【環球異見・香港返還20年】台湾・自由時報「香港の一国二制度は台湾人民をだます政治的詐術」「香港人が何を失ったかは明白」【国際嫌中流】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「香港の一国二制度は台湾人民をだます政治的詐術」「香港人が何を失ったかは明白」と台湾・自由時報。
 
 香港の一般市民は「ならず者国家」中国から民主主義的基本的人権さえも押さえつけられているのが現状だ!




【環球異見・香港返還20年】【国際嫌中流】
台湾・自由時報「香港の一国二制度は台湾人民をだます政治的詐術」「香港人が何を失ったかは明白」
2017.7.10 13:00


 台湾の自由時報は、1日付で「誰が香港を失ったのか」と題する社説を掲載し、香港返還後の20年間を総括した。社説は、香港に降り立った中国の習近平国家主席が、抗議の人々を徹底的に排除した中で「一国二制度を確保していきたい」と語ったのは、「破格の皮肉に聞こえる」と指摘、中国の香港統治を厳しく批判する。

 同紙は、中国が本来、一国二制度の対象として想定していたのは統一後の台湾であることを念頭に、「香港での一国二制度の実施は、香港人と国際社会、そして台湾人民をだますための政治的詐術にすぎない」と断じる。中国にとって一国二制度の破綻はとっくに分かっていることであり、中国の本当の狙いは「中国の夢というパズルのピースである香港」を絶対に手放さないことだ。

 社説によれば、20年の統治を経て、香港の生活水準は低下し、貧富の格差は広がっている。台湾では1996年に総統の直接投票制が始まり3回の政権交代を経験したのに対し、97年に中国に返還された香港では「鳥かご民主」と呼ばれるわずかな民主化要求すら実現できず、香港政局は北京が統制する「内輪の選挙」で決まる。英中共同声明であれ香港基本法であれ、北京から見れば「言葉の遊び」にすぎず、「一国二制度は50年間変わらない」という言葉を信じた者は「ひどい目に遭う」と手厳しい。

 社説は、「英国は20年前、香港を失ったが、20年を振り返れば、文明社会が何を失ったか、香港人が何を失ったかは明らかだ」と指摘。その一方で、「台湾は普遍的な価値を実現した揺るぎないとりでだ」として、台湾の民主化の進展を自賛した。

 聯合報も1日付社説で返還後20年で香港の経済などは中国と近づいたが、「香港の人々の心は大陸(中国)から徐々に離れている」と主張。「民主的で平等で繁栄した香港は中国の長期的利益にも合致する」とし、香港の「特殊性」を尊重するよう中国当局に呼びかけた。(台北 田中靖人)

                   






続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

【激震・南シナ海】ベトナムが石油掘削を強行 中国の報復も

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ベトナムが石油掘削を強行 中国の報復も
 
ベトナムが「ならず者国家」中国と対決姿勢を示した!

後は、アメリカがベトナムをバックアップするかどうかだ。

若しかすすると、フィリピンもベトナムに呼応して反中国の姿勢を示すかも知れない。

今、ベトナムが熱い!




【激震・南シナ海】
ベトナムが石油掘削を強行 中国の報復も
2017.7.5 17:50

中国とベトナムが領有権を主張して対立する南シナ海のパラセル(西沙)諸島


 【シンガポール=吉村英輝】英BBC放送(電子版)は5日、中国も領有権を主張する南シナ海海域で、ベトナムが石油探査に向けた海底掘削に着手した、と報じた。この探査をめぐっては、中国人民解放軍首脳が激高し、訪越日程を切り上げた経緯がある。報道が事実であれば、ベトナム政府は、中国側の猛抗議を無視して掘削を強行したことになり、中国による報復も予想される。

 シンガポールの石油コンサルタントの話として伝えた。ベトナム南東部の南シナ海の鉱区開発権を持った国際石油会社が、委託した探査船で先月21日、ベトナムから約400キロの海底掘削を始めたという。

 別の関係者は、ベトナム政府は過去3年間、中国を刺激することを避けるため、同社に掘削許可を出さなかったとしている。BBCは、中国との衝突リスクが弱まったと判断したベトナム上層部が、「大胆な行動」に出た可能性を指摘した。

 同鉱区と重複する海域では、中国も独自に権益を設定し、中国共産党の幹部が名を連ねる香港の石油会社が2014年、開発権を購入しているという。

 ベトナムの石油探査の動きを受け、人民解放軍制服組トップの范長竜・中央軍事委員会副主席は6月18日、ハノイでのベトナム首脳らとの会談で中止を要求。だが拒否されて激高し、20日から予定していた二国間防衛対話などを突然キャンセルして出国した。








続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

「未婚女性は30万人から50万人ぐらいが中国に強制連行された…」 ウイグル人らが人権弾圧の実態を報告(詳報)【国際嫌中流】【中国による人権弾圧】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 新疆ウイグル自治区で虐待されるウイグル人達。ウイグル人達は中国によって奪われた母国東トルキスタン王国の復活を願っている。
 中国は侵略し占拠・支配し続けるた東トルキスタン王国をウイグル人達に返還する意志はあるのか?
 「未婚女性は30万人から50万人ぐらいが中国に強制連行された…」 ウイグル人らが人権弾圧の実態を報告(詳報)という報告を世界は無視し続けるのか?
 日本の捕鯨には目くじらを立てて騒ぎ立てる先進国が「ならず者国家」中国によるウイグル人虐待を無視し続けるのは何故か?
 
 チョウニチ新聞(朝日新聞)は中国人による悪事は全て無視し続ける!
 
  



【国際嫌中流】【中国による人権弾圧】
「未婚女性は30万人から50万人ぐらいが中国に強制連行された…」 ウイグル人らが人権弾圧の実態を報告(詳報)
2017.5.26 21:58



バロチスタンの人権状況について報告するバロチスタン藩王国のスレマン国王=26日、東京・永田町の参議院会館(今仲信博撮影)
 中国やパキスタンによる人権弾圧に対する関心を高めてもらおうと「アジアの平和と人権に関する国際シンポジウム」(呉竹(くれたけ)会アジアフォーラム主催)が26日、東京・永田町の参院議員会館で開かれた。パキスタンのバロチスタンや中国の新疆ウイグル、内モンゴル自治区(南モンゴル)の出身者や関係者らが抑圧の現状を訴え、日本の支援を求めた。主な登壇者の主張要旨は次の通り。

スレマン氏(バロチスタン藩王国国王)

 パキスタンは武器の力でバロチスタンを侵略し、世界も許可した。今のバロチスタンの独立運動は外部からの陰謀ではなく、強い求めに応じて起きたもので、主権を取り戻すために戦い続けている。

 パキスタンの中のバロチスタンの人権問題は非常に深刻だ。殺して捨てる、強制的に行方不明になるというのが日常茶飯事だ。パキスタン政府は、ジャーナリストによるバロチスタンの状況のリポートを拒んでいる。

 彼らの一人ひとりには神より与えられた生きる権利、尊厳ある生活をする権利といった他の人々が当然のようにしている権利がある。

 みなさんに注意喚起したい。「中国パキスタン経済回廊」(CPEC)は中国の軍事的なプロジェクトだ。これによりバロチスタンの人らが生存権を脅かされている。

 中国人はバロチスタンには歓迎されておらず、中国による植民地化に強く反発している。母国を断固として守り抜く覚悟だ。

 日本のみなさん、パキスタンをテロ国家であると宣言してほしい。さらにはパキスタンに対する財政的支援をやめてほしい。パキスタンはあなたたちの支援で生き残っているが、お金はパキスタン軍に使われ、バロチスタンの人への虐殺が行われている。

 あなた方のお金は、中国の日本への戦略強化のためにも使われているということを忘れないでほしい。

ムニール・メンガル氏(バローチ・ヴォイス・アソシエーション代表)

 バローチ人は独立国家として自分たちの主権を満喫していたが、1948年にパキスタン人に侵略され、占領地となった。

 虐殺はパキスタン軍が現実的に行っている。自分たちの言葉で人権を守るということをしただけで、強制的に行方不明にさせられる。私も2年間、拉致されて閉じ込められていた。

 バロチスタンには豊富な資源があるが、それが中国人によって略奪されている。

 中パ経済回廊に、中国が資金をつぎ込んでいる。バロチスタンの中に道路を造っているが、それはバロチスタンの人のために何かしようというのではなく、いかにしてバロチスタンから略奪するか、それしか彼らの頭の中にはない。

 中国は今、日本を囲いつつある。中国はすべての地域を経済的に軍事的に、そして日本が持っていない核ミサイルを使って、支配しようとしている。中国は日本を含め、この地域全体を植民地化する意図があると思っている。中国はミサイルや武器による大量破壊によって、この地域一帯を脅威にさらしている。

 今、中国は国連や国際的なフォーラムの場で、中国が人権侵害をしているかということについて、声を上げること自体をやめさせようと必死になっている。

 日本はパキスタンにおけるいかなるプロジェクトにもお金を出さないでほしい。そして、パキスタンにバローチ人の基本的な権利を尊重するように、日本がパキスタンに圧力をかけて伝えてほしい。

トゥール・ムハメット氏(日本ウイグル連盟)

 主権、自治権、基本的人権の獲得がウイグル人の目標だ。東トルキスタンは、今の中華帝国が押し出している「一帯一路」の中心地域だ。これはバロチスタンの状況とまったく同じだ。われわれは独立国家を目指している。なぜなら、東トルキスタンは不法に占拠された独立国家だから。この東トルキスタンは数千年続いた独立国家の歴史がある。近代は1933年から34年までの東トルキスタン、44年から49年には東トルキスタン共和国を再建した。

 中国はこの68年間、ウイグル人の民族浄化を続けている。核実験による虐殺、生物実験による虐殺、人口侵略による支配がある。中国人(漢民族)の人口が49年は4%だったが、今は50%に増えた。

 計画出産で、ウイグル人は500~800万人削減された。未婚女性は30万人から50万人ぐらいが中国に強制連行された。

 同化政策によってウイグル語の使用禁止、イスラム教に対する強い制限が続いている。中華文化への強制同化に抵抗した人には容赦ない弾圧と殺戮(さつりく)が続いている。多くのウイグル人が政治犯として収監されている。中国の刑務所にウイグル人が10万人いるといわれている。われわれの独立、主権、民族自決権、基本的人権を獲得する戦いは続く。ぜひ日本からわれわれをサポートする体制をつくっていただきたい。

オルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党 代表)

 第二次世界大戦後、モンゴルの半分が中国に引き渡された。中国の一部となって内モンゴル自治区と呼ばれている。1947年、中華人民共和国ができる2年前に起きたことだ。もちろんモンゴル人が中国の中にはいっても平和で幸せに暮らせているなら別だが、この70年間の歴史を見るとまったく違っていたことが分かる。文化大革命の十年間、中国はわれわれ南モンゴル人を、文化大革命に反対、中国政府に反対したという罪で拷問、逮捕、殺したのではない。モンゴル人であるということで、われわれに罪を与えて3万人以上も殺した。だが、この数は中国側の説明であり、もっと多くの南モンゴル人が殺された。文化大革命が終わった後も、中国の南モンゴルに対する政策は実は変わっていない。南モンゴルは、皆さんのイメージの中では、広い大草原で緑があふれている豊かなところだというイメージがあるかもしれません。しかし、工業化によって汚染されているのが現状だ。開墾だけじゃなく、地下資源を乱暴に開発している。それだけじゃなくモンゴル人の特徴をどんどん奪っている。

 文化大革命期の南モンゴルにおけるジェノサイドをユネスコの世界遺産に登録するため申請をしようとしている。6月1日に記者会見をする。












続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ









左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

中国の反発「問題なし」 ダライ・ラマ講演に1万8千人【国際嫌中流】【大国インド vs 中国】【圧迫されるダライ・ラマ】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 インドでダライ・ラマ講演に1万8千人、中国の反発「問題なし」 

 チベットを不法占拠して支配し続ける中国にとってダライ・ラマは眼の上のタンコブである。ダライ・ラマはチベットからインドへと逃亡したまま現在に至り、母国チベットへは帰国できない状態である。
 
 国際社会は「ならず者国家」中国が他国を占領して不法支配し続けるのを放置すること無く、共産党一党独裁国家中国へ退去させるべく圧力をかけるべきである。






【国際嫌中流】【大国インド vs 中国】【圧迫されるダライ・ラマ】
中国の反発「問題なし」 ダライ・ラマ講演に1万8千人
2017.4.8 21:00

8日、インド北東部アルナチャルプラデシュ州タワンを訪れたダライ・ラマ14世(岩田智雄撮影)



 【タワン=岩田智雄】インド北東部アルナチャルプラデシュ州を訪問中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は8日、インドと中国の実効支配線に近いタワンで、チベット仏教について講演し、会場となった競技場はチベット人など約1万8千人で埋め尽くされた。

 アルナチャルプラデシュ州は、中印両国が領有権を主張し、インドが実効支配する紛争地。ダライ・ラマは、4~10日の日程で州内を訪れており、この日が最大の行事となった。タワンに加え、インドと中国が領有権を争いインドが実効支配するカシミール地方ラダック地区などのチベット人のほか、隣国ブータンから来た約3千人が講演に聞き入った。

 講演後、記者会見したダライ・ラマは、訪問への中国の反発について「いつものやり方だ。何の問題もない」と述べた。










続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

【ダライ・ラマ14世講演詳報】毛沢東は私に「赤い旗の隣に国旗を維持せよ」と言った

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 毛沢東は私に「赤い旗の隣に国旗を維持せよ」と言った!

 ダライ・ラマ14世は、このエピソードをもっと世界へ発信するべきである。

 ダライ・ラマ14世はチベットが中国から独立することを望んでいないと説明しているが、チベットは中国から独立するべきだと思う。
 勿論、チベットだけでなく、東トルキスタンも中国から独立するべきだと思う。

 異民族支配による不法支配が良くないだけでなく、現在の中国はチベット・東トルキスタン・内モンゴル・満州等余りにも国土を拡大し過ぎて制御不能状態だ。
 中国が中央政府による管理及び正常運営する為には、少なくともチベット・東トルキスタン・内モンゴルは中国から切り離して独立させるべきだと思う。
 その方が中国人も幸せになれる筈だ。
 
 只、それでも中国の正常が安定しない場合は、そこから国を3〜4に分割した方が当地が巧くいくだろう。中国の安定は、東アジアや世界の安定に繋がる。




【ダライ・ラマ14世講演詳報】【国際嫌韓流】
毛沢東は私に「赤い旗の隣に国旗を維持せよ」と言った
2016.11.16 21:15

(3/3ページ)
講演するダライ・ラマ14世=16日、東京都千代田区(伴龍二撮影)


 チベットと中国は民族的にも文化的にも違います。ですから中国人には、チベット文化を学び、また、それを維持することが大切だと理解してもらいたい。だが、中国は中国語を使えるチベット人を仕事の面で優遇し、チベット語から遠ざけようとしています。習氏が本当にまとまりのある国家を目指すならば、そのうたい文句は心の底から来なければならない。

 「調和のある社会」は信頼関係に基づかないと築けない。そこに住む人に恐怖感を植え付けては不可能だ。中国はインドにも同じ共産主義国であるベトナムにも、常に疑いの目を向けている。

 全体的にみれば中国は変わりました。(中国人は)必ずやこの世界に対しても大きな貢献ができる民族だと私は思います。ただ、現在の政治システムを維持する限り不可能でしょう。私たちに必要なのは信頼関係だ。世界は自由と民主主義が生かされねばならない。かつてソ連は暴力ではなく民衆の希望によって変わりました。中国でもそのようになるのではないでしょうか。

 1954~55年、北京滞在中に毛沢東と会ったことがあります。「チベットには自分自身の国旗がありますか」と聞かれ、「あります」と答えると「あなた方はその国旗を私たちの赤い旗の隣にいつも維持するべきである」と言われました。

 現在、欧州や米国などで、私たちの国旗を持ってチベット人の立場にたって抗議活動をする人に“反抗議”をする中国人も増えています。そういった人に毛沢東の「国旗はぜひ維持するべきだ」との言葉を伝えたいですね。












続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001