【鉄道ファン必見】寝台列車の浴衣、特等席の朝食…電車が見えるホテル 「鉄」呼び込むプラン活況

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 寝台列車の浴衣、特等席の朝食…電車が見えるホテル 「鉄」呼び込むプラン活況

 う〜ん……泊まってみたいホテルだ!





【鉄道ファン必見】【鉄道の旅】
寝台列車の浴衣、特等席の朝食…電車が見えるホテル 「鉄」呼び込むプラン活況
2017.5.4 07:00

wst1705040003-p1_ホテルメッツ田端のトレインビュー。眼下を新幹線が通り過ぎる
ホテルメッツ田端のトレインビュー。眼下を新幹線が通り過ぎる



 親子連れや鉄道ファンが集まる「電車が見えるホテル」が、あの手この手の宿泊プランを提供している。国鉄の寝台列車で使われていた当時のデザインを復元した浴衣を特典にしたり、朝食を窓辺の特等席で楽しめたりと、トレインビューだけでなく、プラスアルファで差別化を図っている。

新幹線を見下ろす「聖地」

 JR山手線、京浜東北線の田端駅から徒歩2分の立地を誇るのが「ホテルメッツ田端」(東京都北区)。すぐそばを東京駅を起点に東北、北陸などへ向かう新幹線が通り、ホテルの線路側の窓からは、その雄姿を見下ろすことができる。

 テレビのバラエティー番組に、眺めの素晴らしさを取り上げられたこともあり、同ホテルは親子連れやファンが集う「トレインビューの聖地」となった。さらに人気が定着した要因として、支配人の向笠淳さんは「新幹線の車両がカラフルで、とくにお子様に喜ばれている」ことを挙げる。

 赤い塗装が印象的なE6系「こまち」、グリーンのカラーリングが美しいE5系「はやぶさ」、北陸新幹線用に投入され、落ち着いた雰囲気のE7系「かがやき」、ユニークなオール2階建てのE4系などなど。基本的に見た目はあまり変わらない東海道・山陽新幹線に比べると、楽しさいっぱいといえる。

こだわりの浴衣

 ただ、最近はトレインビューを売りにするホテルが急増。例えば、宿泊予約サイト「るるぶトラベル」の「お部屋から電車が見える!鉄宿プラン」で検索すると60近いホテルが引っかかる。競争に打ち勝つべく、各ホテルが取り組み始めたのが「電車が見える」に何かをプラスアルファすることによる差別化だ。

 ホテルメッツ田端は宿泊すれば特典として浴衣がプレゼントされるプランを3年前から始めた。それもただの浴衣ではない。国鉄時代に全盛を誇った寝台列車で使われていたものを復元するというこだわりだ。限定100着で始めたが、品切れになるほどの人気をみせ、昨夏に100着を追加。同ホテルでは電車が見える部屋のイスに山手線などのシートと同じ生地を使うなど、細かいところでもファンを喜ばせている。


鉄道グッズのプレゼントも

 旅行予約サービス「楽天トラベル」が先日、トレインビューの部屋がある宿ランキングを発表した。鉄道関連のキーワードを含む宿泊プランがある宿を対象に評価点数が高い順に決めた(調査対象は一昨年12月から昨年11月まで)ものだ。

 その結果、1位に輝いたのは「ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋」(名古屋市中区)。名鉄とJRが乗り入れる金山駅を一望できる。さらに朝食を1日先着3組まで、特等席の「トレインビュシート」で楽しめる。

 2位は「ホテルボストンプラザ草津びわ湖」(滋賀県草津市)。こちらは草津駅で販売されていた駅弁の復刻版を予約注文することができ、部屋で弁当を食べながら、列車の往来を眺めることができる。3位に入ったホテルグランヴィア岡山(岡山市)も、ファンの間では有名なホテルだ。

 そのほかキーホルダーや模型、DVDといった鉄道グッズをプレゼントするホテルは多数で、宿泊客の呼び込みに躍起だ。大好きな鉄道が走る姿を独り占めできるトレインビューホテル。ホテルメッツ田端支配人の向笠さんは「これからもトレインビューをアピールして、多くの皆さんに眺めを楽しんでいただきたい」と話している。




続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ

wst1705040003-p2_ホテルメッツ田端のトレインビュー。眼下を新幹線が通り過ぎる
ホテルメッツ田端のトレインビュー。眼下を新幹線が通り過ぎる


wst1705040003-p3_ホテルメッツ田端では国鉄寝台列車で使用されていた浴衣を復元し、特典としているプランがある
ホテルメッツ田端では国鉄寝台列車で使用されていた浴衣を復元し、特典としているプランがある


wst1705040003-p4_ホテルメッツ田端の客室にあるイス。山手線のシートと同じ生地が使用されている
ホテルメッツ田端の客室にあるイス。山手線のシートと同じ生地が使用されている


wst1705040003-p5_岡山駅に隣接するホテルグランヴィア岡山(左奥)
岡山駅に隣接するホテルグランヴィア岡山(左奥)






左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 日記

米都市に広がる路面電車 活性化や渋滞緩和に一役【鉄道】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 路面電車が活性化や渋滞緩和に一役、米都市に広がる。この様な斬新なデザインの電車って良いと思う。そして、日本でもこれに負けないデザインの電車を走らせて欲しいと思う。

 日本ではタクシーの運賃費も激安にはならないので、マイカーを使えない高齢者や未成年の移動も考慮して、建設費が安い路面電車を復活させることを考慮した方が良いのでは? 
 しかし、、地下鉄でとは異なり路面電車は地上で車道・道路と交差する為に交通事故が増加する危険性がある。

 郊外に大型店舗が進出して地元の商店街が消滅していく形態が日本全国で見られる。この傾向が止められないのであれば、住民を効率的にできるだけ低価格で近郊の商業施設へ移動させる手段を提供する公共交通機関が必要である。
 
 公共交通機関を移動手段として提供するとなると、バスか電車となる。バスの方が電車よりも低価格であり、路線の自由度も高い。しかし、電車にはバスよりも大量移動に向いている。更に既定路線を走る為に交通事故もバスよりも少ない。移動時間のスケジュールもバスよりも正確な時間が期待できる。

 北欧では自転車移動を国民に奨励し、道路も大幅に変更して、国民全体が健康になり、医療費負担を下げる成果を上げている。当然、自転車で電車に乗り込める様に電車の車両も改善している。
 但し、日本では自動車産業は基幹産業の一つでもあるので、余り極端にやり過ぎると自動車産業への打撃になりかねない。

 上記のように現代及び近未来への移り変わりに備えて色々な提案があるが、都会では地下鉄に押されて減少傾向にある地下鉄よりも路面電車の活用法がこれからの未来社会には見直されるかも知れない。
 そして、何よりも、窓の大きい斬新なデザインの路面電車で鉄道好きの外国人旅行者を魅了して貰いたい!




【鉄道】
米都市に広がる路面電車 活性化や渋滞緩和に一役
2017.4.24 16:51

sty1704240016-f1_米首都ワシントンを走る路面電車=2016年10月(共同)
米首都ワシントンを走る路面電車=2016年10月(共同)

sty1704240016-f2_米西部ロサンゼルス都市圏を走る近畿車両製のLRT=2016年10月(共同)
米西部ロサンゼルス都市圏を走る近畿車両製のLRT=2016年10月(共同)


 「自動車大国」の印象と裏腹に、米国の大都市で路面電車が相次いで開業している。中心部の活性化や、マイカー通勤からの移行による道路渋滞の緩和に一役買っており、利用は好調。トランプ政権が掲げるインフラ投資も、普及を後押しする可能性がありそうだ。

 床を低くしてお年寄りらも乗降しやすい次世代型路面電車(LRT)を中心とする路面電車は走行音が静かで地下鉄より建設費が安いのが利点だ。米国で2016年の累計利用者数が約5億4613万人と、前年より3・4%伸びた。日本では富山市がLRTを活用した街づくりを進め、宇都宮市も導入を目指す。(共同)





続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ









左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

絶壁の国宝「投入堂」への参道再開…鳥取地震で亀裂、ネット浄財で整備 鳥取・三朝【旅行】【絶景スポット】【日本の神社仏閣】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 絶壁の国宝「投入堂」への参道再開…鳥取地震で亀裂、ネット浄財で整備 鳥取・三朝

 一度は参拝したい「国宝」のお寺!







【旅行】【絶景スポット】【日本の神社仏閣】
絶壁の国宝「投入堂」への参道再開…鳥取地震で亀裂、ネット浄財で整備 鳥取・三朝
2017.4.16 16:08

wst1704160033-p1_絶壁に建つ三徳山三仏寺の国宝「投入堂」。18日から参拝が可能になる=鳥取県三朝町
絶壁に建つ三徳山三仏寺の国宝「投入堂」。18日から参拝が可能になる=鳥取県三朝町



 鳥取県三朝町の絶壁に建ち、昨年10月の鳥取地震で参道が通れなくなった三徳山三仏寺(みとくさんさんぶつじ)の国宝「投入堂」への迂回路が整備され、18日から再び参拝が可能になる。インターネット上の「クラウドファンディング」で募った工事の資金は数日で目標金額の200万円に達し、各地からの浄財が関係者を喜ばせている。

 三仏寺によると、鳥取地震では投入堂への参道の岩場に幅約10センチ、長さ15メートルの亀裂が入った。崩落や参拝客の転落などの恐れがあり、安全が確保できないことから入山を禁止したため、参拝客は激減したという。

 急峻な場所で重機などを持ち込みにくく、亀裂の修復には膨大な費用や時間が見込まれるため、まずは近くの岩場に鎖を付けるなどして迂回路を整備することを決めた。

 3月17日にクラウドファンディングで工事費用の募集を開始すると、同月20日には200万円に到達。4月16日正午現在では約860万円が集まり、寄付者には外国人の名前もあったという。目標額を上回った分は被害を受けた岩盤そのものの修復などに充てる。

 三仏寺の米田良順執事次長は「温かい寄付や応援の言葉に胸を打たれる。復興のシンボルとして地元を元気づけたい」と感謝の思いを語った。












続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

「マディソン郡の橋」焼失 放火の可能性 アイオワ州【旅行スポット】【アメリカ アイオワ州マディソン郡】

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 「マディソン郡の橋」焼失 放火の可能性 アイオワ州


マディソン郡の橋 (文春文庫) 文庫 – 1997/9
ロバート・ジェームズ ウォラー (著),

マディソン郡の橋 (文春文庫) 文庫 – 1997-09


マディソン郡の橋 特別版 [DVD]
クリント・イーストウッド (出演, 監督), メリル・ストリープ (出演)

マディソン郡の橋 特別版 [DVD]




【旅行スポット】【アメリカ アイオワ州マディソン郡】
「マディソン郡の橋」焼失 放火の可能性 アイオワ州
2017.4.16 07:59

sty1704160002-p1_火災で焼けた有蓋橋。付近に火の気が無いことから放火と見られている
火災で焼けた有蓋橋。付近に火の気が無いことから放火と見られている。(Bryon Houlgrave/The Des Moines Register via AP)


sty1704160002-f2_火災で焼けた有蓋橋。消防関係者が到着した時にはすでに全体が火に呑まれていたという
火災で焼けた有蓋橋。消防関係者が到着した時にはすでに全体が火に呑まれていたという。(Bryon Houlgrave/The Des Moines Register via AP)


 ロバート・ジェームス・ウォラー氏の小説をもとに、クリント・イーストウッド監督の映画「マディソン郡の橋」で有名な、米アイオワ州マディソン郡の有蓋橋が、焼失した。
 15日土曜日午前6時頃の一報で消防関係者が現場に到着したときには全体が火にのみ込まれていたという。現場に火の気が無く、落雷の可能性も無い事から放火とみて調査されるという。


sty1704160002-f3_消失した”マディソン郡の橋”橋の袂に設置された記念碑
消失した”マディソン郡の橋”橋の袂に設置された記念碑。(Bryon Houlgrave/The Des Moines Register via AP)


sty1704160002-f4_火災で焼けた有蓋橋。クリント・イーストウッド監督の映画「マディソン郡の橋」で有名になった
火災で焼けた有蓋橋。クリント・イーストウッド監督の映画「マディソン郡の橋」で有名になった。(Bryon Houlgrave/The Des Moines Register via AP)







続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

なんでも鑑定団「中国の土産物屋で数千円レベル」〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」

Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001

 曜変天目が見付かった? 「中国の土産物屋で数千円レベル」なんでも鑑定団〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」

 古美術鑑定家の中島誠之助さんが「なんでも鑑定団が始まって最大の発見ですね!」と語り、「曜変天目に間違いございませんね。今日、これが出たことで4点目が確認された」と断言した! 
 
 しかし、 曜変天目の再現に父の代から挑み続け、幾度となく中国に赴いて研究を続けてきた愛知県瀬戸市の陶芸家、九代目長江惣吉さん(54)は「実物を見たわけではない」と前置きしながらも、番組で取り上げられた茶碗は「国宝の曜変天目茶碗とは似ても似つかないものだ」と指摘する。
 
 これで、古美術鑑定家の中島誠之助さんの古美術鑑定家としての地位も名誉も地に落ちたのではないか?

 なんでも鑑定団(テレビ東京)は面白かっただけに、残念な騒動になってしまった。




【衝撃事件の核心】
「中国の土産物屋で数千円レベル」なんでも鑑定団〝国宝級茶碗〟騒動余波 ネットも過熱「娯楽番組では済まされないぞ」
2017.2.16 05:30

【衝撃事件の核心】
昨年12月の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級の曜変天目」と鑑定された茶碗。専門家から「似ても似つかない」などと疑義が相次いだ(テレビ東京の放送画面から)


 徳島県教育委員会が、テレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定された茶碗(ちゃわん)を文化財に指定するために計画していた調査を一転して中止した問題は、強い反響を引き起こした。産経新聞が9日に報じ、ウェブサイトにも掲載すると早速、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題に。番組の鑑定結果に複数の専門家から疑義が示されていることを受けて、「単なる娯楽番組では済まされないぞ」といった批判の声も渦巻いた。果たして茶碗は「本物」なのか「まがいもの」なのか。(佐藤祐介)


中島誠之助さんが絶賛

 「ますます疑惑は深まるばかり」

 「だからこそ窯変天目(曜変天目=ようへんてんもく)は価値がある」

 産経新聞大阪本社のウェブサイト「産経ニュースWEST」に徳島県教委の調査中止に関する記事が載った9日、SNSではさまざまな反応がみられた。

 「国宝級」と鑑定されていたのは、昨年12月20日放送の「開運!なんでも鑑定団」に持ち込まれた茶碗。古美術鑑定家の中島誠之助さんが「なんでも鑑定団が始まって最大の発見ですね!」と語り、「曜変天目に間違いございませんね。今日、これが出たことで4点目が確認された」と続けたのだ。

 曜変天目とは南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で制作された陶器。完全な状態では3つしか現存せず、藤田美術館(大阪市都島区)と静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)、大徳寺龍光院(京都市北区)で所蔵。いずれも国宝に指定されている。


 茶碗の所有者は徳島県内でラーメン店を経営する男性で、大工をしていた曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際に買い受けた古美術品の中に交ざっていたという。三好家の家系図などと一緒に埋もれてしまっていたが、気になって番組に鑑定を依頼したようだ。

 中島さんは番組で「漆黒の地肌に青みを帯びた虹のような光彩がわき上がっていて、まるで宇宙の星雲をみるようだ」と絶賛。100万円と自己評価していた所有者の男性が驚くのをよそに、2500万円の鑑定額がついた。


専門家「似ても似つかぬ」

 しかし直後から、この鑑定結果に異を唱える専門家の声が続出した。

 そもそも曜変天目は、窯で焼いたときに偶然に近い形で青や藍の斑紋がついたものを指す。宇宙の星々のように輝き、光の当て方や見る角度によって色が変わる模様が特徴。15世紀前半ごろから「星」や「輝く」を意味する「曜変」の字が当てられるようになった。

 曜変天目の再現に父の代から挑み続け、幾度となく中国に赴いて研究を続けてきた愛知県瀬戸市の陶芸家、九代目長江惣吉さん(54)は「実物を見たわけではない」と前置きしながらも、番組で取り上げられた茶碗は「国宝の曜変天目茶碗とは似ても似つかないものだ」と指摘する。

 長江さんによると、曜変天目の模様は破裂痕のようになるのが主な特徴だが、番組で取り上げられた茶碗の模様は絵の具を塗ったものである可能性が高いという。「素人が見ても違いは明らかだ。中国の土産物屋で数千円で売っているレベルの品物の可能性もある」と一刀両断する。



 また、2500万円とされた鑑定額についても安すぎると指摘。曜変と比べて価値が下がるとされる「油滴(ゆてき)天目茶碗」でさえも、米競売商クリスティーズで最高12億~13億円の値がつくといい、「本物の曜変なら桁(けた)が3つくらい増えてもおかしくない」と語った。

 曜変天目に詳しい美術館学芸員は「放送を楽しみにしていたが、ひっくり返るかと思うほどびっくりした。鑑定する以前の問題だと思う」とあきれ顔だ。

 ツイッターでは9日、番組を見たとみられる人たちが「確かに今考えると、本物なら価値的に億単位になってもおかしくない」「やはり違ったみたい」などと書き込んでいた。

所有者は「今後はノーコメント」

 番組の放送を受けて、徳島県教育委員会は茶碗を文化財に指定するための調査を計画。県文化財保護条例に基づき、男性に文化財指定の申請をする意向を確認した。

 県教委によると、男性は当初は協力的だったが、しばらくして「諸般の事情で資料を外に出さないでもらいたい」「この件は今後ノーコメントにします」との申し出があり、調査実施は白紙となった。茶碗をめぐってSNSなどを通じ、鑑定結果を疑問視する専門家たちの意見が相次いでいたころだった。

 関係者によると、男性は突然有名になり、押しかけてきたテレビ局のリポーターにマイクを突きつけられたり、ラーメン店や自宅に脅迫めいた電話がかかってきたりしたことで、困惑を深めていたという。

 県教委は今後、所有者から再度申請があった場合には調査を検討する。

「歴史的価値が下がってしまう」

 古物の取引をめぐっては、詐欺事件が起きる懸念がつきまとう。

 別の美術館の学芸員は、億単位という鑑定価格がついた「偽物」を買い取ってしまうケースを念頭に「本物と思い込んで購入した人は気の毒だ」とした。



 業者が偽物と分かっていながら本物と称して販売する悪質なケースでは、これまでに詐欺罪に問われた事例がある。ただ、「業者が間違った鑑定を信じて販売した場合は故意ではないため、罪に問うことは難しい」(捜査関係者)とされる。

 長江さんも「ちょっと探せば日本でも同じようなものが手に入る。これが出回れば曜変天目の〝本物〟が世にあふれ、茶碗自体の歴史的価値が下がってしまうことにもなりかねない」と危機感をあらわにする。

〝再鑑定〟どうなる?

 今回の“発見”はいまやメディアの報道を通じて世界中に拡散されている。

 ネット上では「娯楽番組だから真偽はどうでもよい」とする声がある一方、「もし偽物だったら残念でならない」「あれだけの人気番組の鑑定なら鑑定の根拠を知りたい」という声も上がっている。

 長江さんは「いくら娯楽番組といっても、値段という客観的な評価をつけるのであればその根拠を示すべきだと思う」と話す。

 真相は現在、曜変天目茶碗の漆黒よりも深い闇の中にある。「鑑定結果は番組独自の見解に基づくもの。番組の制作過程はお答えしていない」(広報部)と説明しようとしないテレビ東京は、ここまでの騒動を引き起こした番組の鑑定結果をどう〝再鑑定〟するのだろうか。






続き・詳細は下記へ
↓ ↓ ↓
産経新聞電子版の記事へ










左翼新聞を止めて産経新聞を読もう!
産経新聞購読のお申し込みは、0120-34-4646

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Red Emperor

Author:Red Emperor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Japanese Flag 001頑張れ 日本! Japanese_Rising Sun Flag 001