる形がついた鐘があり、「一突きするごとに日本の(象徴である)富士山を一回殴ることになる」と訪問を推奨している

 韓国では国家や民族の運命が、自然環境(地勢)によって左右されるという「風水」説が広く浸透しており、現在の首都ソウルも14世紀末、李氏朝鮮時代に風水で定められたとされている。また日本の朝鮮半島統治時代に測量などのために打ち込まれたくいは「日本人が韓国の(優れた)地脈を絶ち大物が生まれないようにしようとした謀略だ」との認識が一般的だ。

 教授はこの説を大まじめに論じた著書もある研究者として知られているが、韓国社会では違和感なく受け入れられている。一読した日本人の間からは、大学教授までもが風水を持ち出し日本たたきに精を出す“反日病”にため息が漏れている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130925/kor13092500240000-n1.htm



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

【石平のChina Watch】 思想教育の総元締「中央党校」から反乱ののろし

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001



【石平のChina Watch】
思想教育の総元締「中央党校」から反乱ののろし
2013.9.12 07:58 [石平のChina Watch]

中国の習近平国家主席。“お膝元”からの批判に頭が痛い?=今年7月、北京(AP)

 中国には「中央党校」という特別な学校がある。共産党中央委員会直属の教育機関で、党の高級幹部の養成を主な任務としている。かつて毛沢東もその校長を兼任したことがあり、中央党校は党の思想教育の総元締という位置づけである。

 だが最近、この中央党校から「思想」にかかわる重要問題に関し、党中央の方針に真っ正面から対抗するという前代未聞の動きが見られたのである。

 たとえば今月2日、民間企業運営の「共識網」というサイトが、中央党校の女性教師、蔡霞教授の講演録を掲載した。彼女は講演の中で「憲政こそは国家安定維持の大計」だと訴えて、持論の憲政擁護論を展開した。

 7月18日掲載の本欄が記しているように、中国では今、いわゆる「憲政論争」が巻き起こっている。民間知識人の多くが「憲法を基本とする政治」を求めているのに対して、「党の指導的立場が否定される」と危惧する党直属宣伝機関は批判のキャンペーンを始めた。共産党中央委員会機関紙の人民日報も8月5日から3日連続で「憲政批判」の論評を掲載し、キャンペーンの展開に力を入れている。

 だが、党中央直属の人民日報が「憲政批判」を展開している中で、同じ党中央直属の中央党校の教師が堂々とそれに対抗して憲政擁護論をぶち上げている。共産党のいわば「中枢神経」において、分裂が始まっているのだ。

 同じ今月2日、中央党校機関紙の『学習時報』が衝撃的な内容をもつ論評を掲載した。

 書いたのは中央党校の宋恵昌教授である。中国周王朝きっての暴君の●(=がんだれに萬)王が民衆の不満の声を力ずくで封じ込めた結果、自分自身が追放される憂き目にあったとの故事を引用しながら、「民衆の口をふさいではいけない」と説いた内容。昨今の中国の政治事情を知る者なら、この論評の意図するところが即時に理解できたはずだ。

 習近平国家主席率いる指導部は今、ネット世論を中心とする「民衆の声」を封じ込めようと躍起になっている。

 今月4日、国営新華社通信の李従軍社長が人民日報に寄稿して「旗幟(きし)鮮明に世論闘争を行う」と宣言し、軍機関誌の解放軍報も同じ日に「ネット世論闘争の主導権を握ろう」との論評を掲載した。党と軍を代弁する両紙が口をそろえて「闘争」という殺気のみなぎる言葉を使って、ネット世論への宣戦布告を行っているのだ。

 こうしてみると、上述の学習時報論評は明らかに、党指導部が展開する世論封じ込めに対する痛烈な批判であることがよく分かる。論評は、「いかなる時代においても、権力を手に入れれば民衆の口をふさげると思うのは大間違いだ。それが一時的に成功できたとしても、最終的には民衆によって権力の座から引き下ろされることとなる」と淡々と語っているが、誰の目から見てもそれは、最高権力者である習近平氏その人への大胆不敵な警告なのである。

 当の習氏がこの論評に目を通せば、ショックの大きさで足元が揺れるような思いであろう。本来なら、自分の親衛隊であるはずの中央党校の教師に指をさされるような形で批判されるようでは、党の最高指導者のメンツと権威はなきも同然である。

 そして、中央党校の2人の教師が同時に立ち上がって党指導部に反乱ののろしを上げたこの事態は、習近平指導部が党内の統制に失敗していることを示していると同時に、共産党が思想・イデオロギーの面においてすでに収拾のつかない混乱状態に陥っていることを如実に物語っている。

 習政権発足当時からささやかれてきた「習近平がラストエンペラーとなる」との予言はひょっとしたら、実現されるのかもしれない。



【プロフィル】石平

 せき・へい 1962年中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130912/chn13091208030001-n1.htm



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001