「iPhone X」「iPhone 8」のどちらを選ぶべきか 実機で感じた決定的な違い【iPhone】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「iPhone 8」「iPhone X」のどちらを選ぶべきか?

 安全を選ぶのであれば「iPhone 8」で、新しいコンセプトを試したいのであれば「iPhone X」だろう。
 
 個人的には車と同じでフルモデルチェンジの時には買わず、その次の改善されたマイナーチェンジの時に買う。
 それはツールで「ハズレ」引きたくないからである。ツールに時間をかけたくないからである。
 但し、ツールに思い入れのあるのであれば、バグ等のリスクを取ってチャレンジすれば良いだろう。

 


【iPhone】
「iPhone X」「iPhone 8」のどちらを選ぶべきか 実機で感じた決定的な違い
2017.9.14 11:30

ホームボタンを省き、ディスプレイを縦に広げたデザインが目を引く「iPhone X」。発表会後のタッチ&トライにて


 米国時間の9月12日に新しい「iPhone」の発表が終わり、さまざまなニュースやコラムが飛び交っている。本稿が掲載されるころには情報も落ち着きを見せていることだろう。製品発表後、われわれ現地発表会に招待されている記者は、新製品のハンズオンコーナーでそのフィーリングを確認するのが定番だ。(本田雅一)

 なぜならスペックよりも使用感こそが大事……という要素が多いためだが、細かな仕様や制約などについては、その時点で製品を説明する担当者が把握できていない部分もある。筆者自身もAppleのWebサイトをくまなくチェックしたり、開発者向け情報を整理できていたりするわけではない。細かい端末のスペックなどは、記事を探すよりもメーカーのWebサイトをチェックする方が正確な情報を得られるだろう。

 ここでは発表イベントの基調講演で発せられたメッセージや、製品に触れた印象を振り返りながら、今回のモデルチェンジでAppleが進もうとしている方向性について、筆者なりの考えを書き進めていきたい。

安心して乗り換えられる成熟の「iPhone 8」

 iPhoneの発表会に3回しか参加していない筆者だが、毎回感じるのは「ライバルを意識したメッセージ」をほとんど感じないことだ。過去、開発者向けイベントでAndroidに言及したこともあるが、端末製品として「Galaxy S」シリーズなどと比較するプレゼンテーションをしたことはない。

 グローバルでの市場の広がりやユーザー層拡大に応じて、1つのモデルでカバーしていたiPhoneもラインアップを拡大してきている。驚くべきことに、今回「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が追加されたことで、SE、6s、6s Plus、7、7s Plusと合わせて合計8モデルにもなったが、2007年以降、常に「iPhoneとして進む道」を歩んできた。

 基本ソフトであるiOSに関しては、Androidを意識している面も多分に感じられるが、ハードウェアと基本ソフト、それに開発者コミュニティーやAppStoreなど周辺を取り巻く環境全体は外乱からの影響を受けず、しっかりと軸を保って安定している印象だ。

 だが一方でiPhoneのよさを失わないために、なかなか踏み出せない領域もある。例えば、iPhone 5sに初搭載された指紋認証機能「Touch ID」で完成されたiPhoneの基本形は、iPhone SEという形でアップデートされ、現在でも日本市場ではSIMロックフリー端末として最も人気の機種となっている。

 Touch ID内蔵のホームボタン、アスペクト比16:9のRetinaディスプレイなど、iPhoneとは何かを体現した要素が詰まっているのがこのモデルだ。その後、「3D Touch」なども追加されてはいるが、操作体系なども基本はこのころから変わっていないし、大きく変えることを望んでいないユーザーが多いことも想像できよう。

 従って、最新世代にアップデートされたiPhone 8およびiPhone 8 Plusが最新・最良のiPhoneであることは疑いようもなく、これまでiPhoneに投資をしてきたユーザーは、安心して新世代製品に飛び込んでいけるだろう。

 「この程度なら毎年買い替えたくなんかないよ」という方もいるだろうが、もはや毎年の買い替えなどメーカー側も期待はしていない。その時点で最良であることが重要であり、そうした意味でiPhone 8シリーズは、ところどころに将来に向けた仕込み(「A11 Bionic」に仕込んだイメージシグナルプロセッサやニューラルネットワークエンジン、機械学習への最適化など)なども含め、期待を裏切らない製品だと感じた。

 とりわけアプリなどの動作速度はもちろん、カメラの動作感は極めて軽快。暗所性能などは確認できていないが、iPhoneを新たに買おうというとき、わざわざ選択肢から外す理由はない。唯一のネガティブな要素は、(恐らく無線充電に対応するために)20~24グラムほど従来機より重くなっていることぐらいだろうか。

 だから「iPhoneを買い替えるんだよね」という人は、迷わずiPhone 8シリーズを選んでおけば、大きな間違いはない。

制約を取り払い、次の10年を見据える「iPhone X」

 一方、発表会で米Appleのティム・クックCEOが言及したように「iPhoneは過去10年で世の中を大きく変えた」存在だが、しかしその出発点は10年前であり、そこから積み重ねてきたさまざまなルールに縛られている。iPhone Xで廃止されたホームボタンもその1つだが、他にもたくさんの要素が考えられる。

 例えば、iPhoneのエコシステムを基礎部分で支える「アプリ」をシンプルに保つよう工夫をしていた。一例としては、ディスプレイのRetina化においては一気に画素密度を2倍にすることで、互換性と先進性の両方を担保するなどの工夫がある。

 もっとも、iPhone 6で5.5型の「Plus」が加わったことにより、このルール……開発側のインパクトを最小限に抑えながら進化していくやり方……にも破綻が生じ始めていた。ティム・クックCEOが「次の10年」について言及したのは、iPhoneシリーズを育てるために自ら課してきた制約を取り払い、新しいスタート地点を定義することで、新たなる推進力を得ようという意図があったからではないだろうか。

 彼は故スティーブ・ジョブズ氏の言葉を引用しながら「ボールを追いかけるとき、他の誰かを追いかけるのではなく、みんなが向かうところを目指して走る」といったニュアンスの言葉を話した。成熟したiPhoneのコンセプトを見直し、新しい目的地を目指すための新しい枠組み、それこそがiPhone Xだ(もちろん、Appleがそう言ったのではなく、筆者がそう感じたということにすぎないが)。

 iPhone 8は、iPhoneが10年で到達した成熟を味わえる製品だが、iPhone Xは大きく異なる。iPhone向けに開発されたハードウェア、ソフトウェアのプラットフォームや開発者コミュニティーを大部分で共有しながらも、互換性や操作の共通性などを意識して課してきた制約を外し、再設計した「iPhone Xという新しい製品シリーズ」と考えた方がいいだろう。

 制約を外せば、10年前よりはるかに進んだ「現時点の技術とビジョン」を元にプラットフォームを整理できる。今回のiPhone Xが、どこまでApple自身の考える将来ビジョンを反映できているのかは判断しかねるが、しかし新しい10年を進むためのスタート地点として用意した別モデルという印象は、決して外してはいないと思う。

 ただし、Appleのこの提案が開発者たちの心を捉えるかどうかは、まだ分からない。iPhone用アプリをiPhone Xに対応させるには、オリジナルiPhoneに対して3倍の画素密度や縦に伸びた新しいアスペクト比などをサポートせねばならず、ものによってはユーザーインタフェースの再設計なども必要になるだろう。

 iPhoneのAndroid端末に対する利点として、多くの端末で最新OSが動作し、最新機能を生かしたアプリを作りやすいという点があったが、あるいはiPhone Xがそうした部分を分断する存在になるかもしれない。

 一方でiPhoneとは別の製品シリーズとしてiPhone Xが定着し、開発者コミュニティーに定着してくるならば、「これからの10年の始まり」ともなり得る。iPhone Xは、顔の形状を認識する新しいセンシング技術を導入し、新たなジェスチャールールを盛り込んだ、マニアックな視点から言えば興味深い製品だ。

 プラットフォームとして見たiPhone Xという視点をいったん外すならば、サイズ感は程よく、しかし大画面で画質に優れ、iPhone 8と8 Plusの両方の長所を持ちつつ、さらに進んだ機能性を備える。もちろん、そのぶんだけ高価ではあるが、工芸品のように部品の合わせに隙間が感じられない仕上がりや質感は、その価格を払おうという層を満足させるものがある。

 定番製品としてのiPhoneの買い替えならば、iPhone 8シリーズをすすめるが、スマートフォンの未来を垣間見ようというならば、その原点となる「初代iPhone X」に触れるのも悪くはないだろう。














続き・詳細は下記へ

↓ ↓ ↓

産経新聞電子版の記事へ








左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【ライフハック】【知って得する人】このクリップの使い方考えた人天才!!

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 このクリップの使い方考えた人天才!!

知っていると、困った時のお助けツールに為るかも?




【ライフハック】【知って得する人】
このクリップの使い方考えた人天才!!



●このクリップの使い方考えた人天才!! 02:20 なんでもチャンネル

Published on Jul 23, 2016


●100均のクリップでできる16のコト/16 Paper Clips Life Hacks For Everyday Uses/ゼムクリップを使ったライフハックまとめ動画と簡単DIYもあります 05:00 Benri LifeHack【JapaneseLifehacker】

Published on Feb 19, 2016
100ショップで売ってるペーパークリップを使った16の技を便利ライフハック流でまとめました。使っているものはほぼ100均一のなで手に入れやすいと思います。
In This video I show you 16 Paper Clips Life Hacks For Everyday Uses!! Bookmarks&iPhoneStand&more Can Use Paper Clips in Many Ways!!


●輪ゴムでできる25のこと/25 rubber band life hacks/100均の輪ゴム使いました 06:44 Benri LifeHack【JapaneseLifehacker】
Published on May 2, 2016
輪ゴムを使った便利な小技紹介まとめました!!今回のライフハック動画も長いですが我慢して最後までご覧くださいませ(⭐︎_⭐︎)
I'll show you 25 rubber band tricks & tips !!














左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

ビジネスシューズ「通勤快足」に自分でかかと交換できる優れもの登場!【ビジネスツール】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「DIYヒール」モデル(かかと部分を自分で交換できる)が登場した。付属の交換用パーツを使えば家でもオフィスでも都合のよいときに簡単に交換できる優れもの。磨り減ったかかとの交換のためにわざわざ靴修理店に行くのは面倒だという人にも朗報だ。




【ビジネスツール】
人気ビジネスシューズ「通勤快足」に自分でかかと交換できる優れもの登場
2016.8.26 11:35

雨をシャットアウトして靴の中は蒸れにくいビジネスシューズ「通勤快足」の交換用ヒール付きモデル


 「濡れない」「滑りにくい」「やわらかい」と三拍子揃って人気のビジネスシューズ「通勤快足シリーズ」に、かかと部分を自分で交換できる「DIYヒール」モデルが登場した。付属の交換用パーツを使えば家でもオフィスでも都合のよいときに簡単に交換できる優れもの。磨り減ったかかとの交換のためにわざわざ靴修理店に行くのは面倒だという人にも朗報だ。<産経netshop>


 「DIYヒール」は、溶剤を型に流し込んで成形するインジェクションソールとしては業界初のトップリフト(かかとの一番下の部分)の交換を実現。履きなれた靴でも磨耗したヒールを交換しにくいこのタイプのビジネスシューズは、これまで履きつぶすしかなかったが、ヒールを交換すれば長く愛用できる。

 付け替えは簡単。すり減ったかかと部のトップリフトをコイン1枚で取り外し、新たに付属の交換用トップリフトを穴に差し込むだけ。ヒールの交換タイミングになるとトップリフトに赤色のラインが現れて知らせる。



産経ネットショップのサイト



続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ




左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

ミズノが生んだ発熱力、着膨れせずに寒い日をサポート!吸湿発熱素材ブレスサーモ エブリ Vネック 長袖シャツ

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 スーツの下に着る秘密兵器!

 ミズノが生んだ発熱力、着膨れせずに寒い日をサポート!吸湿発熱素材ブレスサーモ エブリ Vネック 長袖シャツ!

 ヒートテック以上の効果を期待できそうだ。何故なら、でんじろう先生の協力があるから!?

 日本の未来は、中韓が真似できないハイテクを普段の生活に活かすところにもある!



ミズノが生んだ発熱力、着膨れせずに寒い日をサポート!吸湿発熱素材ブレスサーモ エブリ Vネック 長袖シャツ


価格:2,160 円(税込)
送料無料キャンペーン実施中!!


●オフホワイト
●チャコール
●ブラック

スペック
商品名 ブレスサーモ エブリ Vネック 長袖シャツ
カラー オフホワイト、チャコール、ブラック
サイズ S、M、L、LL
素材 ポリエステル91%,、指定外繊維(ブレスサーモ)9%
生産国 インドネシア


サイズ/cm 身長 胸囲 ウエスト
S 155~165 80~88 68~76
M 165~175 88~96 76~84
L 175~185 96~104 84~94
LL 185~195 104~112 94~104

快適と温かさを両立した吸湿発熱素材ブレスサーモエブリのVネック長袖
産経ショップ_快適と温かさを両立した吸湿発熱素材ブレスサーモエブリのVネック長袖

【産経ショップ】快適と温かさを両立した吸湿発熱素材ブレスサーモエブリのVネック長袖a001
 プロスポーツ選手からも多くの支持を集めるスポーツメーカーのミズノから、寒い時期にもぴったりなアンダーウェアとして、吸湿発熱素材を使用した「ブレスサーモ エブリ」が登場。ブレスサーモは、もともとスキーや登山など過酷な環境でも発熱効果を得られるように作られた素材です。開発には、でんじろう先生として多数のメディアに出演し人気を博している米村傳治郎さんが協力。数々の実験を通して確かな機能を紹介しています。

 「ブレスサーモ エブリ」は、従来の吸湿発熱効果に加え、日常での利便性を高める機能をつけたリニューアルモデルです。花粉やPM2.5などの飛散、防犯などの理由から増える部屋干し対策として制菌機能を施しています。これにより、生乾きなどで発生する臭いの原因である有害菌の繁殖を抑え、爽やかな環境を整えます。また、肌にやさしいpHコントロール、汗の臭い対策としてアンモニア消臭など複数の機能を追加。ただ温かいだけでなく、トータルでの"快適な温かさ"を実現するアンダーウェアです。

ミズノ独自の吸湿発熱素材"ブレスサーモ"とは


 吸湿発熱素材のブレスサーモは、人が身体から発する水分を繊維内に吸収し発熱します。従来の製品では、汗をかくような体温の上がった状態にならなければ、機能が十分に発揮されないものが多く、暖かい室内でなければ発熱しない場合がありました。

 そこでブレスサーモは、人体から常に出ている不感蒸泄(じょうせつ)と呼ばれる水分に注目。独自の吸湿機能を持たせることにより、動いていない時のわずかな水分にも反応して発熱します。
 また、繊維自体に吸湿性が備わっているので、温かい状態のまま衣服内をドライに保ち、汗の主要なにおい成分であるアンモニア臭を抑えることで、高い快適性を実現した肌着として活躍します。

ミズノ×でんじろう先生が生んだ納得の発熱力!そのヒミツとは

 人間の体は、汗をかいていなくても目に見えない微量な水蒸気(水分子)を常に発散しています。ブレスサーモは、この水分子が繊維に吸湿される際に熱エネルギーを発生。ウールやポリエステルなどでもこの現象は起こりますが、ブレスサーモはより高い吸湿・発熱力を持っているため、寒い時期にも活躍します。

・でんじろう先生が発熱の仕組みを動画で解説!

https://youtu.be/ZtCGhwoSx5Y


・温かさをの違いを生むブレスサーモ、高い発熱力を実験

https://youtu.be/93J5IXYnqtM

衣服内のムレ感を強力吸湿、ドライに保つ高い機能性

 人は寒い時期でも厚着で暖房のきいた部屋にいると、汗をかいてしまいます。ただ温かいだけでは快適とは言えず、衣類内のムレ感を抑えドライに保つことにより本当の心地よさが実現します。

・ジメジメをサラサラに、ブレスサーモの吸湿実験

https://youtu.be/Bfthfe_TMlU


・気になる臭いをシャットアウト!ブレスサーモの消臭実験

https://youtu.be/dmtHXacEUA8

弱酸性に保持する「pHコントロール」機能で肌に優しい感触


 一般に健康な人の肌は弱酸性であると言われています。しかし、肌は汗や乾燥によりpHがアルカリ性に偏りがちです。この状態が長く続くと有害菌の繁殖による、嫌な臭いや汚れが発生したり、紫外線による肌のダメージを受けやすくなります。

 「ブレスサーモ エブリ」は糸に酸やアルカリを中和する「pHコントロール機能」を施すことにより、汗や洗剤などによりアルカリ化されやすい繊維を中性にして優しい感触を保ちます。


□普段使いを考慮した機能性とデザイン、秋冬ファッションもお洒落に

【産経ショップ】快適と温かさを両立した吸湿発熱素材ブレスサーモエブリのVネック長袖a005 ブレスサーモエブリは、通勤から毎日のお買い物まで幅広いシーンで活躍。着やすさと快適性を追求しています。解けやすい袖口部分には二重縫製で耐久性を向上。首周りは広めにデザインし、ノーネクタイのスタイルでもアンダーシャツが見えず、引き締まった大人のファッションを楽します。

 また、従来よりもストレッチ性が約20%向上しており、より動きやすくなりました。着丈も前側より後側が少し長めにできているので、背中が出にくく、気持ち良くご着用いただけます。身体にフィットするデザインのため、着膨れしがちな秋冬ファッションをスッキリと着こなせます。


続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ




左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

スマホ用にDIYしたスピーカー8種を聞き比べてみた:紙コップからトイレットペーパーの芯まで

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 紙コップ、なんと今回のテストではボリューム音質共に、紙コップ一番良かった。

 今度、紙コップにiPhone 6を入れて試してみたい!



スマホ用にDIYしたスピーカー8種を聞き比べてみた:紙コップからトイレットペーパーの芯まで
DIY,健康 2013.08.17 03:00 pm

Googleで検索すると、スマホの音を大きくするための「DIYスピーカー」が出てきました。紙コップからガラス瓶まで使っている材料は様々で、しっかりとボリュームを大きくしてくれます。
では、実際の所どんなスピーカーが一番良いのでしょうか。今回はDIYスピーカーをいくつか作り、聞き比べをしてみました。
比較テストをするにあたって用意したのは次の通り。

測定機器

iPadと、音量測定アプリ『Decibel Meter Pro』

DIYスピーカーをつける音源再生用端末
iPhone 4Sのスピーカー

音源
ビートルズ『Helter Skelter』。のっけから大音量でシャウトするこの曲、開始から12秒ほどで音声のピークがきます。

0. スピーカー無し
1.イヤフォンを紙コップの中に入れる
2.陶器のコップ
3.トイレットペーパーの芯
4.巻いた紙
5.陶器のボウル
6.ガラスのコップ
7.スピーカー型にした厚紙
8.紙コップ


紙コップ

「37 Signals」のプログラマーSam Stephensonが、コーヒーカップをiPhoneのスピーカーにしているとポストしていた。紙コップでは他の方法ほど音が大きくなるとは思えなかったがなんと今回のテストではボリューム音質共に一番良かった。
デシベル: 72
音質: 良い。部屋のどこにいても音がきちんと聞こえた。

今回のテストでは、紙コップが音量・音質ともに最高でした。一度作って試してみたらいかがでしょうか!?

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

続きは下記へ
↓ ↓ ↓
lifehackerの記事へ




左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001