【三浦瑠麗】金慶珠のマシンガントーク完全論破ww 韓国人が敗北した瞬間…スタジオ騒然の大討論!!【金慶珠(キム・キョンジュ)】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 金慶珠のマシンガントーク完全論破ww 韓国人が敗北した瞬間…スタジオ騒然の大討論!!


 「超」反日国家・韓国は官民一体となって「ディスカウント・ジャパン運動」や「捏造従軍慰安婦像」を世界中に建立しようとしているにも拘わらず、経済的に困ったら日本に金を出せとタカって来る。
 しかし、「超」反日国家・韓国は日本固有の領土である竹島を侵略した後に現在も不法占拠し続けている。こんな国とマトモに付き合える筈がない。

「ディスカウントジャパン運動」(韓国が官民一体で国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動)




【三浦瑠麗】金慶珠のマシンガントーク完全論破ww 【金慶珠(キム・キョンジュ)】
韓国人が敗北した瞬間…スタジオ騒然の大討論!!


●【三浦瑠麗】金慶珠のマシンガントーク完全論破ww 韓国人が敗北した瞬間…スタジオ騒然の大討論!!

tube論客 33:13 Published on Sep 24, 2017






「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない

「福沢諭吉の脱特亜論」(福沢の著作を総合・意訳)
 (1)過去に拘泥し、国際紛争でも《『悪いのはそっち』と開き直って恥じない》。この二国に国際常識を期待してはならない
 (2)《国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ》二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸
 (3)二国には《国際の常識・法》に従い接すべし。《(国交は別として)気持ちにおいては断交する》


米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう! 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!









◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

スポンサーサイト

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

「旭日旗」と韓国 韓国が勘違いする「旭日旗」は「戦犯旗」ではない【サッカー・ワールドカップ in ロシア】【「超」反日国家・韓国】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 w杯で韓国が吠える! 韓国は「旭日旗」が「戦犯旗」ではないことをそろそろ理解すべきだ。

国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーに政治を持ち込むことを禁止しており、試合会場ではいかなる政治・宗教的メッセージも発信してはならない。これは良く分かります。また、正しい規制でしょう。

韓国で旭日旗が「戦犯旗」と呼ばれているのは単なる韓国の勘違いだ。「旭日旗」が日本の軍事主義を象徴するものと考えているのは韓国だけだろう。中国もその様に主張することもあると思うが、「超」反日国家・韓国ほど「旭日旗」に拘っていないだろう。

日本では当然のことながら「旭日旗」は「戦犯旗」ではない。昔から漁船に大漁旗として常用されているし、「反日・左翼・リベラル」の筆頭であるチョウニチ新聞(朝日新聞)が「旭日旗」を社章に使用していることからも、「旭日旗」が「戦犯旗」でないことは明白だ。
世界的にも「旭日旗」は「戦犯旗」とは認識されていない。そもそも先の第二次世界大戦で日本と戦ったアメリカが「旭日旗」を「戦犯旗」と認識していないのだ。若しも「旭日旗」が「戦犯旗」であるならば、日本が海上自衛隊に「旭日旗」を使用することをアメリカは許さなかっただろう。

 「超」反日国家・韓国はそろそろ歴史を捏造するのを止めるべきだ。日本固有の領土である竹島を戦後に侵略し現在でも不法に占拠しているのは「反日無罪」国家・韓国だ。従軍慰安婦問題は単なる売春婦だったのにそれを強制されたと歴史を捏造して謝罪と賠償を延々と要求しているのも「超」反日国家・韓国だ。「ディスカウント・ジャパン運動」を実行して日本を貶めているのも「無法国家」韓国だ。

 戦後70年以上経ったのだから「超」反日国家・韓国も日本に抱きつこうとしないで日本から独立すべきだ。日本も「超」反日国家・韓国への「温情政策」はきっぱりと止めて「非韓五原則」に沿った対韓外交を実施するべきだ。

「ディスカウントジャパン運動」(韓国が官民一体で国際社会における日本の価値や評判を下げて、日本の地位失墜をめざす運動)

「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない




【サッカー・ワールドカップ in ロシア】【「超」反日国家・韓国】
「旭日旗」は「戦犯旗」ではない


「日本選手たちの活躍が台無し!」セネガル戦で旭日旗を振った日本のサポーターに、韓国ネットが落胆
Record china配信日時:2018年6月25日(月) 15時0分


2018年6月25日、韓国・ニュースエンは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対セネガル戦に「旭日旗が登場した」と伝えた。

日本はW杯ロシア大会1次リーグH組第2戦でセネガルと対戦し、2―2で引き分けた。これにより、日本は決勝トーナメント進出にまた一歩近づいた。しかし記事は「試合を見守った日本のファンの歴史認識は残念だった」と伝えている。後半33分に本田圭佑が同点ゴールを決めた瞬間、中継画面にはゴールポストの後ろで旭日旗を振る日本のサポーターの姿が映ったという。

国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーに政治を持ち込むことを禁止しており、試合会場ではいかなる政治・宗教的メッセージも発信してはならない。韓国で旭日旗は「戦犯旗」とも呼ばれ、日本の軍事主義を象徴するものと考えられており、記事は「戦犯国の日本がその象徴を堂々と使用することは、政治的な問題を引き起こす」と指摘している。

FIFAは現在、今大会のスイス対セルビア戦で、ゴールを決めた後に両手で鷲を表現するパフォーマンスをしたグラニト・ジャカとジェルダン・シャキリに対する調査を行っている。同パフォーマンスには「アルバニアの国旗に描かれた『双頭の鷲』を象徴するもので、コソボの独立を支持する意味を持つ」との指摘が相次いでいた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「いくらごみをきれいに掃除しても、これじゃあ駄目だ」「戦犯国であることが誇らしいの?」「一気に日本を応援する気が失せた」「日本は過去させきちんと清算できれば良い国なのに」「日本選手らの活躍が台無しだ。旭日旗で応援してほしいなんて思っていないだろうに」など落胆の声が上がっている。

また「どうせFIFAは日本に対して何の制裁も科さないのだろう」「FIFAは何している?問題視しているのは韓国だけということ?」「なぜ事前に回収されなかった?」「戦犯旗を振った日本のサポーターも問題だけど、抗議しない韓国の政府とサッカー協会はもっと問題」など、FIFAや韓国側の対応に不満を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本)






続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
Record China 日本最大の中国情報サイトの記事へ



米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

「福沢諭吉の脱特亜論」(福沢の著作を総合・意訳)
 (1)過去に拘泥し、国際紛争でも《『悪いのはそっち』と開き直って恥じない》。この二国に国際常識を期待してはならない
 (2)《国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ》二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸
 (3)二国には《国際の常識・法》に従い接すべし。《(国交は別として)気持ちにおいては断交する》











左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【ソウルからヨボセヨ】世界に類を見ない「工業化された植民地」【日本統治時代の朝鮮半島】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 朝鮮、世界に類を見ない「工業化された植民地」

 日本の朝鮮半島併合をよく「植民地支配」というが、世界史的に見て植民地であんなに工業化を進めた例はほかにない。そこから「正確には植民地支配ではなかった」という見方も出てくる。この様な主張は日本としては良く憶えておいて、「特亜三国」である中国・韓国・北朝鮮からの不当な言い掛かり(いつも彼等からの日本叩きは捏造・不当なものばかりだが)には断固として認めないことだ。例え、反論する強力な証拠がない場合でも、取り敢えず「特亜三国」(=中国・韓国・北朝鮮)からの主張を認めないことが重要だ。何故なら、「特亜三国」は彼等の主張を否定する証拠が挙がっていてもいつもそれを認めないから。

 兎にも角にも、日本の朝鮮半島統治は世界でも稀に見る優れたものだったと思う。しかし、残念ながらそこに住んでいたのが「中華思想」に洗脳された朝鮮民族だったのが駄目な原因だ。朝鮮民族が考える「中華思想」によれば「大中華」から遠い方が野蛮であり位が低いとなる。だから、「中華思想」的には朝鮮民族よりも野蛮で位の低い日本が朝鮮民族を統治すること等はその優れた統治システムや実情に関係なく許せないのだ。だから、中国人が朝鮮半島を有史以来100回程侵略した歴史上の事実が有っても朝鮮民族は中国を避難できない。それは朝鮮民族が「中華思想」に毒されているからだろう。「大中華」である中国は有史以来朝鮮半島の「宗主国」であり、「小中華」である朝鮮半島は有史以来中国の「属国」なのだ。結局、朝鮮民族は「中華思想」の呪縛からは逃れられないのだろう。

 日本による朝鮮半島統治は優れたものだったが、朝鮮半島には朝鮮民族が住んでいたのだから日本は関わるべきではなかったのだ。それは原因・理由や根拠を持って考えるのではなくて、「朝鮮半島の法則・呪い・原則」に沿って対応すべきなのだ。それは【あの国のあの法則】(Kの国の法則・檀君の呪い)であり「非韓五原則」だ。そして、これらの「法則・呪い・原則」等を知らなかったにも拘わらず、理解して論文・書籍を出版してまで日本人に警告した福沢諭吉翁の「福沢諭吉の脱特亜論」(福沢の著作を総合・意訳)を我々日本人は全員が諳誦できる程に読み込むべきだ。


【檀君の呪い】(あの国のあの法則 / Kの国の法則)

「非韓五原則」ー(1)韓国には妥協しない (2)韓国には援助しない(3)韓国には何も教えない・盗ませない(4)関わらない(5)来させない

「福沢諭吉の脱特亜論」(福沢の著作を総合・意訳)
 (1)過去に拘泥し、国際紛争でも《『悪いのはそっち』と開き直って恥じない》。この二国に国際常識を期待してはならない
 (2)《国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ》二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸
 (3)二国には《国際の常識・法》に従い接すべし。《(国交は別として)気持ちにおいては断交する》





【ソウルからヨボセヨ】【日本統治時代の朝鮮半島】
世界に類を見ない「工業化された植民地」
2018.6.23 13:22

日本統治時代の朝鮮の発電所(工事中を含む)


 中朝国境の西側の鴨緑江沿いを遡ると、河口に近い中国・丹東の対岸の新義州にでっかい煙突が見える。観光ガイドは「日本時代の王子製紙の工場で今も動いている」という。さらに中流には日本時代に水力発電のために造られた巨大な水豊ダムがあり、古代・高句麗の有名な「広開土王碑」がある集安では、対岸の満浦に巨大な「日本時代の銅精錬工場」が見える。

 中朝国境は東側は豆満江だが、観光スポットの図們で川の水が濁っているのを見てガイドは「上流に鉱山があるから」という。上流の北朝鮮側に鉄鉱山で有名な「茂山」があり、日本時代に三菱鉱業が開発した世界最先端の鉱山だった。

 日本統治時代の北朝鮮には東海岸を中心に工業地帯が形成され、多くの日本企業が進出していた。日本の朝鮮半島併合をよく「植民地支配」というが、世界史的に見て植民地であんなに工業化を進めた例はほかにない。そこから「正確には植民地支配ではなかった」という見方も出てくる。

 日本の敗戦・撤退後、ソ連進駐軍がその工業施設のいいところを持ち去ったといわれるが、北朝鮮はソ連(ロシア)に返せと言ったことはあるのかしら。将来、日朝間で「支配の補償」という話が出るかもしれないが、誰が何をどう補償するのか一悶着は必至だろう。(黒田勝弘)






続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ



米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)


尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう! 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(17)京城はなぜ100万都市に 「泥濘」から発展した日本人街【日本人が作り変えた都市京城(ソウル)】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 京城はなぜ100万都市に 「泥濘」から発展した日本人街

 日本がここまで「無法国家」韓国の発展のための基礎を作り上げたにも拘わらず、「超」反日国家・韓国は日本の過現在過去未来全てを否定する(韓国の奴隷に日本が成り下がれば、韓国は日本を認めるかもしれないが……)。
 しかしながら、歴史を紐解くと日本が多くの資金を朝鮮半島に投資して多大なるインフラの設備を作り上げた事実がある。

 日本は民間がその事実を書籍にまとめて国際社会へ公表しておくべきだ。戦前の日本と日本人が創った京城(ソウル)の歴史巡りツアー等をいくつも用意しておくことは良いだろう。

 それにしても韓国人は歴史の捏造が好きなので、日本側は全ての資料を縦横無尽に駆使して韓国人の嘘を論破することだ。




【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(17)【日本人が作り変えた都市京城(ソウル)】
京城はなぜ100万都市に 「泥濘」から発展した日本人街

2018.5.6 13:40


 韓国の首都ソウルは人口約1千万人、政治・経済の中心、文化・情報の先端。今やアジアのみならず世界の主要都市のひとつだ。この街は、14世紀末以来、李朝の都(漢城)として500年。日本統治時代(1910~45年)は「京城(けいじょう)」と呼ばれ、近代的な都市として発展し、人口(京城府)は終戦前ですでに100万人を超えていた。

 京城帝国大教授として、約15年間暮らした哲学者の安倍能成(よししげ)(1883~1966年、後に旧制一高校長、文相、学習院院長)は、この美しくもきらびやかな都を描いたエッセーをたくさん残している。

 「京城とアテーネ」(昭和3年)には、こうあった。《初めて京城に来た時(とき)私はすぐに何処(どこ)やら希臘(ギリシャ)のアテーネに似て居(い)るな、と思った…(朝鮮)神宮の前から漢江を見おろした景色は、私には、アクロポリスの上から(略)海を望んだ記憶を呼び起こす…》

 安倍が京城に赴任したのは日韓併合から15年以上が過ぎた大正15(1926)年のことだ。もしも、安倍が「前近代的」な因習や伝統を城壁の中に、そのまま閉じ込めたような李朝末期や大韓帝国時代のこの街に来ていたら、果たしてどう感じただろうか?

 日韓併合前の明治38(1905)年、ジャーナリストで後に貴族院議員を務めた加藤政之助(まさのすけ)がこの街を綴(つづ)った一文がある。《大通だけは比較的に清潔なりき、ただし市街の裏通りに至りては道幅8、9尺(2メートル半前後)、車馬通せざる所もあり、下水及(およ)び塵芥(じんかい)の腐敗により起こる臭気鼻を衝(つ)いてきたり…城内の見るべき建築物は、景福及び昌徳の二宮、日本の兵営、列国公使館位(くらい)に過ぎず》(『韓国経営』から)

 京城の電気や水道、市内電車を初期に手掛けた欧米人から事業を引き継ぎ、数度の都市計画を経てインフラ(社会資本)を整備し、モダンな大都市に変身させたのは日本人だった。

朝鮮人が敬遠した土地

 19世紀末、日本人がこの街に住み始めたとき、最初の居留地となったのが、南山北麓の「泥●(やまへんに見)(チンコゲ)」と呼ばれた所だ。文字通りの低湿地で雨が降れば南山から水が流入し、泥濘(ぬかるみ)になってしまう。朝鮮人もあまり住んでいない地域だった。

 この土地を日本人はせっせと改良して道路をつくり、住宅や商店、公的機関を建てた。そこを起点に本町(後の忠武路(チュンムノ))、明治町(明洞(ミョンドン))といった繁華街が広がり、市内を横断する清渓川の南側は日本人、北側は朝鮮人の街として色分けされてゆく。

 再び加藤の筆に頼ろう。《(日本人居留地の)家屋は西洋作もあり日本風の二階屋もあり、店は広く小奇麗(ぎれい)に往来繁(しげ)く…日本人の移住する者年毎(ごと)に増加し…明治38年4月の人口は6296人なり…》(同)

 日本人街には、三越、丁子屋(ちょうじや)、三中井(みなかい)といった百貨店が進出、ホテルやレストラン、カフェ、映画館が次々と開業した。モダンガール・ボーイと呼ばれた、おしゃれな若者たちが押し寄せ、中心の繁華街・本町で遊ぶことを、東京や大阪の“銀(座)ブラ”“心(斎橋)ブラ”になぞらえて「本ブラ」と呼んだ。

 父親が朝鮮総督府の建築技師などを務めた正木千代子(91)は、昭和2年京城生まれ、高等女学校を卒業した後は、京城の中心地にあった水産会社に就職している。「本町は内地にも負けない賑(にぎ)やかな繁華街でね。三越、丁子屋などの百貨店にも、よく買い物に行きました。休日はレコードを聴いたり、昌慶苑の桜見物も覚えている。(終戦までは)物資は豊かだったし、空襲もない。ホントにいい街でしたよ」

 清渓川北側の朝鮮人の居住地にも、朝鮮人経営による和信百貨店ができたが、鐘路を中心とした伝統的な商店などは次第に廃れてゆく。朝鮮人の若者たちも、流行の先端で、小ぎれいな日本人街に足を向けるようになったからだ。

 日韓併合直後に25万人前後だった京城府の人口は市域の拡張もあって倍々ゲームで膨れ上がり、総督府の昭和17年末統計では約111万4千人(朝鮮人約94万1千人、日本人約16万7千人)の大都市に成長する。朝鮮全体の増加率は2倍強だったから、京城への集中がよく分かる。

 日朝の近代化の差はどこにあったのだろうか。ひとつは儒教の「受容度の違い」だった気がしてならない。李朝500年間にどっぷりつかった朝鮮では、儒学の勉強に勤(いそ)しみ、科挙(官吏登用試験)に合格した者が最上位であり、武人や医者・技術者など実学に携わる者は低く見られ、労働や商行為は蔑まれた。

 京城の商業の中心が鐘路から本町へ移っていったことを、姜在彦は「ソウル」の中でこう書いている。《長い間の町人文化の中で鍛え抜かれた日本人商人との競争で敗北した…》と。

 ただし、私は李朝の王宮(景福宮)正面を遮るように西洋式の朝鮮総督府を建てたり、各地に神社を設けたりしたのはやりすぎだったと思う。90歳に近い朝鮮の古老は「日本統治で朝鮮人が最も拒否感をもったのは、神社参拝と宮城遥拝(ようはい)だった」と打ち明けている。

楽しげな娼妓の思い出

 京城のもうひとつの日本人街は、南山の南に形成されていった「龍山」だ。日本陸軍の朝鮮軍司令部が置かれ、軍関係者が多い。

 龍山で祖父母が洋品店を経営していた齊藤雄一(86)には興味深いエピソードがある。その店に買い物にやってきた朝鮮人娼妓たちとの思い出だ。京城最大の遊郭は本町東端の新町にあったが、龍山にも小さな花街があり、そこの娼妓がよく店に来ていた。

 「20代くらいで洋装の朝鮮人女性たちが楽しそうに買い物をしていた。(戦時下で)衣料切符が必要だったのに、(慰安婦として)戦地へ行く人には特配があったらしい。まだ(旧制)中学の1年生だった私に『僕ちゃんも早く兵隊さんになりなさいよ』って、笑いながら、からかわれたことを覚えていますよ」

 なるほど、韓国が主張する“強制連行されたいたいけな少女”などとは随分、イメージが違う。=敬称略(文化部編集委員 喜多由浩)






続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 無法国家-韓国
ジャンル : 政治・経済

【今週の注目記事】韓国団体と提携し「『竹島の日』を考え直す集会」を毎年開く市民団体…「日本政府の対応は周回遅れだ」下條正男・拓殖大教授

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 韓国団体と提携し「『竹島の日』を考え直す集会」を毎年開く市民団体…「日本政府の対応は周回遅れだ」下條正男・拓殖大教授

 日本は官民一体となって下條正男・拓殖大教授の様な人材を評価すると共に竹島を「無法国家」韓国から取り返す為に島根県を人物金で応援するべきである。
 
 「反日無罪」国家・韓国の捏造された主張を理解することに労力を割くのではなくて、日本の国益に沿った主張をもっと国際社会へ拡散するべきである。




【今週の注目記事】「日本政府の対応は周回遅れだ」下條正男・拓殖大教授
韓国団体と提携し「『竹島の日』を考え直す集会」を毎年開く市民団体…
2018.3.11 18:00

2月22日に松江市の島根県民会館で開かれた「竹島の日」記念式典


 「竹島の日」(2月22日)の季節になると、大阪の市民団体「『竹島の日』を考え直す会」(久保井規夫理事長)の活動が始まる。この団体は「『竹島の日』がある限り日韓に真の親善はない」と考えている。今年は3月3日、大阪府八尾市の韓国人会館を会場に、15回目の「『竹島の日』を考え直す集い」を開催し、「大阪民団」の公式サイトにも紹介された。

つながっている日韓の団体

 この会の活動が特徴的なのは、韓国・慶尚北道庁が経済支援する「独島(竹島の韓国側呼称)財団」と提携し、「『竹島の日』を考え直す集い」を共同で開催する点だ。そのポスターにも、主催者の「『竹島の日』を考え直す会」とともに、協賛者として「韓国慶尚北道独島財団」の名が載せられている。

 今回の参加者の中に、韓国・嶺南大学校の宋彙栄(ソン・ヒヨン)教授の名が見えることからしても、両者の関係の深さがうかがえる。宋教授と独島財団は2015年10月に出版支援協約を結び、翌年6月には『日本の太政官と独島』を刊行している。著者の一人である韓国・啓明大学校の李盛煥(イ・ソンファン)教授も巻頭文の最後で、「本書の出版に独島財団の…」と謝辞を述べている。

「すばらしい勇気」とたたえる韓国の学者

 独島財団は、2014年6月に韓国の大邱大学校とも関係を結ぶが、翌年10月、八尾市で開催された第9回「『竹島の日』を考え直す会」には、大邱大学校の崔哲栄(チェ・チョルヨン)教授が講師の一人として招かれている。

 崔教授は、その時の感想を韓国紙の『嶺南日報』に、「大阪から見える大韓民国独島」と題して一文を寄せ、次のように記している。

 「(開催できたのは)慶尚北道の独島財団と韓国民団大阪八尾支部、それから日本の元老学者たちを中心とする『竹島の日を考え直す会』のおかげだ。また、日本で活動する民間団体と学者たちの真実を見ようとする勇気は、大きな感動だ。現地でセミナーを準備した民団の話を聞くと、日本の警察と情報当局が異常な関心を見せ、圧迫を加えたという。昨今、日本では保守右翼が勢いを得て、在日韓国人に対して憎悪発言と歴史を否定する表現が多い状況だ。にもかかわらず韓国の独島財団と手を結び、韓国と日本の学者たちが集まり、独島の韓国の領土主権を討論する場を用意したことはすばらしい勇気だ」

 この時のテーマは、「戦後70年、独島(竹島)問題の解決への課題」ということで、独島財団からは代表の姜徳洙(カン・トクス)氏らが参加している。その独島財団の設立趣旨を見ると、「民間次元の独島守護事業及び国内外の広報活動を通じて、独島の領有権強化に寄与することを目的とする」としている。

 独島財団は現在、竹島を所管する慶尚北道庁から資金援助を受け、活動を続けている。その独島財団と、「『竹島の日』を考え直す会」が「『竹島の日』を考え直す集い」を開催することは、結果的に慶尚北道に協力し、対日工作を行っていることになる。

「考え直す会」の実績評価した独島財団

 独島財団は2015年7月、「『竹島の日』を考え直す会」と姉妹結縁協約をするが、それには「『竹島の日』を考え直す会」を創設した尹●夏(ユン・ヨンハ)氏の役割が大きい。

 尹氏は、2012年11月30日付で「竹島に関する質問書」を島根県に送付。翌年5月には、韓国の「独島学堂」の招きで同会の久保井理事長と黒田伊彦副理事長らが竹島に上陸し、韓国語で「独島は韓国領土」と叫んで話題となった。

 2014年には、韓国の「独島を知らせる連帯」とともに、松江地裁に対して「竹島の日」の撤廃を求めて行政訴訟を起こし、棄却されると今度は広島高裁の松江支部に上訴している。

 独島財団は、こうした「『竹島の日』を考え直す会」の実績を評価したのであろう。2015年には久保井氏と協約を結び、韓国内で「独島資料展示会」を開いている。

尖閣問題にも活動広げた「考え直す会」

 一方、「『竹島の日』を考え直す会」の活動は竹島問題に限らず、尖閣問題にも幅を拡げている。

 2017年2月11日には「領土ナショナリズムを煽(あお)る『竹島の日』の誤りを糺(ただ)す」とする集会を開催。その際にまとめた「『竹島の日』撤廃と領土教育是正の要請」で、次のように主張した。

 「日本が、侵略した中国との尖閣諸島、侵略・植民地化した韓国との竹島。これらの問題は、戦後、国交正常化が停滞した中で領有実態が複雑化し、歴史的検証も外交的努力も不十分」であるとし、そんな状態にもかかわらず、日本政府は「相手国の見解を封殺し、日本政府の見解だけを教科書により注入することは、徒(いたずら)に領土ナショナリズムを煽り、隣国の人々を傷つけ、隣国との友好と国際協調を損なう」と。

 しかし、尖閣諸島は1971年以来、中国政府が台湾の一部としてその領有を主張し始めたもので、2010年9月7日の中国漁船による海上保安庁の巡視船衝突事件で大きくクローズアップされたが、歴史的事実として中国の領土であったことはない。台湾が清朝の領土となるのは康煕二十三年(1684年)。その台湾の疆域(きょういき)に尖閣諸島は含まれていない。

 昨年2月11日の集会で、久保井氏は「続 外務省見解に基づく領土教育批判と尖閣=釣魚諸島問題」と題して講演しているが、文献も読まずに「尖閣諸島は中国領だ」と思い込んでいるのであろう。これは「侵略・植民地化した韓国との竹島」といった歴史理解についても同様である。

 久保井氏はその著書『図説竹島=独島問題の解決』で、日本政府の見解は「外務省担当部署と、『竹島=独島は日本領土』と初めから結論ありきの一面的な学説だけに偏った『島根県竹島問題研究会』のごとき御用研究機関に依拠している」と憤慨している。

 だが歴史的事実として、竹島は1905年1月28日の閣議決定によって島根県隠岐島司の所管となった。それ以前の竹島は、「無主の地」であった。韓国政府はその竹島を1952年1月18日、「李承晩ライン」を宣言してその中に含め、1954年から武力占拠している。竹島を侵奪したのは、韓国政府である。

日本包囲する中韓露に北朝鮮も加わる

 そこで韓国側としては、侵奪した竹島を死守するための活動を続けている。対外工作で、その先陣を切っているのが「独島財団」である。「独島財団」は昨年末、また新たな動きを見せた。ロシアの「サハリンと千島列島労働移民センター」と共同で国際学術セミナーを開催しているのだ。そこでは宋教授や李教授、崔教授が意見発表をしている。

 その趣旨は「日本は第二次大戦に敗れた後、韓国と独島、ロシアと南千島列島(北方領土)、中国と釣魚島(尖閣諸島)をめぐって歴史歪曲とごり押しの主張を拡げ、領土紛争を行っている」というところにある。

 さらに「独島財団」は2016年4月、中国の南京大学南海研究協同創新センターと業務提携を結んだ。中韓露では共同戦線を張っている。やがて「統一旗」に独島を描いた北朝鮮も参戦することであろう。

 日本ではようやく『学習指導要領』に竹島と尖閣が記載され、今年1月25日には島根県に遅れること10年、「領土・主権展示館」を東京に開設した。その規模と内容は、島根県の「竹島資料室」の十分の一にも満たない。日本政府の竹島政策はまるで周回後れである。

(3月8日掲載)





続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 竹島は日本の領土である(韓国に不法占領されている)
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001