【2018平昌五輪】韓国国民でさえ観戦したくない五輪 日本からの集客期待も列島“消滅”させる摩訶不思議

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国国民でさえ観戦したくない五輪 日本からの集客期待も列島“消滅”させる摩訶不思議

どうしても見たい競技や選手がいる場合を除いて、韓国で開催される平昌五輪には観戦に行かない方が良いのではないか? 韓国側が世界地図から日本を削除する等の嫌がらせに対する報復はさておき、北朝鮮の情勢を考えると朝鮮半島へは足を踏み入れない方が安全である。
 加えて、「無法国家」韓国の企業とビジネスの取引をしている企業も取引を控えた方が無難ではないか? 一発のミサイルで代金が回収できなくなったりすることを考慮すると「無法国家」韓国とは関わらない方が安全である。韓国企業と取引をするのであれば、金正恩の暴走が完全に止まって北朝鮮の脅威が殆ど無くなってから開始するのが良いのではないだろうか。
 



【2018平昌五輪】
韓国国民でさえ観戦したくない五輪 日本からの集客期待も列島“消滅”させる摩訶不思議
2017.10.11 12:00

平昌五輪の第2次チケット販売開始時に自らパソコンを操作してチケットを購入した文在寅大統領。国民への働きかけにもかかわらず、平昌五輪の機運はなかなか盛り上がらない=9月5日(AP)


 2018年2月に開幕が迫る平昌五輪だが、韓国内の国民的関心は上昇気流に乗れずに低迷したままだ。韓国内のスポーツ行政を統括する文化体育観光省が9月26日に発表した4回目の平昌五輪への世論調査結果によると、五輪会場で競技を観戦すると回答した割合は7.1%しかなく、過去3回と比べて最も低かった。81.7%がテレビ観戦を決め込んでいる。五輪の広報大使でもある文在寅大統領が自らパソコンでチケット購入する写真をSNSにアップして五輪参加を国民に働きかけたが、全く功を奏していないようだ。緊迫化する朝鮮半島情勢によって欧州諸国が五輪不参加を示唆し、組織委員会が公式ホームページの世界地図に日本を記載漏れするなど“負の連鎖”も収まらない。

 平昌五輪に関する韓国国民の関心の低さは韓国メディアも看過できない状況にあるようだ。朝鮮日報は7月に「冷え切っている平昌の五輪ムードは興行不振に直結している」などと報じた。文化体育観光省が過去3回行った世論調査で平昌のスタジアムで五輪種目を観戦すると回答した韓国民は第1回が9.2%と低かったのに、調査回数を重ねるごとに数値は8.2%、7.9%とどんどん減少していった。東亜日報は「スポーツイベントの興行で最も重要な要素であるのは直接観覧することだ」と指摘していたが、平昌五輪は正反対な状況にある。

 必然的に観覧へ行かないのだから、チケットを買う必要はなくなる。今年2月~6月の第1次チケット販売で、総販売目標枚数107万枚のうち売れたのは21.5%、枚数にして22万9000枚にとどまった。組織委員会の関係者は「予想よりチケットが売れなかった」(朝鮮日報)と嘆く。

 本番へ向けて、出場選手の選考大会が佳境を迎つつある中で、盛り上がるべき国内外の五輪ムードは逆に冷え込む要因を抱えている。緊迫化する朝鮮半島情勢に対し、フランスのスポーツ相が選手の安全が確信できない限り、選手団は出場しないと表明し、オーストリア、ドイツも“不参加”をちらつかせ波紋を広げている。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はプランB(代替案)を考慮していないと明言するが、国際スキー連盟(FIS)のジャン・フランコ・カスパー会長は「朝鮮半島をめぐる安全保障問題が続けば、海外観光客の平昌五輪のチケット購入に影響を与える可能性がある」と懸念を募らせた。

 9月5日からオンラインで始まった第2次チケット販売で、韓国民がチケットを購入する意向がある種目は、韓国の得意種目のショートトラック(32.0%)、スピードスケート(16.7%)、冬季五輪の“華”と称されるフィギュアスケート(15.2%)だ。

 今年2月にテスト大会を兼ねて韓国で開催されたフィギュアスケートの四大陸選手権には、出場した日本のエース・羽生結弦をお目当てに日中韓のファンが大挙押しかけ、大会4日間で3万1900枚の入場券が販売された。日本からは約4000人の羽生ファンが押しかけ、韓国SPOTV NEWS(電子版)は「『羽生応援』日の丸の波 江陵は日本のホームグラウンド?」と報じたほどの盛況ぶりをみせた。

 平昌五輪組織委員会は海外の集客を図るため各国でイベントを実施。9月には、韓国に配備された米国の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を巡る報復措置で経済的なダメージを受ける中国や、慰安婦問題などの歴史的認識で対立している日本でPRイベントを開催した。特に日本では、羽生フィーバーで多数の五輪観客が期待できる。組織委員会の李煕範(イ・ヒボム)委員長は9月の日本でのPRイベントを通じて「多くの日本人が平昌五輪を訪れることを期待する」と語った。

 しかし、日本の存在をそれほど丁重に考えているのか疑わしい出来事が最近あった。五輪組織委員会の公式ホームページに掲載された世界地図で日本が記載されていなかったことだ。組織委は今年2月のホームページの改編過程で単純ミスで抜け落ちたとした。

 韓国のネットユーザーからは「笑える」「よくやった!」などと五輪開催国として常識を疑わせるような書き込みがあった。その一方で「赤っ恥」「平昌の参加国が減っているらしいのに、問題をつくり出すのはやめてくれ」などと常識的なコメントもあった。

 集客面で日本を頼りにしているのなら、公式ホームページから、なぜ日本列島が消滅するようなことが起きるのか。摩訶不思議な隣国である。








続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【スポーツ異聞】「日本はもうライバルと見てくれない」ヒディンク氏待望論の韓国サッカーに自虐的論評【サッカーの日韓戦について】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「日本はもうライバルと見てくれない」ヒディンク氏待望論の韓国サッカーに自虐的論評

この記事では、韓国サッカーに対する日本の関心が最近、急激に減っていると指摘している。しかし、抑々日本人に対して韓国情報及び韓国サッカーの関心を無理矢理に押し付けていたのは日本のマスゴミだと思う。真実としては、日本人は韓国のサッカーにはそれ程に関心がなかった筈である。
また、「イランとウズベキスタンはおろか、カタール、中国、シリアにも苦戦した韓国を日本はもうライバルと考えていない」と論じている。この認識に関しては正しいと思う。
 最近はサッカーの日韓戦に関する報道が激減している。いや、殆ど報道されない。それは韓国サッカーの実力がヘタれてしまったので日韓戦をやっても盛り上がらない。韓国と日本のマスゴミは韓国が勝てないのであれば日韓戦を企画したくないのだろう。だから、「超」反日国家・韓国が大好きな日本のマスゴミはサッカーの日韓戦に関する報道をしないのだろう。

 追加として、「超」反日国家・韓国とはスポーツであってもできるだけ関わるのは止めよう。「無法国家」韓国に利することはあっても弱い韓国サッカーと日本サッカー代表チームが試合をする利点は少ないのではないか? 「超」反日国家・韓国と関わりあうよりも欧州や南米のサッカーの強豪国と絡む機会を増やして日本サッカー代表チームの強化と共に親交を深めることが日本の国益に繋がる。




【スポーツ異聞】【サッカーの日韓戦について】
「日本はもうライバルと見てくれない」ヒディンク氏待望論の韓国サッカーに自虐的論評
2017.10.11 17:00

韓国内で代表監督への就任待望論の出るフース・ヒディンク氏。現在の韓国代表は国民も冷めた視線で見つめるほどだ(AP)


 韓国サッカー協会が国内ファン向けに“ガス抜き”を行った。9月27日に開いた技術委員会で、2002年日韓共催ワールドカップ(W杯)で韓国をベスト4に導いたフース・ヒディンク氏(70)の「代表監督を引き受ける用意がある」との発言を受けて、代表チーム強化の協力を仰ぐ考えを示した。9大会連続で2018年ロシアW杯に出場を決めたが、不甲斐ない成績での出場に本大会では惨敗すると早くも予想されているほど雰囲気は低調なところに、ヒディンク発言で韓国内では「ヒディンク待望論」の集会が開かれるほどだったからだ。そんな中、スポーツソウル紙は「日本はもう韓国サッカーをライバルに考えていない」と題して韓国サッカーの現状を論じ、中央日報は「過去最悪の危機の中でW杯スタート」と懸念を募らせる。

 すべての元凶は韓国サッカー協会に行き着く。ロシアW杯アジア最終予選で成績が低迷してもウリ・シュティーリケ前代表監督の更迭時期を先延ばしし、W杯出場決定を土俵際まで追い込んだ。選手から公然と監督の戦術批判が出ていたと韓国メディアが代表チーム内の混乱ぶりを報じていたにもかかわらずだ。韓国ネットユーザーからも「サッカー協会は現実を直視できない」などと書き込まれている。

 アジア最終予選の第9戦・イラン戦、最終戦・ウズベキスタン戦でともに0-0で引き分けた。「(W杯の)本大会レベルの競争力がないというのがファンの考えだ」と中央日報は伝えた。

 そこで、韓国のサッカー情勢を気に掛けているというヒディンク氏が「韓国国民が請うなら」という条件つきで代表監督を引き受けてもいいと発言したから韓国のサッカー・ファンが炎上した。9月23日にはソウル市内の韓国サッカー協会前で約20人の熱狂的なファンが長年の悪弊勢力を追い出してヒディンク氏を監督に迎えようなどと訴えたという。

 ヒディンク氏の発言が報道された当初、韓国サッカー協会は「誰もヒディンク氏の側の意向を聞いていない」などと反論していた。ところが、9月27日の技術委員会では「W杯で好成績を出すためにヒディンク氏の支援を受けることにし、技術委員も全員同意した」とキム・ホゴン技術委員長が語ったと中央日報は報じた。ロシア代表と親善試合を行う10月7日にヒディング氏と会談し、どんな役割を考えているか尋ねる意向のようだ。

 韓国代表が低迷し、韓国国民からも冷たい視線を投げかけられる中、スポーツソウル紙は9月25日、日本代表と韓国代表を比較。ロシアW杯アジア最終予選の序盤でつまずいた日本代表だが、バヒド・ハリルホジッチ監督が主力選手や欧州組でも体調が悪ければ起用しない「現実主義的な戦術を追求」し、B組1位でロシア行きを確定させたとした。そして、韓国サッカーに対する日本の関心が最近、急激に減っていると指摘。「イランとウズベキスタンはおろか、カタール、中国、シリアにも苦戦した韓国を日本はもうライバルと考えていない」と論じた。

 そして、韓国サッカーが日本に勝つことで存在意義を証明してきたと主張。「今の日本では韓国サッカーを意識していないだけでなく、見向きもしない。韓国サッカーは限りなく重い現実に直面している」と結論づけている。混迷の度合いは深いようだ。








続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

素行不良の韓国大リーガー問題児 今度は年金資格剥奪 飲酒事故で今季出場ゼロ 自業自得か【堕ちた韓国の英雄】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 姜正浩は飲酒事故に性的暴行と韓国から「国の恥さらし」等と非難されているらしい。

 米国大リーグ、パイレーツ所属の韓国人・姜正浩(カン・ジョンホ)は問題ばかり起こして、今季は1試合も出場できていない。
 米国・パイレーツのフランコ・コネリー社長は「もっと深く掘り下げて調査すべきだった」「(過去の経歴を)知っていたら、恐らく獲得しなかっただろう」と韓国人・姜正浩(カン・ジョンホ)の獲得を後悔している様だ。
 米国・パイレーツ球団は韓国人・姜正浩(カン・ジョンホ)を年俸支払いの必要がなくなる制限リストに掲載したので、姜正浩(カン・ジョンホ)は無給となる様だ。
 隣国といえども韓国人は日本人は全く異なるので、韓国人の気質を勘違いしてはいけない様である。 

 韓国には「川に落ちた犬は、棒で叩け!」等という日本人の発想にはない恐ろしい諺があるので、韓国野球界の英雄が堕ちてしまった現在、韓国では姜正浩(カン・ジョンホ)は凹凹に叩かれていくのだろうか?
 



【堕ちた韓国の英雄】
素行不良の韓国大リーガー問題児 今度は年金資格剥奪 飲酒事故で今季出場ゼロ 自業自得か
2017.9.21 17:00

飲酒運転事故で懲役刑のパイレーツ・姜正浩。年金を剥奪されたうえ、年俸も受け取れないまま(MLBのホームページから)


 まさに身から出た錆だ。米大リーグ、パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ、30)が昨年12月に起こした飲酒運転事故で懲役刑の判決を受けたことで、韓国の国民体育振興公団から支給されている体育年金の受給資格を剥奪された。9月6日に韓国メディアが報じた。資格剥奪選手は2人目という不名誉も負った。有罪判決によって米国の就労ビザが取得できないため、今季は大リーグでプレーできず、放出論がくすぶっている。米地元紙は球団が10月から始まるウインターリーグに姜を参加させる意向を報じるが、単純に解決される問題ではなく、先行きは不透明だ。契約は2018年が最終年。自らの軽率な行動で、大リーガーとしての野球人生は終焉を迎えそうだ。

 韓国メディアによると、姜正浩は2016年12月2日、ソウル市内で飲酒運転してガードレールに衝突する事故を起こしながら、逃走した容疑で今年3月に懲役8月、執行猶予2年の実刑判決を受けた。量刑が重すぎると控訴していたが、5月の控訴審で棄却されていた。姜は09、11年にも飲酒運転で罰金刑を言い渡されていた。

 パイレーツのフランコ・コネリー社長は今年3月、米地元紙とのインタビューで「もっと深く掘り下げて調査すべきだった」と後悔した。そして過去に2度の飲酒運転の経歴を「知っていたら、恐らく獲得しなかっただろう」と語った。球団は姜を年俸支払いの必要がなくなる制限リストに掲載した。

 15年1月に4年総額1100万ドル(約12億円)でパイレーツと契約した姜は15年に126試合に出場し、打率.287、15本塁打、58打点をマークし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で3位にランクインした。中心選手として期待された16年は前年のけがのリハビリや、7月にシカゴ・トリビューン紙で6月に当時23歳の女性に性的暴行を振るい、シカゴ警察が捜査していると報じられ、103試合の出場にとどまった。それでもアジア出身内野手としてMLB史上初のシーズン20本塁打以上を記録した。

 素行不良だが、野球の実力があるだけに厄介だ。野球の韓国代表に招集されて活躍し、10、14年のアジア大会で金メダルを獲得に貢献した。韓国では代表選手が五輪や国際大会でメダルを獲得した場合、国民体育振興公団から月給形式などで毎月、一定額の年金を支給されている。中央日報などによると、姜は年金評価スコアで毎月30万ウォン(約3万円)の年金を受給していたが、年金支給規定で禁固以上の刑を受けた場合、年金受給資格を失う。このため、今年5月の控訴審判決にさかのぼり、6~8月に支給された計90万ウォン(約9万円)を返納しなければならないという。

 過去に資格を剥奪されたのは、1974年の関連規定が制定されて以来、乗馬の韓国代表で14年仁川アジア大会馬場馬術団体戦金メダルを獲得したキム・ドンソン以来2人目。キムは17年1月、泥酔状態で、ソウル市内の飲食店で従業員への暴行容疑によって懲役8月、執行猶予2年を言い渡されていた。

 姜の不祥事が発覚するたびに、韓国のネットユーザーは姜の行為に対し「国の恥さらし」「スターから転落するのは一瞬だ」などと書き込んだ。まさに暗転した野球人生だ。

 米紙ピッツバーグ・ポストは、球団が10月にドミニカで開かれるウインターリーグに姜を参加させる可能性を模索していると報じた。しかし、別の地元紙は「球団も(ビザ発給の)問題を解決するための糸口を見つけられずにいる」とお手上げ状態の現状を指摘している。今季は1試合も出場しておらず、年俸275万ドル(約3億円)を1銭も受け取っていない。社会的規範の手本になることを求められるスポーツ選手だけに、自業自得であろう。








続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

スポーツの戦略論、最近サッカー日韓戦が行われない理由、そして戦争に最も近いスポーツはF1の訳|奥山真司の地政学「アメリカ通信」【戦略論】【日韓戦】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 サッカー日韓戦が行われない理由(サッカー)。
 韓国が日本に勝てないから、サッカー日韓戦を韓国が望まない。
 
 じゃあ、日本は「超」反日国家・韓国に勝てるスポーツの試合をドンドンやろう!と思ったけど……「非韓五原則」に則れば、「無法国家」韓国とはスポーツの試合さえも行わない方が良いのだろう。
 
 
●「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない 
 
 



【戦略論】【日韓戦】【奥山真司の地政学「アメリカ通信」】
スポーツの戦略論、最近サッカー日韓戦が行われない理由、そして戦争に最も近いスポーツはF1の訳|奥山真司の地政学「アメリカ通信」


●スポーツの戦略論、最近サッカー日韓戦が行われない理由、そして戦争に最も近いスポーツはF1の訳|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
18:37 奥山真司の地政学「アメリカ通信」

Published on Aug 11, 2017

【この動画の内容は…】
スポーツの戦略論、最近サッカー日韓戦が行われない理由、そして戦争に最も近いスポーツはF1の訳

当たり前だがスポーツと戦争には共通している部分がある
ただし決定的な違いは「空間・時間に制限があるかないか」
軍隊の場合は「勝利」だが、スポーツチームの場合は「収益」も
コニー・マック「いいところまで戦うが優勝しないチームが一番良い」
97年マーリンズの一斉解雇
集中すべきはカップ戦ペナントレース?2・3正面作戦
改革の必要性:ピークを越えた名のある選手をどうするか
「勝利というのは睡眠薬」敗北は改革の機運を高める
「敵を知り、己をしれば」は正しい?情報面での優位と「奇襲」








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

韓国「危機感」いっぱい、W杯出場に黄信号…頼みは犬猿のイランか【スポーツなんでやねん】【非韓五原則】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

  韓国がW杯出場に黄信号…頼みは犬猿のイランか

 兎にも角にも「非韓五原則」に従って韓国とは関わらないことが日本の国益になると考えると、韓国がW杯に出場できなくなることが理想である。
 
 
●「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない




【スポーツなんでやねん】【非韓五原則】
韓国「危機感」いっぱい、W杯出場に黄信号…頼みは犬猿のイランか
2017.9.3 11:00

またも荒れた韓国-イラン戦。レッドカードも出た(AP)


 アジアのサッカー界で“盟主”を主張してきた韓国が窮地に立たされている。2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選で、日本が2-0でオーストラリアを下して6大会連続6度目の本大会出場を決めたのと同じ8月31日に、ホームのソウルで行われたイラン戦で0-0と引き分けたためだ。最終戦は5日にアウェーで行われるウズベキスタン戦。敗れると、8大会続けてきたW杯出場が途切れる可能性もある。

韓国●、イラン●でロシア行きアウト

 韓国が入る最終予選のA組は首位で勝ち点21のイランが既にW杯出場を決めている。韓国は4勝2分け3敗の勝ち点14。自動的に出場権が得られる2位につけているが、勝ち点12で並ぶ3位シリア、4位ウズベキスタンとは、わずかに勝ち点2差。最終戦でウズベキスタンに敗れると、3位以下に転落する。

 A組のもう1試合は、イラン-シリア。韓国はウズベキスタンに敗れても、シリアがイランに勝てなければ、最終予選B組3位、北中米カリブ海4位と争うプレーオフに進むことができる。しかし、シリアがイランを破れば、4位となり、その時点でロシアへの道は完全に閉ざされることになる。

危機感募らせる韓国メディア、日本と対比も

 こうした状況を受け、韓国メディアも危機感いっぱいだ。中央日報の日本語版(電子版)は「似た状況で全く違う結果を出した韓国と日本」と題した記事で、「同じ日に同じヤマ場を迎えた両国の運命は試合一つで大きく変わった。日本はすでに本大会行き確定で余裕を持って最終戦に臨む一方、韓国は最終戦に背水の陣を敷いて総力を尽くす状況に直面することになった」と記した。また、朝鮮日報の日本語版(同)は「ふがいない韓国代表にサポーター激怒」との記事で、「『鋭い試合運びを見せた日本が本当にうらやましかった』『終盤、ウズベキスタンまで巻き込み、場合によって出場できるかどうか計算しなければならない韓国の身の上が情けない』」といった韓国のネットユーザーの声を紹介した。

 そもそも、韓国とイランはアジアのサッカー界では、犬猿の仲として知られる。前回2014年W杯ブラジル大会のアジア最終予選でも対戦した両国は、ピッチ内外で互いをののしり合う泥仕合を演じ、ともにアジア・サッカー連盟(AFC)や国際サッカー連盟(FIFA)に提訴する事態にまで発展した。

犬猿の仲のイランにまたしても

 今回も中央日報が「地獄・血の涙・復讐…足より言葉で戦う韓国-イラン」と題した記事を掲載するなど、試合前からヒートアップ。イランのカルロス・ケイロス監督が韓国側から提供された練習場の芝の状態に不満を漏らしたことなどが、取り上げられた。

 また、試合会場の電光掲示板には「上岩(サンアム=競技場の愛称)の炎の地獄にようこそ」と、まるでイランを挑発するような言葉が表示された。こうした“遺恨”の中で行われた一戦で、イランは後半開始早々に退場者を出し、韓国は数的有利な状況となったが、最後までイランゴールを割ることはできなかった。

 朝鮮日報によると、試合後の会見でイランのケイロス監督は「韓国サポーターの皆さん、おめでとう」などと皮肉にも聞こえる言葉を繰り返したという。中央日報は「1人退場も揺れないイラン…韓国も冷静になるべき」との記事で、「いま本当に精神力が必要な時だ。意欲だけで飛びかかる内容の薄い精神力でなく、最後まで冷静に集中する精神力のことだ。ケイロス監督が率いるイラン代表の選手たちがソウルで見せたようなものだ」とまるで手のひらをかえしたように、イランの戦いぶりをたたえた。

 既にW杯出場を決めているイランにとっては、シリア戦の勝敗はまったく関係ない。だが、韓国にとっては大きな問題だ。イランがシリアに敗れさえしなければ、自身の勝敗に関係なく、W杯出場の可能性が残るからだ。韓国はこれまで行ってきたイランへの仕打ちの数々を後悔してはいないだろうか。










続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

続きを読む

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001