FC2ブログ

【古典個展】大阪大名誉教授・加地伸行 中国は「砂上の楼閣」【コラムその他】【「ならず者国家」中国】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 中国は「砂上の楼閣」

 中国大陸は長江を境にして、北は小麦、南は米が主食であり、日本とは大きく異なる。抑々、中国は、古来より、多くの人民を食べさせるだけの十分な主食生産ができずに数々の問題が起こり今日に至る。そして、今や北方は荒れ果てている。その為、北方での小麦生産は少なく、中国は小麦を大量に輸入している。「ならず者国家」中国では、小麦の麺を使用した麺食は重要である。

 日本も中国へ極上の米や小麦を売って儲けようと考える事もできるだろうが、止めた方が良い。何故なら、日本の仮想敵国ナンバー1である「ならず者国家」中国は必ずそれを政治のネタに使用して来るからだ。中国からの大量の観光客で日本を儲けさせておいて、政治的問題が発生すると中国からの観光客を止めて日本への圧力に使用するのだ。現に「嘘と無礼極まりない国」韓国はそれで「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国によって経済をボロボロにされている。

 結論からいえば、「ならず者国家」中国とのビジネスは程々で止めておくのが正しい国家戦略だ。日本は、「ならず者国家」中国一国から大儲けをする事を考えずに、その同額を儲ける為に「特亜三国」である中国・韓国・北朝鮮以外の国々とビジネスをする戦略に頭を切り替えるべきだ。それでなくとも、砂上の楼閣である「中国経済大崩壊」に日本は備えて置かなければならないのだから。




【古典個展】大阪大名誉教授・加地伸行【コラムその他】【「ならず者国家」中国】 
中国は「砂上の楼閣」
2020.1.20 09:35

 年が明けるや、いろいろな事件が起こった。わけても米国とイランの対立は不気味である。

 それと言うのも、単なる戦争の話に終わらないからである。中近東・ヨーロッパ地域は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の諸対立が根底にあり、儒教・仏教系の日本人である老生は、その諸対立の真相がよく、いやまったく見えない。

 だから、ただ〈一つの事件〉としてしか受け取れず、その歴史性・文化性については、残念ながら体感がない。

 しかし、東北アジア(日本・中国・朝鮮半島など)についてならば、目に見えない場合でも、その背後についての見通しは、ある程度可能である。

 例えば、この1年来、米中貿易摩擦が激しくなっているが、次第に中国の「正体」が現れつつある。

 それは、どのようなものか。

 本紙昨年12月7日付に、ある小さな記事があった。

 その見出しを引くと、「米国産の大豆・豚肉 中国、追加関税除外」とある。米中両国が、輸出入問題について、互いに相手国からの輸入物産に対して、関税額のつり上げ競争をしていた。相手に負けられないからである。

 ところがなんと、前引記事によれば、米国からの輸入である大豆・豚肉に対しては、つり上げ対策をしない除外措置を中国がとったと言うのである。

 記事は、「米国による対中制裁関税の発動が今月(昨年12月)15日に迫る中で、中国が歩み寄りの姿勢を見せた可能性がある」と解説する。

 その後、米中両国が「第1段階の合意」なるものに達し、問題を一時先送りにしたことは、ご承知の通り。

 だが、前引記事の背景にあるのは果たしてそれだけか。

 中国は、農産物や食肉-こういう分野は中国が得意というイメージが一般にある。特に日本人に。

 しかし、それは大いなる誤解である。つまり、農業国としての力は弱体化している。



 中国大陸は長江を境にして、北は小麦、南は米が主食。

 中国は、小麦の生産国であると同時に輸入国でもある。

 人口の増加により、世界中で穀物の奪い合いが始まっており、14億人の国民を食わせねばならない中国は、いきおいその先頭に立たざるを得ない。

 中国の小麦の輸入相手国には、オーストラリア、カナダなどと並んで米国がある。

 もし、米国が中国への小麦輸出をストップすると困る。そうならないように、中国は大豆・豚肉への関税を増やさずトランプ氏のご機嫌を取ったのである、と観察すべきだろう。

 中国は、古来、多くの人民を食べさせるだけの十分な主食生産ができずに今日に至り、今や北方は荒れ果てている。

 いくら軍事力を高めても基礎ができていない砂上の楼閣である。

 王符の『潜夫論』浮侈(ふし)篇に曰(いわ)く、一夫(いっぷ)耕さざれば、天下に必ずその饑(うえ)を受くる者あり…今、世を挙げて農・桑を舎(す)てて…と。(かじ のぶゆき)







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


スポンサーサイト



テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

【WIRED】中国が「世界のスマートフォン工場」の座を明け渡す日がやってくる

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 中国が「世界のスマートフォン工場」の座を明け渡す日がやってくる 

世界中のメーカーが中国からドンドン逃げ出している。一番の理由は政治的な問題だろう。日本からの多種多様なメーカーはできるだけ早く「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国から逃げ出すべきだ。何故なら、中国を一党独裁支配する中国共産党の政府がとんでもない政策を実施するかも知れないし、トランプが号令を発して中国製品が禁輸されるかも知れないからだ。

それでなくても、日本の仮想敵国ナンバー1である中国は、日本の企業に対して重い課税を課すかも知れないし、日中で問題があれば資産を差し押さえかねない。 

 日本の仮想敵国ナンバー1である中国の力を弱める意味でも、日本の企業には一日でも早く「ならず者国家」中国から逃亡して貰いたい。

 勿論、世界中のメーカーが中国からドンドン逃げ出せば、砂上の楼閣である「中国経済」を待ち受けるのは、中国経済大崩壊である。




【WIRED】
中国が「世界のスマートフォン工場」の座を明け渡す日がやってくる
2019.11.16 15:00


 スマートフォンなどの電子機器の生産拠点としての役割を、世界中のメーカーから一手に引き受けてきた中国。米国との貿易摩擦や人件費の高騰、そして国内需要の急増などによって、「世界中のスマートフォン工場」としての立場が変わり始めている。新たな生産拠点として注目されている国のひとつが、ベトナムだ。

TEXT BY CHRIS STOKEL-WALKER
TRANSLATION BY KAORI YONEI/GALILEO

WIRED(UK)
KEVIN FRAYER/GETTY IMAGES


中国は長きにわたって世界の電子機器の生産拠点であり続けてきた。しかし、その座に今後もとどまることはなさそうだ。その証拠に、グーグルは生産の一部を中国外に移そうとしている。「Nikkei Asian Review」など複数の報道によると、スマートフォンの新製品「Pixel 4」を、ベトナムにある古いノキアの工場で生産するというのだ。

中国からベトナムに生産を移転している企業はほかにもある。ベトナムでは2010年以降、コンピューター、電子機器、工学製品の製造が約33.3パーセント、電気機器の製造が9パーセント増加している。

スマートフォン業界アナリストのホレス・デデューは、「基本的に中国からの移転は、カントリーリスクのバランスを取り戻すことが目的です」と説明する。「中国は消費者向け電子製品の生産において支配的な地位にありましたが、独裁的な政権と相まって決して安定した環境ではありませんでした。政治的な影響は貿易戦争として表面化していますが、別のかたちになってもおかしくありません」


進む生産拠点の多角化

米国と中国が緊張関係に陥る前から、いくらかの動きはすでに見られていた。ところが“関税戦争”をきっかけに、生産拠点の多角化はより緊急の課題となったのである。

生産拠点の多角化は、国際貿易における自然のなりゆきだった。クリエイティブ・ストラテジーズのスマートフォン業界アナリストのキャロライナ・ミラネージは、「サプライチェーンの観点からすれば、物事が静止することは決してありません。そしてこれは、テクノロジー業界に限ったことではありません」と語る。「例えば衣料品業界でも、中国からインドネシアへの似たような移転が見られています」

中国自身も、電子機器の生産拠点が2000年代初頭に日本から移転したことで恩恵を受けた。その日本も、韓国から顧客を奪うかたちで生産拠点の座を手に入れた。

企業が生産拠点を選ぶとき、いくつかの検討すべき点がある。製品をつくるためのにいくらかかるか、完成品を出荷するまでにどのくらい時間がかかるか、そして生産拠点の多角化といったことだ。



しかしデデューによると、中国から移転する理由はコストだけではない。人件費と生産コストを合わせても、スマートフォンのコスト全体の2パーセントにも満たないのだという。「中国の価値は、生産とエンジニアリングのスキルセット、そして行動が素早く、市場状況の変化に即応できるサプライヤーたちのネットワークにアクセスできることです」


中国の工場は地元メーカー向けでフル稼働

中国に対する懸念には、長年の問題である著作権違反行為や偽造のリスクもある。「さらに現地ブランドが台頭していることで、生産能力をいくらか圧迫している可能性があります」と、ミラネージは補足する。

複数の電子機器メーカーに製品を供給するサプライヤーは、たいてい大がかりな偽造は回避している。例えば、アップルのデバイスを生産してきたフォックスコンは、生産に関する情報を厳しく管理してきた。

しかし、中国のスマートフォンメーカーの台頭は、もともと競争の激しい市場を、さらに困難な市場に変えているようだ。中国の工場は、中国メーカーのスマートフォンを生産する工場に変わる可能性がある。調査会社Canalysのデータによると、中国では4大スマートフォンメーカーであるファーウェイ(華為技術)、VIVO(維沃移動通信)、OPPO(広東欧珀移動通信)、シャオミ(小米科技)が、国内出荷数の約85パーセントを占めている。

中国国内のスマートフォン市場は13年以来、世界最大規模だ。中国の工場は自国の消費者の需要を満たすことに忙しく、世界の需要を満たす余裕がない。そのうえ、ドナルド・トランプの怒号もあって、そうした意欲も小さくなっている。


ベトナムがメーカーにとって魅力的な国に

その結果、スマートフォンメーカー各社は南のベトナムに生産を移している。この動きはしばらく前から続いてきた。数年前にはすでに、サムスンのスマートフォンに「ベトナム製」の文字が見られるようになった。

サムスンは14年、18億ポンド(約2,445億円)をかけてベトナムに新工場を建設した。サムスンは中国唯一の工場を広東省恵州市にもっているが、19年2月に従業員の新規採用をやめ、すでに半数の従業員を解雇している。

ベトナムではサムスンの存在感が増している。現在、ベトナムの輸出額の実に4分の1がサムスン製品によるものだ。『エコノミスト』誌によると、ベトナムの人件費は中国の半分であり、労働力の平均年齢も7歳若い。

こうした理由から、多くのメーカーがベトナム(あるいは別の国)を新たな生産拠点にしている。LGは4月、地元の韓国にあった生産拠点をベトナムに移転した。ソニーも3月に北京を離れ、タイの工場に移った。

スマートフォンメーカーがベトナムに移るたびに、ベトナムはほかのメーカーにとって魅力的な国になっていく。「多くの点で、初期の中国が魅力的だったのと同じ理由です」と、デデューは語る。「最も魅力的なのが人件費で、さらに柔軟性とスキルセットもありました。ベトナムも徐々に必要なスキルセットを獲得しています」







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
【WIRED】電子版 の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

○【石平のChina Watch】「車市」と「房市」の衰退【コラムその他】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「車市」と「房市」の衰退


 中国経済成長の柱である「車市(自動車市場)」と「房市(不動産市場)」の両方が一斉に衰退しているらしい。このままいけば、「ならず者国家」中国経済の真の大崩壊はそう遠くないと断言できる内容が共産党一党独裁国家中国を日本で一番良く知る男である石平さんのこの記事には書かれていた。

 確かに、ゴーストタウン化という意味の鬼城という空き家の建物群が「ならず者国家」中国全土に広がっている事実は日本でも知られているのだが、中国を一党独裁支配する中国共産党政権による必死の支えで中国経済の大崩壊は未だ表面上は発生していない。

 しかし、共産党一党独裁国家中国を日本で一番良く知る男である石平さんの指摘通りに「車市(自動車市場)」と「房市(不動産市場)」の両方が一斉に衰退すれば、日本の仮想敵国ナンバー1である「ならず者国家」中国の経済も大崩壊するだろう。

 そして、中国経済が大崩壊への道を突っ走っているとすれば、中国経済大崩壊の後に起こるのは下流の漢族を含めた多くの中国人による反政府デモであり、そのデモの規模が大きくなり、大規模反政府デモの数が多くなった時は中国共産党一党独裁崩壊への道が大きく開かれるだろう。

 我々はもう直ぐ「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国で革命が起こって中国を一党独裁支配する中国共産党の体制が崩壊するのを見ることができるかも知れない。そして、それは習近平「大中華」皇帝が、最後の「大中華」皇帝として歴史に名を刻むのだ。その時には、日本は「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国による国家侵略の脅威から開放されるだろう。




【石平のChina Watch】【コラムその他】
「車市」と「房市」の衰退
2019.9.12 10:40

今年4月の上海国際モーターショー(共同)


 中国では、「車市(自動車市場)」と「房市(不動産市場)」と呼ばれる2つの巨大な消費市場があって、中国経済の中では欠かせない重要な地位を占めている。

 中国の自動車市場は、最盛期の2017年で新車販売台数が2887万台と過去最高を更新し、9年連続で世界1となった。同じ年の日本の新車販売台数は523万台だから、中国自動車市場の巨大さがよく分かろう。このような巨大市場の上に成り立つ自動車産業は当然、中国経済を支える「大黒柱」となっている。その裾野の広さは周知の通りであり、数万点の部品からなる自動車を大量に造って売れば多くの産業が潤う。

 しかし、最盛期が過ぎた18年7月あたりから、中国市場の新車販売台数は急速に落ちはじめ、その時から自動車市場は連続13カ月のマイナス成長となった。今年7月の新車販売台数は181万台、18年1月の280万台と比べると約100万台の激減だ。

 このままでは、新車販売台数は最盛期の半分以下に落ちていくだろう。中国の「車市」と自動車産業の繁栄はもはや過去のものとなった。

 前述のように、自動車産業の裾野は極めて広いから、その早すぎる衰退は当然、中国経済の沈没に追いうちをかけることとなろう。今後の中国経済の減速は、より一層激しくなるのだ。

 自動車産業と並んで中国経済を支えているもう一つの「大黒柱」は、「支柱産業」と呼ばれる不動産開発業である。18年の1年間、中国国内の不動産投資総額は、何と12兆元(約180兆円)に上り、当年度の国内総生産(GDP)=約90兆元の1割以上を占めていた。
PR

 自動車産業と同様、不動産開発業の裾野も広い。マンション1棟を建てて売れれば、鉄鋼産業もコンクリート産業も内装産業も家具産業も、皆喜ぶのである。

 今のところ、中国の不動産市場と不動産開発業は成長を続けており、衰退はしていない。しかし、かげりはすでに見え始めている。



 3日付の経済参考報の関連記事によると、今年8月の全国都市部の不動産市場は低迷しており、そのうち、29の大都市の不動産成約面積は7月と比べると6%減ったという。北京、上海、広州、深センの4大都市となると、不動産成約面積は、7月より10%も減少したから、不動産市場の激しい冷え込みはすでに始まったもようである。

 その中で、不動産物件の大幅な値下げも一部で始まった。例えば8月19日、広州市のいくつかのメディアが報じるところによると、市内のある高級マンションの新規分譲物件の価格が数日間のうち、に、1平方メートル当たり4万6千元から3万6千元に落ちてしまい、一気に約20%の値下げとなった。

 これは単なる個別事案かもしれない。だが、消費全体が冷え込んで大量の不動産在庫が蓄積している中で、不動産価格全体の下落は、もはや時間の問題だ。下落が加速化すれば、不動産バブルの崩壊にもつながる。

 その一方で今年8月、40の大手開発企業が受けた新規融資は7月より6割も激減したと報じられている。中国の不動産開発業を支える、それらの大企業は、新規不動産を造っていく意欲が大幅に減退しているのだ。その意味するところはすなわち、今後における不動産市場と不動産開発業の大衰退である。

 中国経済成長の柱である「車市」と「房市」の両方が一斉に衰退していけば、中国経済の「末日」はそう遠くないだろう。



【プロフィル】石平

 せき・へい 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

米中貿易戦争 米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速【経済金融・財政】【「米中貿易戦争」という名の「米中覇権戦争」】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速 米中貿易戦争

 「ならず者国家」中国から日本企業は撤退、若しくは移転するべきだと主張してきた。特に製造部門の撤退、若しくは移転は絶対に必要だったのだが……。「ならず者国家」中国及び「嘘と無礼極まりない国」韓国に関わり合うのはリスクが高過ぎるのだ。

 今回、9月1日に米国が「第4弾」を発動した対中制裁関税(追加関税)は約3200品目が対象で、靴や衣料品、複合機などが含まれる。こうなるとユニクロを含めた日本の衣料品関連企業にも大きな打撃を与えるだろう。

 今回の「米中貿易戦争」という名の「米中覇権戦争」は未だ未だ始まったばかりなのだから、日本企業は至急に「法の支配や航行の自由脅かす・ならず者国家」中国からの撤退、若しくは製造部門の移転を推し進めるべきだ。




【経済金融・財政】【「米中貿易戦争」という名の「米中覇権戦争」】
米中貿易戦争 米国の対中制裁関税で日本企業、中国外への生産移管が加速
2019.9.1 20:28


 米国が「第4弾」を発動した対中制裁関税による影響を避けるため、「世界の工場」の役割を担ってきた中国から、日本企業が他国へ生産拠点を移管する動きが加速してきた。安全資産とされる円買いが進めば、円高ドル安で企業業績の悪化につながりかねず、米中貿易摩擦が日本経済の下振れリスクを高めている。

 1日に発動された追加関税は約3200品目が対象で、靴や衣料品、複合機などが含まれる。

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは、米国向け製品の多くを中国で生産しており、「対応を検討中だ」という。

 リコーは米国向け複合機の生産拠点を7月に中国からタイ工場に移した。京セラも米国向けの複合機やコピー機の生産拠点を中国からベトナムに移管すると表明。移管の費用は最大数十億円を見込んでおり、今年度内には完了させたい考えだ。

 12月には対象がゲーム機などにも広がる。任天堂は今夏、主力の家庭用ゲーム機「スイッチ」の一部生産を中国からベトナムに移した。ソニーもゲーム機「プレイステーション4」について、中国外への生産移管も含め検討している。

 パナソニックは令和2年3月期業績で、米中摩擦が100億円の減益要因になると予想。第4弾による取引先企業の設備投資抑制に警戒感を強める。

 国際通貨基金(IMF)が7月に発表した今年の世界全体の実質経済成長率の見通しは3・2%と、米中摩擦を背景に前回4月時点から0・1ポイント下方修正した。日本も0・9%と0・1ポイント引き下げた。日本商工会議所の三村明夫会頭は「世界経済全体の成長率が落ちれば、巡り巡って日本経済にも影響が出る」と憂慮している。







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

中国、米産品に750億ドル分の報復関税 9、12月 自動車関税も復活【国際中国】【米中貿易戦争】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 中国、750億ドル分の報復関税 米産品に 9、12月 自動車関税も復活

 「米中貿易戦争」という名の「米中覇権戦争」は益々先が見えない泥沼化の方向へと突き進んでいる様だ。このまま「米中貿易戦争」が進めば、間違いなく中国経済は大崩壊を招くだろう。日本はこの期を捉えて、日本の国益を考慮した対応をしなければならない。ここで一番重要なのは、日本が「日米同盟」を最重視して中国側に懐柔されないことだ。




【国際中国】【米中貿易戦争】
中国、米産品に750億ドル分の報復関税 9、12月 自動車関税も復活
2019.8.23 21:57

今年6月の大阪でのG20サミットで面会した米トランプ大統領(左)と中国の習近平国家主席。米中貿易協議の出口は見えない(ロイター)


 【北京=西見由章】中国国務院(政府)は23日、米国が中国産品に第4弾の制裁関税を発動した際の対抗策として、9月と12月に計5078品目、約750億ドル(7兆9800億円)相当の米国産品に最大10%の追加関税を課すと発表した。米中の貿易摩擦は制裁関税の応酬に歯止めがかからない状況が続いている。

 米国は当初、9月1日から3千億ドル分の中国産品に10%の追加関税をかける方針を表明。その後、スマートフォンなど約1500億ドル分の発動を12月に先送りしていた。中国政府の発表は「こうした米側の措置を受けて、中国側も報復措置をとらざるを得ない」としている。

 中国側の発表によると、9月1日から1717品目に対して10~5%、12月15日から3361品目に対して同様に10~5%の追加関税を発動する。

 このほか、今年1月から停止していた米国車や米国産自動車部品に対する25%の追加関税を12月15日から復活させる。米国車への25%の追加関税は昨年7月に発動されたが、同12月の米中首脳会談を受けて中国側が譲歩して停止し、関税は他国製と同じ15%に引き下げられていた。




続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
sankei_logo.gif 電子版の記事へ




米軍は「慰安婦=売春婦」と定義していた証拠(アメリカ一の親日家「テキサス親父」さんのお話)

● 日本は「捏造された従軍慰安婦問題」(ディスカウント・ジャパン運動の1つ)への報復措置の1つとして、英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長・韓国の戦争性犯罪であるライダイハン問題の実態を訴えている)を民間経由で大支援するべきだ。

北野幸伯氏(ロシア政治経済ジャーナル)が伝授する韓国必殺爆弾。「無法国家」韓国では韓国人が人類の家族であり友達である犬を食べている。この様な韓国の朝鮮半島伝統食文化の事実を世界中に拡散して、韓国人の犬食を止めよう! Stop Eating Dogs! 犬食人種である韓国人から人類の家族であり友達である犬を守ろう! 野蛮過ぎる!韓国の伝統的犬食文化を廃止させ監視し続けよう!

尖閣Tシャツを着て、日本の尖閣諸島を守ろう!
 竹島Tシャツを着て、韓国によって侵略され不法占拠が続く日本固有の領土である竹島を取り返そう!
尖閣Tシャツ(白)尖閣Tシャツ(紺)
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン White01
2012-08-18_尖閣Tシャツ 東京デザイン Navy02

●竹島Tシャツも販売されています。
竹島Tシャツ(白)竹島Tシャツ(紺)

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 03White

2012-08-18_竹島Tシャツ 東京デザイン 04Navy
●スモールデザイン(時事Tシャツ販売店)東京・吉祥寺
http://smalldesign.jp/



日本固有の領土である竹島を日本へ至急に返還せよ! ロシアに対しては、政府高官が会う度に日本固有の領土である北方領土を返せと主張するにも拘わらず、「無法国家」韓国に対しては日本固有の領土である竹島を返せとは主張しないのは変だ。 「超」反日国家・韓国には日本固有の領土である竹島を即座に返還せよと主張すべきだ。


【武田邦彦】反日の根源シリーズ 1(歴史の真実を知ろう)

【武田邦彦】反日の根源シリーズ 2(歴史の真実を知ろう)







◆雑誌「正論」 発行産経新聞社 特別価格840円 定期購読(年間8,880円 送料無料)
富士山マガジンサービスまで フリーダイヤル 0120-223-223

左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646


テーマ : 「ならず者国家」中国
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001