【国際嫌韓流】韓国崩壊=世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に!! 詰んでしまった”韓国信用という踏み絵”を踏めるか【韓国経済大崩壊】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に!! 詰んでしまった”韓国信用という踏み絵”を踏めるか

 世界各国が韓国との通貨スワップ協定の延長を拒否!

 韓国経済大崩壊に備えて、日本は「非韓五原則」を厳守していくべきである。日系企業も早期に韓国から撤退を急ぐべきである。
 
 
●「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない 




【国際嫌韓流】【韓国経済大崩壊】
世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に!! 詰んでしまった”韓国信用という踏み絵”を踏めるか


●韓国崩壊=世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に!! 詰んでしまった”韓国信用という踏み絵”を踏めるか
10:54 嫌韓・中国・崩壊ニュースCH

Published on Mar 11, 2017


●韓国崩壊=韓国記者の取材に『豪高官が物凄い発言をして』世論が大炎上!! 豪州がこんなことを言うなんて失望した…
04:24 嫌韓・中国・崩壊ニュースCH

Published on Mar 11, 2017












左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【ビジネス解読】88年の“悪夢”再び!? 韓国の金融・財政両トップが否定できない 米トランプ政権の為替操作国指定【韓国経済大崩壊】「韓国ディフォルト再現」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国88年の“悪夢”再び!? 韓国の金融・財政両トップが否定できない 米トランプ政権の為替操作国指定!

 韓国政府には「韓国ディフォルト再現」「韓国経済大崩壊」等の悪夢が現実になりつつ有るのを実感しているのではないか? 狂気の「超」反日を国家・国民全体で推し進めている時ではないことを韓国民は気付くべきだ! 気付かないと思うが……。





【ビジネス解読】【韓国経済大崩壊】
88年の“悪夢”再び!? 韓国の金融・財政両トップが否定できない 米トランプ政権の為替操作国指定
2017.4.16 10:00

G20財務相会合の記念撮影を終えた柳一鎬副首相(中央左)とムニューシン米財務長官(同右)=ロイター



 トランプ米政権による「為替操作国」への指定をめぐり、韓国が警戒感を強めている。トランプ米大統領が中国や日本を通貨安誘導のやり玉に挙げた際、政府は「為替操作を行っていない」と強くアピールした。ところが、韓国では柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官や、韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁ら首脳から「米国による為替操作国指定を完全に排除できない」と“弱腰”の発言が相次ぐ。ドイツ・バーデンバーデンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議でも効果的な釈明はなされぬままだ。米財務省が4月にまとめる為替政策報告書で、韓国が為替操作国に認定される悪夢が近づきつつある。(4月4日にアップされた記事を再掲載しています)

異口同音

 「為替操作国の指定を受ける可能性を完全に排除することはできない」 3月24日、対外経済長官会議を終え、政府ソウル庁舎で会見した柳副首相は、記者団の質問にこう答えた。本来なら指定されることはないと前置きし、トランプ米政権により従来の判断基準が変更された場合の懸念を公にした形だ。

 報道陣からは、為替操作国に指定された場合の影響については「仮定の話はできない」と言葉を濁し、「過去に指定された際の事例をみれば、答えが出るだろう」と述べるにとどめた。



 これに先立つ23日には韓銀の李総裁が懇談会で、「われわれが懸念を示すのは望ましいことではないが、為替操作国に指定される恐れは排除できない」と、警戒感をにじませた。

 両者ともこれまでは「韓国は為替操作国ではない」(柳副首相)「指定される可能性は低い」(李総裁)と、否定的な発言をしていた。聯合ニュースによると、2月には英フィナンシャル・タイムズが報じた「アジアの為替操作国は韓国、台湾、シンガポールだ」とする記事に対し、企画財政部と韓銀の連名で、異例の抗議書簡を送ったほどだ。 そんな韓国の財政・金融政策の両トップが、為替操作国指定への懸念を異口同音に示した。その直前、3月17~18日にドイツで開かれたG20財務総会合があったことをかんがみれば、米側との接触で従来のスタンスの修正を迫られる事態となった可能性は否定できない。

わずか10分!?

 では、G20財務相会合に伴う、米韓の会合はどんな状況だったのか。柳副首相は3月17日(現地時間)、ドイツでムニューシン米財務長官と会談した。東亜日報によると、柳副首相はムニューシン氏に対し「韓国の経常収支の黒字は、人口構造の変化や原油価格の下落などの構造的な要因によるものだ。為替レートの影響は微々たるものにすぎない」と説明したという。つまり為替操作によるウォン安誘導で経常黒字を膨らませたわけではない、と釈明したわけだ。



 当然、そんな責任回避の言い訳が通じるわけもなく、会談はわずか10分程度で終了。ムニューシン氏の反応は「(韓国政府の立場は)よく分かる」という程度にとどまったという。米韓は4月の国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会に会談を持ち越した。結局、為替操作にいらだつ米国をなだめるには至らなかったのが実情だ。 韓国の企画財政部はG20後、対外経済長官会議のリリースで、「米新政府が主要貿易相手国との貿易赤字問題などを持続的に提起している状況なので、韓国政府の為替政策はもちろん、バランスの取れた貿易構造の形成のための政策的努力などを積極的に伝える計画だ」と発表した。しかし、ディールメーカー(交渉仕掛け人)を自任するトランプ氏が、具体的な成果でなく、政策的「努力」を伝えるだけで納得するとは、いささか考えにくい。

アジア2番目?

 米信用調査会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)グローバル・レーティングスは3月15日、アジア9カ国を対象とするリポートで、韓国が台湾に次ぎ、2番目に為替操作の疑惑が強いとするランキングを発表した。2006年から2016年までの各国の経常収支と実質実効為替レート、外貨準備高の3つを指標に、為替操作の疑いが高い国をランク付けしたものだ。



 報告書によると、韓国は実質実効為替レートの観点で、為替操作の可能性が9カ国のうち最も高くなり、経常収支の黒字では3番目、外貨準備高では5番目に疑わしい、との結果となったという。リポートでは06年を100とした場合の実質実効為替レートは、平均的な通貨で4.7%上昇したが、韓国ウォンはほとんどの期間下落し、平均で16.5%下落したという。

 報告書をまとめたアジア太平洋担当チーフエコノミストのポール・グルエンウォルド氏は「実質実効為替レートの調整がうまく行われないというのは、外国為替市場が正常に機能しないように(外国為替当局が)調整しているという証拠になることがある」と指摘した。

 では、韓国が為替操作国に指定された場合、どうなるのか? 過去のケースを見ると、米国は1988年から90年にかけて、韓国を為替操作国に指定した経緯がある。韓国の通信社ニューシスによると、この前後でウォンはドルに対し1ドル=860ウォン前後から670ウォン前後まで約20%上昇した。ウォン高に伴う輸出悪化などから、国内総生産成長率は2年間で5ポイントあまり下落したという。 今回、為替操作国に指定された場合も、ウォン安が是正されるという思惑が広がれば、一時的に前回と同様にウォン高が進む恐れがある。その後、輸出不振が実体経済にも影響を与え、景気が減速。ヘッジファンドがウォンの空売りに転じ、ウォン相場が暴落する-という一連のシナリオが現実化する恐れも否定できない。それは、韓国経済にとって2度と見たくない悪夢の再来でもある。(経済本部 内田博文)







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【国際情勢分析】韓国財閥「チェボル」は力を失うのか 英フィナンシャル・タイムズは次の「大統領」に注文【韓国経済大崩壊】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国財閥「チェボル」は力を失うのか 英フィナンシャル・タイムズは次の「大統領」に注文

「チェボル」(=韓国財閥)と言っても、韓国財閥の株主構成を調べるとサムスンでさえ実際は外資企業であって純粋な韓国企業ではない。
だからこそ韓国財閥「チェボル」は、株主に利益を齎す経営を再優先にして韓国人従業員への給料を抑えている。勿論、優秀な韓国人従業員には高額の給料を支払うがいつでもお払い箱になる可能性はある。
今後は、韓国財閥「チェボル」の実際のオーナーである外国人株主達は、どの様な決断を下すのだろうか? 取り敢えずは、株を持ち続けて様子を見るのだとは思うが、韓国財閥「チェボル」に未来は危ないと確信した時点で株を叩き売ってしまうのか? 

 韓国経済大崩壊はドンドンと近付いていると思われるので、日本企業ができるだけ多く「無法国家」韓国と「ならず者国家」中国から脱出すること願っている。
 
 韓国財閥「チェボル」がガタガタになれば、日本の電機メーカー及び競争企業は息を吹き返して来るであろうから、韓国財閥「チェボル」が崩壊せずに低空飛行を続けざるを得ない様な政治的制裁を次期韓国政府が決断することに期待したい。




【国際情勢分析】【韓国経済大崩壊】
韓国財閥「チェボル」は力を失うのか 英フィナンシャル・タイムズは次の「大統領」に注文
2017.4.6 12:00

3月18日、取り調べのためソウルの特別検察官事務所に連行されたサムスン電子副会長の李在鎔容疑者(ロイター)


 韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告への贈賄疑惑をめぐり、最大財閥サムスングループの経営トップが起訴された。韓国の財閥は「チェボル」と呼ばれ、電機業界などで日本企業をしのぐ国際競争力の源泉となってきた。疑惑の渦中でチェボルは、国民から強い反感と疑念を向けられている。韓国では今後、チェボルに対する規制強化が進む可能性が高い。その場合、財閥改革が、韓国企業の競争力に及ぼす影響にも関心が寄せられている。

 「韓国は決定的な岐路に立っている。それは、重要な改革を進める好機でもある。つまり、行き詰まりを見せる財閥が主導する経済だけでなく、より幅広い意味で、政治文化や外交政策を改革する機会になるということだ」

 英紙フィナンシャル・タイムズ(13日、電子版)はこう述べ、朴氏をめぐる混乱が、むしろ韓国が前進するチャンスになるとの論説を掲載した。韓国人は騒動を「恥辱」ではなく「誇り」をもって受け止めるべきだとし、政治・経済にはびこる「縁故主義」を断ち切るべきだと主張する。




 同紙は、次期大統領選で勝利が有力視される最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表に、改革の断行を求めた。贈賄側で起訴されたサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告について、有罪となった場合、これまで韓国で慣例だった特赦をせず、「ふさわしい処罰を受けさせるべきだ」と断じている。

 同紙は20日の記事でも、「われわれは政府と経済界のなれ合いを断固として断ち切らねばならない」との文氏の言葉を紹介。文氏の改革姿勢が試されているとする。

 疑惑追及の余波を受けているのは、サムスンだけではない。崔被告の事件では、サムスンに加え、ロッテやSKなどの財閥グループの経営トップも、出国禁止となっており、経営にも影響が出ている。

 チェボルは金融機関を含む幅広い企業群で成り立つ。薄型テレビや半導体といった分野で、サムスン電子などの韓国メーカーが日本企業としのぎを削った2000年代後半、チェボルは威力を発揮した。液晶パネルや半導体の工場の新設には、数千億円規模の投資が必要。韓国メーカーは、硬直化した日本企業に失われた迅速な経営判断や、市場特性に適した製品開発力で、やがて日本メーカーを追い抜いていった。ただ背後には、チェボルの巨大な資金力があったのは確かだ。当時、日本の電機メーカーの幹部から、次々と巨額投資計画を発表して、たたみかけてくる韓国企業に対する恨み節が聞かれたものだった。



 韓国は「財閥バッシング」の空気一色だが、過度な規制がチェボルの機能低下を招く恐れも指摘されている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(先月21日付)は、「次期政権が(改革推進で)踏み込み過ぎ、起業家精神あふれる企業所有者を無力にしてしまうリスクもある」として、競争力を失わせてしまうような改革に警鐘を鳴らした。








続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

サムスン失墜、国内部品に余震 韓国検察、副会長の逮捕状請求【韓国経済大崩壊】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国検察が副会長の逮捕状請求 サムスン失墜、国内部品に余震 

 韓国一位の財閥であるサムスンに大打撃が与えられる事になるだろう。韓国の経済が大崩壊へと進む速度が加速されるだろう。




【韓国経済大崩壊】
サムスン失墜、国内部品に余震 韓国検察、副会長の逮捕状請求
2017.1.17 12:27

韓国国会の聴聞会に出席したサムスングループの李在鎔副会長=2016年12月、ソウル(聯合=共同)

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑をめぐり、検察当局は16日、贈賄容疑でサムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の逮捕状を請求した。同グループが培ってきたブランドの失墜が避けられない事態になりそうだ。韓国経済への打撃となるだけでなく、サムスン電子と取引の多い日本の電子部品メーカーなどの業績にも悪影響が及ぶ可能性がある。

 李副会長の逮捕で経営の空白が生じれば、重要な経営戦略の意思決定に影響が出るのは必至だ。だが、それ以上に大きいのが企業イメージやブランドの低下だろう。サムスン電子は昨年8月に発売した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」でバッテリーが発火する事故があり、生産・販売停止に追い込まれたばかり。相次ぐ不祥事が消費者の“サムスン離れ”を引き起こしてもおかしくない。

 日本の事業はスマホ販売が主体でシェアは1割程度。「販売への影響が懸念される」と日本法人の広報担当は話す。

 サムスン電子の2016年12月期連結決算(速報値)は世界シェア首位の記憶用半導体が好調で、営業利益が前期比11%増の29.2兆ウォン(約2兆8300億円)と過去最高だった13年12月期に次ぐ水準。ただ、消費者の信頼を失い、スマホやテレビなどで世界各地のシェアを落とせば、17年以降の業績は厳しさを増す。


 サムスン電子の売上高は韓国の国内総生産(GDP)の約2割を占めるとされ、韓国経済への懸念にもつながりかねない状況だ。サムスンは創業家による不透明な支配構造を脱却すべく、持ち株会社制への移行などの企業統治改革が急務となる。

 一方、サムスンは電子部品などで強い競争力を持つ日本企業との関わりも深い。発火事故を起こした新型スマホをめぐってはTDKや村田製作所などが部品を供給しているとみられる。「スマホ市場全体を見れば、影響は考えづらい」との声もあるが、他製品の販売も下振れすれば、日本企業への打撃は深まる。各社とも「今後の動向を見極めていきたい」(電子部品大手)と警戒感を強めている。











続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ















左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に。今年度内に殆どが終了する見込み【国際嫌韓流】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に。今年度内に殆どが終了する見込み! 






【国際嫌韓流】
世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に。今年度内に殆どが終了する見込み


●世界各国が『韓国との国際協定を続々と破棄する』末期的な事態に。今年度内に殆どが終了する見込み 12:05 日本の力

Published on Jan 13, 2017















左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001