FC2ブログ

【国際情勢分析】「海の安全」どう守る 日本が問われる自助努力の覚悟【プレミアム】【米大統領選】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「海の安全」どう守る 日本が問われる自助努力の覚悟

 日本が自助努力を推し進めていかなければならないのは、国際社会では当然である。そして、政治は「民主主義」、経済は「資本主義」や「人権の尊重」「言論の自由」等という価値観を共有する「揺るぎない日米同盟」こそが日本の国際社会の中での活動の基軸であるべきだ。

 何故なら、「自由と民主主義という価値観が同じはずの韓国が権威主義国家の中国や北朝鮮になびき、同盟国の米国も自らの利益を「第一」に力の配分を再考している」とこの記事でも指摘されている様に隣国・「嘘と無礼極まりない国」韓国が信頼できないからだ。

 より正確に「無法国家」韓国を表現すると、日本とは異なり「反日無罪」国家・韓国は経済は「資本主義」だが、政治は「民主主義」に近い擬い物で「人権の尊重」「言論の自由」等という価値観を普遍的価値と認識する国際社会グループの一員とは言い難い。
 「無法国家」韓国の本質は「性悪説」「朝鮮儒教」「華夷秩序」(かいちつじょ)「反日無罪」に支配された「情治国家」「徳治(人治)国家」であり、三権分立も無ければ、法の不遡及(ほうのふそきゅう)も無い悪質な「反日国家」だと認識すべきなのだ。

 だからこそ、日本は「日米同盟」を重要視する必要がある。「超」反日国家・韓国は似て異なる、近寄ってはいけない国なのだ。後、1000年程経ると、「情治国家」韓国とも一般的な話しができるようになると信じて、それまでは「非韓五原則」に則って外交を推し進めていこう。




【国際情勢分析】「海の安全」どう守る【プレミアム】【米大統領選】
日本が問われる自助努力の覚悟
2020.2.18 06:00

今月2日、中東へ向け海自横須賀基地を出港した海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」=神奈川県横須賀市(川口良介撮影)


 先の大戦末期の市井の女性の暮らしを描いてヒットしたアニメーション映画『この世界の片隅に』(2016年)の続編、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が昨年末に公開された。ミニシアター系での上映から異例の大ヒットとなった両作品の舞台となっているのが、広島県呉市だ。当時の帝国海軍の一大拠点だったこの町に注目が集まっているのを機に、海洋国家・日本が守るべきものを考えてみたい。(外信部 平田雄介)

 昭和20年8月15日の終戦後から間もなく、日本列島周辺の海域に数えきれないほど設置された機雷を取り除く「掃海任務」が始まった。

 帝国海軍の衣鉢を継ぎ、しかし「専守防衛」のための部隊に生まれ変わった海上自衛隊が呉市に置く史料館「てつのくじら館」の常設展示は、海自の原点となった掃海任務の重要性を伝えることから始まる。

 四方を海に囲まれ、資源に乏しい日本は、国民の暮らしに欠かせない多くの物資を海外からの輸入に頼らざるを得ない。展示は、そうした物資を運ぶ商船が自由に往来できる「平和で安全な海」を保つことこそ、海自最大の使命だと教えてくれる。

 暮らしの必需品は数あれど、全般にわたって生活を支えるのがエネルギー資源だ。電気なしには電車もエレベーターも動かない。テレビやパソコンも使用できず、家々の明かりも灯らない。ガスがなければ多くの家庭で風呂を沸かせず、料理ができない。石油がなければ車や飛行機、船を動かす燃料が作れない。



 東日本大震災の折、東京電力福島第1原発の事故をきっかけに首都圏が電力不足に陥り、多くの人の暮らしを直撃したのが9年前。以来、原子力に対する風当たりは強い。そうかといって、太陽光や地熱といった再生可能エネルギーで国民の暮らしと経済活動を支える目途も立っていない。

 日本の一次エネルギー供給の約4割を占める石油はまさに「死活的に重要」(菅義偉官房長官)だ。

 今月2日、護衛艦「たかなみ」が神奈川県の海自横須賀基地を出港した。日本の石油輸入の9割近くを依存する中東海域の安全を守るため、P3C哨戒機部隊とともに情報収集の任務に就く。テレビニュースは見送りの列の中で涙ぐむ若い女性の姿を写していた。乗艦する約200人の中に大切な人がいるのだろう。『この世界の片隅に』の主人公すずが任地に赴く兄や幼なじみに抱く感情は昔の話ではない。

 自衛官やその家族に対してはもっと敬意が払われてよい。以前、ある退役空将が「自衛官の子息が、同級生から『人殺しの子ども』とののしられたりすることが珍しくない」と嘆くのを聞いたことがある。

 記者(平田)が現在、出張中の米国では、退役を含め軍人は丁重に扱われる。個人の心の持ちようとしてだけでなく、美術館や博物館といった施設の料金が割り引かれるなど社会として敬意を払う。

 日本でも東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨など災害救助を機に自衛隊が国民に身近な存在となり、先述のような「いわれのない中傷は減っている」(陸将補)と聞く。



 そして今後は、より自衛隊に敬意を払う機会が増えるかもしれない。皮肉にも日本を取り巻く環境が厳しさを増し、自衛隊の活動の幅が広がる可能性があるためだ。既存の国際秩序に満足しない中国やロシア、北朝鮮が近隣にあるだけではない。自由と民主主義という価値観が同じはずの韓国が権威主義国家の中国や北朝鮮になびき、同盟国の米国も自らの利益を「第一」に力の配分を再考している。

 昨年、米国はエネルギーの純輸出国に転じた。トランプ大統領の「中東地域の原油は必要ない」という発言と、タンカー危機をきっかけとして中東のイランに近い海域で自国船保護の努力を各国に求める動きは無関係ではないだろう。

 この中東のイランに近い海域が、安倍晋三政権が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」には含まれる。米国の優先度が下がった海の安全を守るため、日本のプレゼンス(力の存在)を一段階引き上げる必要に迫られた末に出した答えが、護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機部隊の派遣といえる。

 日米安保条約改定の調印から60年を迎えた1月、米国のポンぺオ国務長官とエスパー国防長官は日本の茂木敏充外相、河野太郎防衛相と連名で「民主主義、人権の尊重、そしてルールに基づく国際秩序といった価値に根ざした日米同盟は、自由で開かれたインド太平洋というビジョンを実現しつつある」とする共同発表文書を出した。米国の重要な利益と関心がインド太平洋に存在するという米政府高官の認識を示すとともに、中東海域への部隊増派を決めた日本の自助努力を彼らが評価していることの表れだ。



 しかも、日本の自助努力を求める米国の声は今後、強まることはあっても弱まることはないのではないか。

 それは第一にトランプ氏が「日本の貢献が今後も拡大」するよう期待しているからだが、より広く米国民の原体験に根づく発想だからでもある。

 「曾祖父は独力で農地を切り拓いた。その勤勉さを尊敬しているし、受け継いでいく」。大統領選の指名候補を決める党員集会が全米で最も早く開かれたアイオワ州で2月、トウモロコシと大豆を生産する農家のビアードさん(44)は誇らしげに話していた。

 自助努力を評価する米国の伝統的な精神は、政権が交代しても変わらない。自由で開かれたインド太平洋を米国とともに実現しようと望むなら、日本は新たな役割を果たし続ける覚悟を持たずにはいられない。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : これからの日本について
ジャンル : 政治・経済

「自衛隊明記は禍根残す」 自民・古賀元幹事長【政治政局】【憲法9条と自衛隊】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 自民・古賀元幹事長 「自衛隊明記は禍根残す」 

 古賀元自民党幹事長が非現実的な妄想である「自衛隊明記は禍根残す」等と主張したらしい。日本国憲法はGHQによって押し付けられた憲法であり、憲法9条が日本の平和を守っているというのも妄想であるのは明白だ。永世中立国を明言しているスイスでさえ自国の軍隊を持っているし、2年間の兵役義務がスイス国民にはある。それを自ら保守本流等と名乗り未だに自らが自民党及び日本政界の中心人物であるかの様に振る舞う妄言爺の古賀誠・元自民党幹事長の言動には呆れるしか無い。

 日本が国際標準の憲法整備には大きく遅れているのは明白である。それは現行憲法が、未だに日本国民だけで成文化した憲法ではないからだ。それだけでも恥ずかしい事であるにも拘わらず、「憲法9条」等という非現実なモノを保持し、その「憲法9条」のお蔭で戦後の日本は平和を維持できた等と妄言を吐く人間が多い。まあ、その殆どは「反日左翼リベラル系」なのだが。

 自民党の悲願は憲法改正で自主憲法の実現の筈なのに、元自民党幹事長で保守本流を公言している古賀誠氏が憲法改正を否定するとは何とも矛盾している。

 それ程に「憲法9条」改正や憲法への「自衛隊明記」がおかしいと思うのであれば、「特亜三国」(=中国・韓国・北朝鮮)以外の国々に対してアンケートをすると良い。「憲法9条」によって日本の平和が守られるのであれば、その他の国々も「憲法9条」を採用する筈だ。それが非現実的であることが明白だからこそ、日本以外にその様な馬鹿げたことをどの国もしないのだ。
 
 いい加減に日本国民は目を覚ますべきだ!




【政治政局】【憲法9条と自衛隊】
「自衛隊明記は禍根残す」 自民・古賀元幹事長
2020.1.27 13:31

古賀誠・自民党元幹事長


 自民党の古賀誠元幹事長は27日、大阪市で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、憲法9条に自衛隊を明記する党改憲案に関し、「世論の中で議論は巻き起こってない。自衛隊を書く必要はない。書き込む方が将来に禍根を残す」と強調した。

 自衛隊明記は安倍晋三首相が提起した。古賀氏は「9条は世界遺産で、絶対に守るべきだと今こそ言わなければならない。自衛隊は国際法上、既に普遍のものとして認められている」と訴えた。

 「ポスト安倍」を巡り「菅義偉(すが・よしひで)官房長官に大きな期待を持っているのは間違いない」としつつ、「宏池会政権を実現させるのは私の使命だ」と述べ、岸田派(宏池会)を率いる岸田文雄政調会長への期待感を示した。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

日米安保条約改定60年式典を開催 首相「世界の平和・繁栄保証する不動の柱」強調【日米安保改定60年】【政治政策】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 首相「世界の平和・繁栄保証する不動の柱」強調 日米安保条約改定60年式典を開催

 時代に合わせて現実的な改善する事は、何事においても必要だ。それは日米安保条約においても同様である。日米安保条約を改善するのであれば、是非とも「憲法9条」の変更と共に自衛隊を不必要に縛り付けているポジティブリストを国際標準のネガティブリストへと改善しなければならない。




日米安保条約改定60年式典を開催【日米安保改定60年】【政治政策】
首相「世界の平和・繁栄保証する不動の柱」強調
2020.1.19 14:42

安倍晋三首相(春名中撮影)


 改定された現在の日米安全保障条約が調印されてから60年を迎えた19日、外務省飯倉公館(東京都港区)で記念レセプションが開かれた。日本側は安倍晋三首相、茂木敏充外相、河野太郎防衛相ら、米側はヤング駐日臨時代理大使や在日米軍幹部らが出席した。

 首相はあいさつで「日米安保条約は、アジアとインド・太平洋、世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱だ」と強調。その上で「これからは宇宙やサイバースペースの安全、平和を守る柱として同盟を充実させる責任が私たちにはある」と語り、同盟関係を一層深化させていく決意を示した。

 旧日米安保条約を改め、米軍による対日防衛が義務となった現在の日米安保条約は昭和35(1960)年1月19日、米ワシントンのホワイトハウスで当時の岸信介首相、アイゼンハワー大統領の下で署名した。

 首相はあいさつで、祖父の岸氏が「これから始まる新たな100年、両国にさらなる信頼と協力あれ」と述べたことを紹介し、「当時の祖父と同じ年齢に達した私は同じ誓いをささげようと思う」とも語った。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

【産経抄】1月19日 戦後日本に問われる覚悟

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 戦後日本に問われる覚悟

「戦後日本に問われる覚悟」が【産経抄】1月19日に書かれているが、内容は誰にでも理解できる程、明解で平易な文章で書かれている。

 しかし、このコラム若しくは同様の記事を読んでも日本の国益を考えないボンクラ野党と反日左翼リベラル・プロ市民やマスゴミは憲法9条を厳守することに固執し、日本の平和と安全を守ろうとする自衛隊を縛ろうとする。不思議なことに彼等は「特亜三国」である中国・韓国・北朝鮮の軍事拡大や暴挙には大甘だ。
 何故か? それは彼等が机上の空論に生きているのか、もしくは日本の国益よりも「特亜三国」(=中国・韓国・北朝鮮)の国益を優先しているからだとしか考えられないのである。

 日本人もそろそろ現実主義者になって日本と世界の平和と安全と繁栄を真剣に再考すべきだ。




【産経抄】1月19日
戦後日本に問われる覚悟



 反米の革命政府を九州に打ち立て、日本から独立させる。朝鮮戦争が起こった1950年当時、日本の共産主義者は南進する北朝鮮軍と呼応して、九州の「赤化」を狙っていた(谷口智彦著『日本人のための現代史講義』)。

 ▼いまの時代からみればおとぎ話にすぎない日本の共産化も、その頃は現実となる恐れがあった。朝鮮半島の情勢次第では、左右どちらに転ぶか分からない。そんな危うい時代だった。西側陣営の一員として戦後の国際秩序を担う歩みは、日本の賢明な選択と米国の協力から生まれている。

 ▼日米関係の背骨をなす安全保障条約は改定から60年となった。その間に冷戦が終わり、ソ連が崩壊し、テロとの戦いが始まり、中国の軍事・経済での台頭を見た。変化の中で同盟の結束が試され、磨かれ、やっと迎えた還暦である。

 ▼国際情勢の激しい変転を見たこの10年で、日米安保は「進化した」との声も聞く。限定的ながらも、日本は集団的自衛権の行使に道を開いた。日米同盟の視野は当初の極東地域からインド太平洋へ、さらには世界へと広がっている。

 ▼さりとて日本に努力の余地がないわけでもない。評論家の谷沢永一さんは生前、自分の隙は相手の攻撃心を誘うと書いていた。国と国の争いも同じで「相手に勝てると思わせた弱い国の方に本当の落ち度がある」と。例えば自衛隊の活動を極度に縛る憲法は、敵につけ込まれる隙だろう。

 ▼中国や北朝鮮など国際社会の脅威に、日本は至近距離で対峙(たいじ)している。こちらから仕掛けよ、と言うのではない。一線を越えさせぬためにも抑止力を高め、隙を見せないことである。戦後日本の選んだ道は正しかった、と胸を張れるか。日米安保が問いかけるのは、その覚悟にほかなるまい。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

【主張】日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす【日米安保改定60年】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす

 先ず強調しておきたいのが、戦後日本の平和は憲法9条のおかげではない! 日本の国益を考えないボンクラ野党と反日左翼リベラル勢力に加えてマスゴミによる洗脳報道に騙されてはいけない。日本の憲法9条では日本の安全を守れないのが現実だ。

 確かに、日本の外交努力に加え、自衛隊も日本の安全に寄与しているが、日本の安全が保持されてきた最大要因は日米安保に基づく駐留米軍が抑止力として機能してきたから平和が保たれたのだ。

 今までは成功した安保条約だが、「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国の脅威が高まる中、「金王朝独裁支配国家」北朝鮮も核やICBMの開発を推し進めている。
 時代に合わせてそろそろ日米安保及び日本国憲法の再改定が必要だ。日米安保の「片務性」を再改定で日米が真に守り合う関係にすべきだ。
 勿論、日本自身が一層、防衛力強化に努めるべきだ。特に海上自衛隊及び海上保安警備を増強し、「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国からの脅威に備えなければならない。
 また、敵基地攻撃能力の保有を含め「専守防衛」から「積極防衛」へ転換し、自衛隊の行動規範もポジティブリストから国際的標準なネガティブリストへと変更する事が必要である。

 日本の平和安全を守る為に、時代に沿った改変を実行することこそが重要である。日本の国益を考えないボンクラ野党と反日左翼リベラル・プロ市民及びマスゴミは、日本の憲法9条では日本の安全を守れないという現実を理解すべきだ。




【主張】日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす【日米安保改定60年】
日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす
2020.1.19 05:00


 ■再改定と防衛力の強化を図れ

 日米両政府が、旧日米安全保障条約に代わる現行の安保条約への改定に署名してから、19日で60年を迎えた。

 昭和26年に結んだ旧条約と合わせ、新旧の安保条約は日米同盟体制の基盤となり、日本の独立と平和、そして自由を守ってきた。

 日米同盟は世界の歴史の中でも極めて成功した部類に入る。それは日本の防衛を実現したことにとどまらない。当初は極東の、そして今はインド太平洋地域ひいては世界の平和と安定の礎としての役割を果たしているからである。

 日米安保の国際公共財としての意義も銘記しつつ、新たな時代へ向けて強固な同盟の維持、発展を目指したい。


 ≪世界安定の「公共財」だ≫

 日米の外務・防衛担当の4閣僚は17日、共同発表で改定60年を祝い、「両国が共有する価値及び利益を守るため、献身的に奉仕する自衛隊及び米軍に感謝の意を表する」と強調した。

 戦後日本の平和は憲法9条のおかげではない。外交努力に加え、自衛隊と、日米安保に基づく駐留米軍が抑止力として機能してきたから平和が保たれてきた。

 60年の間、同じ安保条約の下で世界の情勢はさまざまに変化した。はじめの約30年間はソ連の脅威への対処に追われた。ソ連崩壊後は同盟の危機が叫ばれ、日米は平成8年の安保共同宣言で、日米安保をアジア太平洋地域の安定の基礎と再定義した。

 その後、中国の急速な軍事的、経済的台頭と北朝鮮の核・ミサイル開発の進展で日米安保が備えるべき新たな対象が明確になった。尖閣諸島など南西諸島防衛の重要性が増し、朝鮮半島有事と台湾海峡危機、南シナ海情勢への対応も真剣に考えなければならなくなっている。

 安倍晋三首相は平成27年、集団的自衛権の限定行使を容認する安保関連法制定を実現した。これにより、北朝鮮問題対処などに日米が協力して当たっている。

 旧安保条約は占領終結後も米軍が日本に駐留すると定めつつ、米国の対日防衛の義務を明記しなかった。駐留米軍を日本の内乱鎮定に使用できる条文もあった。これらは独立国にふさわしくないと当時の岸信介首相は考え、左派勢力の猛烈な反対をよそに現行条約を結んだ。内乱条項は削除され、米国の日本防衛義務(5条)と日本による駐留米軍への施設・区域(基地)の提供(6条)が定められた。日本は米国を防衛する義務を負わないため、全体としてバランスを取る「非対称の双務性」と説明されている。

 在日米軍基地のおかげで、米軍は西太平洋から中東まで展開できる。日米安保は米国の世界戦略に不可欠の存在となっている。


 ≪自ら守る気概取り戻せ≫

 そうであっても、日米安保には不安定な点もあり、空洞化や破綻を招かぬよう努力が必要だ。

 日本の集団的自衛権の行使には過度な制限がある。安全保障にうとい首相が登場すれば、有事に日米が守り合う関係になれず、同盟が危機に陥りかねない構造的な不安定性が残っている。多くの野党が集団的自衛権の行使容認は違憲だと叫んでもいる。

 日米安保への「片務的」という批判をトランプ米大統領も口にした。米政府から駐留米軍経費の増額圧力が高まっている。日本政府は安保条約の意義を繰り返し説くべきだが、不安定性の問題を放置しては危うい。

 日米安保には副作用もあった。戦後日本人は米国への依存心を強め、自国や世界の平和を守る自立心と気概を失った。だが、それでは済まされない時代になった。

 米国の世界における相対的国力は低下しつつある。トランプ氏やオバマ前大統領が「米国は世界の警察官ではない」と語るなど米国には内向き志向が現れている。宇宙やサイバーなど新たな領域への取り組みも重要だ。中国の軍拡はなお急ピッチだ。

 成功した安保条約だが、そろそろ再改定が必要ではないか。産経新聞は平成23年、再改定案を提言した。「片務性」批判という条約上の不安定性を除くため、再改定で日米が真に守り合う関係を整えたい。日本自身が一層、防衛力強化に努めるべきはいうまでもない。その際、敵基地攻撃能力の保有を含め「専守防衛」から「積極防衛」へ転換し、日本の役割を増すことが必要である。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001