【新技術】超薄わずか2ミリ!携帯性老眼鏡「ペーパーグラス」の製造販売店が関西へ進出

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 超薄2mm携帯性老眼鏡「ペーパーグラス」は世界的に販売できる革新的な技術ではないだろうか?

 2mmとは薄い! これは凄い!

こんな技術に日本の未来があるのではないだろうか。




【ニューテクノロジー】
超薄わずか2ミリ!携帯性老眼鏡「ペーパーグラス」の製造販売店が関西へ進出
2016.11.27 09:03

大阪などの直営店で先行販売される極薄老眼鏡ペーパーグラスの新シリーズ


 平成24年9月の発売から累計3万本を売り上げた極薄型老眼鏡「ペーパーグラス」を製造販売する西村プレシジョン(福井県鯖江市)は29日、大阪市に関西初の直営店を出店する。同時にペーパーグラス新シリーズの先行販売を開始し、関西で新たな顧客層を掘り起こす。

 関西1号店は、大阪市営地下鉄御堂筋線・淀屋橋駅に直結した商業施設「淀屋橋odona」の1階。店舗は約56平方メートルで、国内直営店では最大規模。ネット未販売の限定商品のほか、新モデルを期間限定で先行販売する。

 ペーパーグラスは、つるとフレームの連結部に工夫があり、折りたたむと平らに近い形状になる。厚さはわずか2ミリで、長財布にも収容できる携帯性の高さが評価されている。

 先行販売するのは「スタンダードクラシックシリーズ」3タイプで、基本構造はそのまま、クラシックさを織り交ぜたデザイン。ファッショナブルな「ボストン」、最もクラシックな「ラウンド」、カジュアル、フォーマルともに合わせやすい「ウェリントン」がある。

 先行販売は東京の帝国ホテル店でも行う。直営オンラインショップでの販売は12月5日からを予定している。










続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

【日本のエネルギー問題】日本の核廃棄物をどう処理するのか?

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日本の核廃棄物をどう処理するのか? 

 フィンランド方式は、地震が多い日本に合うのか?

 核廃棄物の処理場が決定していない現状では、できるだけクリーンエネルギーの生産に力を注ぐべである。



【日本のエネルギー問題】
日本の核廃棄物をどう処理するのか?


未来のために、いま選ぼう
地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(賢い選択)」
http://www.sankei.com/special/numo2016/


日本人は解決できるのか?
いま、世界中が悩んでいる〇〇のごみ問題とは










続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓

●「放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策」 東海大地震に備えて静岡の浜岡原発を止めよう!
の記事へ

「地下式原発」ならば安全だと本気で信じているのでしょうか?


「放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策」 東海大地震に備えて静岡の浜岡原発を止めよう!


原発事故対策


浜岡原発(静岡)震災が起こったら・避難の手引き 東海大地震
(日本に一番悪影響の大きい原発)




原発推進派・大橋弘忠氏(東京大学) vs 原発反対派・小出裕章氏(京都大学)










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 日本を憂う
ジャンル : 政治・経済

「ウォームビズ」が始まる 暖房20度設定でも暖かい服装で【クリーンエネルギー】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「ウォームビズ」で暖かい服装をして、暖房20度設定に抑えて環境に優しく生きよう。

 これも一つの「クリーンエネルギー」! エネルギーを創り出すことが少ないならば、消費量を抑えよう。

 南シナ海の不安定さも考慮して、国内でエネルギーを増産して、消費を抑えて、国産だけで対応できる努力を続けていこう。




「ウォームビズ」【クリーンエネルギー】
「ウォームビズ」が始まる 暖房20度設定でも暖かい服装で
2016.11.1 16:46

「ウォームビズ」が始まり、職場で膝掛けを使う環境省の職員=1日午前


 冬場の地球温暖化対策として、重ね着などの工夫で暖房使用を控える「ウォームビズ」が1日、始まった。来年3月末まで。省エネのため暖房時の室温を20度に設定するとともに、快適に過ごせる生活スタイルの実現を目指す。

 東京都心は1日未明から雨が降り、午前10時の気温が12.3度と冷え込んだ。環境省国民生活対策室では、職員がカーディガンやストールを身に着け、体を冷やさないようにして勤務。伊藤賢利室長は「暖房温度を1度下げるだけでも省エネ効果は大きく、電気代の節約にもつながる」と話し、家庭での取り組みの重要性を訴えた。

 ウォームビズは環境省が2005年に提唱。取り組み例として、保温効果の高い服の着用や、暖房の効いた部屋で家族らが一緒に過ごす「ウォームシェア」の実施、根菜など体を温める作用のある食材を多く食べるよう呼び掛けている。












続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ













左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

ドコモが格安スマホ潰しの“秘密兵器”投入 価格650円のオリジナル機種「MONO」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 ドコモは日本国内スマホ戦争に勝てるか?

 ドコモはもっとソフトバンクを叩く戦略に出た方が良いのでは? しかし、ここまで安い値段をドコモが出して来るとは驚きです。しかし、残念ながらスマホ本体は中国製のようです。
 
 ドコモは、日本の会社にスマホを作らせるべきだったと思います。そうすれば、日本経済にも貢献するので、ドコモの評価も上がるでしょう。そして、KDDI-auも後に続くかも知れません。もしかしたら、ソフトバンクでさえも続くかも知れません。
 愛国者をターゲットにすれば、「反日」とか韓国企業と言われるソフトバンク嫌いな日本人も含めた愛国者は、ドコモの格安スマホへ乗り換えたりするのではないでしょうか?




【日本国内スマホ戦争】
ドコモが格安スマホ潰しの“秘密兵器”投入 価格650円のオリジナル機種「MONO」
2016.10.19 15:17

NTTドコモが冬春モデル発表会を開催。これがドコモオリジナルスマホをうたう「MONO(モノ)」=19日、東京都中央区(寺河内美奈撮影)


 NTTドコモは19日、今月末から来年3月にかけて発売する冬春モデルの新商品13機種を発表した。この中で異彩を放つのが、「初のドコモオリジナルブランドのスマホ」をうたう「MONO(モノ)」だ。販売価格はジャスト650円。格安スマホに対抗する“秘密兵器”として市場に送り込む。

 MONOは、1年間の端末使用を前提にした割引の適用という条件つきながら、一括650円で購入できる。月々の支払いから端末料金がなくなるので、通信料金などだけにぐっと軽減される。

 2年間分割払いでは割安感があるスマホは少なくないが、一括650円ポッキリというのは破格といえる。

 同日の記者会見で吉沢和弘社長は「お客様の大切な『モノ』にいうことで名付けた。ベーシックな機能の新定番のスマホ」と話した。

 MONOは、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)に製造を委託した。高音質通話の「Volte(ヴォルテ)」や防水機能など基本的な機能を備えながら、格安価格を実現したという。









続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

日産がバイオ燃料で発電する「究極のエコカー」開発に乗り出していた! 水素燃料の短所を克服 2020年に商品化へ【高論卓説】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 日産がバイオ燃料で発電する「究極のエコカー」開発に乗り出していた! 水素燃料の短所を克服 2020年に商品化へ

 トヨタはピンチなのか?




【高論卓説】
日産がバイオ燃料で発電する「究極のエコカー」開発に乗り出していた! 水素燃料の短所を克服 2020年に商品化へ
2016.7.8 07:00


 日産自動車が発表した燃料電池車向けシステム「e-Bio Fuel-Cell」は、車載タンクに入れた液体のバイオエタノールで発電する。走行中はもとより、バイオエタノール生成においても二酸化炭素(CO2)が発生しない。化石燃料に依存しない究極のエコカー開発に弾みがつきそうだ。

 走行中に一切の有害物質を排出しない電動車両には、電気自動車(EV)と水素を燃料とする燃料電池車(FCV)がある。

 しかし、発電や水素の生成には、化石燃料が使用されている。EVは、火力発電による電気を多く使用するためCO2排出が増える。FCVに使う気体の水素は、99.97%以上の高純度が要求されるため、天然ガスなど化石燃料から改質している。EV、FCVが普及するほどに、低炭素社会に逆行してしまっているのが現実だ。

 この点、バイオエタノールはサトウキビをはじめコーンなどを原料とする。サトウキビの場合は、搾汁と搾りかすに酵母を加えてアルコール発酵させ、蒸留することで生成される。


 日産の「e-Bio Fuel-Cell」では、(1)バイオエタノール(100%エタノールあるいは45%エタノールの混合水)を車載の燃料タンクに注入(2)走行時、バイオエタノールは改質器に送られて熱により水素とCO2に分離される(3)分離された水素は「固体酸化物形燃料電池(SOFC)」に送られる。空気中の酸素がSOFC内の電解質を通過して発電し、送られた水素と反応して水となる(4)発電した電気は車載のリチウムイオン電池に充電され、モーターを駆動する。

 サトウキビの収穫や運搬にはトラックを使い、バイオエタノールから水素に改質するときにCO2は発生する。だが、サトウキビが生育する間にCO2を吸収するため、相殺されていわゆる“カーボンニュートラル”となる。

 一方、トヨタ「MIRAI(ミライ)」など従来のFCVは「固体高分子型燃料電池(PEFC)」を搭載。こちらは水素イオンが電解質を通過して発電し、酸素と反応して水になる。


 SOFCでは700~800度の高温で反応するため、常温で反応するPEFCに必須な白金など高価な貴金属を必要としない。電解質の組成も両者は異なるが、SOFCでは電解質を通過するのは酸素なので、高純度な水素を要求されない。タンクにしても、安価な金属製で対応でき、従来型FCVのような炭素繊維などを使った高圧水素タンクの必要がない。

 これらの事情から「e-Bio Fuel-Cell」の車両価格は従来型FCVよりも大幅に安くでき、水素ステーションそのものがいらない。航続距離もガソリン車並みだ。日産の坂本秀行副社長は「商品化は2020年をめどとするが、日産としては水素を燃料とする燃料電池車より、こちらの商品化が先になるだろう」と説明する。ブラジルや米国ならば、ガソリンスタンドの多くがエタノールを販売しているため、すぐに実用化は可能だ。

 高温での耐久性に課題は残るものの、コストは安く、今夏にもバンタイプの試作車を日産は公開するという。


 さて、バイオエタノールはその原料において、どうしても食用と競合してしまう。そこで、一歩進んで麦わらなどのセルロースからエタノールを精製する技術の確立を急ぎたい。前処理の糖化工程に使用する酵素剤をはじめ、少ないエネルギーによる水熱分解、さらに高効率な発酵など、クリアすべきハードルは高い。だが、再生可能エネルギーであるセルロースを原料とした低コストのバイオエタノールの実用化は、燃料までを含めた自動車の脱炭素化へと大きく前進できる。日産の今回の技術は、低炭素社会に逆行しないという点で意義深い。(永井隆)

 ながい・たかし ジャーナリスト。明大卒。東京タイムズ記者を経て1992年からフリー。著書は「サントリー対キリン」「人事と出世の方程式」など多数。58歳。群馬県出身。




続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ




左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001